3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完膚無きまでに

 「ゲーム脳」や「水からの伝言」といいたニセ科学への批判は既に適切なものが多くあり、私が出る幕じゃないのですが、そろそろ捕鯨もそんな感じになってきました。もう叩く場所が無くなってきて、あとは延々と「南京大虐殺」や「ナチスのガス室」みたいなループになるのでしょう(IWCの会議は既にそういう状態かもしれんが)。

サイエンス誌2月13日号に「クジラ食害論」を否定する論文が出た
http://blogs.yahoo.co.jp/marburg_aromatics_chem/60296955.html

 いまさらという気もしますが、当然のことです。

IWC2009は荒れること請け合い?
http://blog.goo.ne.jp/flagburner/e/771f0f68a1a062e64aa99d7f38c8d542

 そろそろIWCの会合が近づいているので、いいタイミングで論文が出せたと思います。水面下ではきっと色々動いているのでしょう。水産庁の言い分としては「鯨食害論」は反捕鯨派の曲解である、ということらしいので、会議でつつかれてもしらばっくれる事は出来るでしょうが、それを素朴に信じていた連中はどう思うでしょうか。反捕鯨派が非科学的だというのであれば、「鯨食害論」を流布するようなイラストなどにはきっちり釘を刺して欲しいものです。

 ところで、ミンクとシロナガスの競合ってきちんと解明されたんでしょうか。。
http://www.e-kujira.or.jp/topic/lec/05/1114/

 自然科学面以外で面白いのが「捕鯨文化論」です。新聞や議事録の検索から、捕鯨を文化と結びつける言説が日本にあらわれたのは1970年代の終わり頃であり、広告会社によって作り出された文化ということが明らかになっています。ちなみにパオロ・マッツァリーノの「反社会学の不埒な研究報告」では武士道関連本の出版には波がある(=「武士道は忘れた頃にやってくる」)ことが示されています。やってみると面白いであろう調査は、「捕鯨文化」の研究論文や書籍の年次推移と、それらがどのような文脈で捕鯨文化を論じているか、でしょうか。多分、新聞記事と同じで1980年代以降、「日本人は昔からクジラを食べてきた」論が盛んになるんじゃないかと思います。どんなデータベースがあるのかは知りませんが。

 長門宣言には「クジラ1頭捕れれば七浦うるおう」とあり、日本俗論大百科にも同じような事が書かれています。典型的な捉え方はこういうものでしょう。

 果たして、日本に百ほどあるという鯨の墓にはクジラへの感謝という意味しかないのか。下記リンクでは、「鯨を捕ると七浦が枯れる」という言葉が紹介され、祟りを恐れて作られた鯨の墓がある可能性が論じられています。クジラを沖の神と見なして捕殺を禁忌とした漁村がどのくらいあったのか。また、「祟り」や「七浦が枯れる」という言葉の意味するところはなんなのか(ある種の信仰に基づく迷信なのか、あるいは捕鯨による資源枯渇の戒めなのか)も興味深いところです。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/yokosanac/kikakukenmin/kenmin/c-jigyo/21hello.html

やはりこの本は読みたい。
http://homepage3.nifty.com/stg/shohyo.html

 捕鯨問題に詳しいkknekoさん作成の図を参考にすると、「捕鯨文化」について批判的な人文系の研究者はほとんどいないようです。「日本人は昔からクジラを食べてきた」という神話を刷り込まれてしまうと、それを疑うのは難しくなります。そしてだまされる外人も出てくる。。
http://www.e-kujira.or.jp/topic/coo/06/0903/index.html

 御用学者を動員して政治的に構築された文化やそれについての学問というのは、気がついてしまえば実に薄っぺらなものです。

商業捕鯨モラトリアム実施以後の、わが国の捕鯨をめぐる言説は、かなり不自由なものに変質したといえる。
捕鯨の近代 塩崎俊彦 神戸山手大学紀要 7: 13-21 (2005)


魅惑の鯨文化
http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-56.html

伝統・文化のタネあかし:これが教育基本法の改正か
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-1284.html

 パオロ・マッツァリーノはこのように述べています。

 しかし今回私は、資料を見つけるのにけっこう苦労しました。それは私が日本史の専門家でないせいもあります。でもそれにしても、です。職人や商人の生き方や長屋の暮らしぶりなど、真面目な町人の生活についてかかれた資料は山ほどあるのです。反対に、最下層の貧民や犯罪者に関しての本にも事欠きません。問題は、その中間です。違法とまではいかないけれど、不真面目でいいかげんなフリーターのような町人が少なくなかったにもかかわらず、そのことに触れている資料はごくわずかしかないのです。

 その理由は明らかです。江戸時代に関する資料や本を執筆した人たちが、日本人勤勉神話に洗脳された現代人だからです。しかもそのほとんどは中高年なのです。彼らはこどもの頃から日本人勤勉神話を教えこまれ、それを美徳として育ってきました。ですから、自分の常識からはみだしたものは、見たくもないし、調べもしないし、書きもしません。職人や商人が一人前になるまでどれだけ苦労したか、なんて話は現代の労働美意識と合致するので喜んで書きますが、その日暮らしを謳歌していたという事実は、労働美意識に反するので無視します。歴史的事実はたったひとつですが、歴史の解釈は、のちの世の道徳・倫理観によって異なるという見本です。http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson6.html


 「日本人は昔からクジラを食べてきた」神話、果たしてどこまで正しいものか。
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/69-f6d7b5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。