3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてそこまで自信過剰なのか

崖っぷちのポモ
http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20081203/

ポモ系リベラルは気楽な稼業と来たもんだ?♪
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20081202/p1

テンプレを踏んでいることに気づかないテンプレ通りの人たち
http://d.hatena.ne.jp/CloseToTheWall/20081205

議論の作法を身につけているからこそ、知識人は公共的なのだ
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20081202/

♪戯れ男♪
俺は村中で一番 ポモだと言われた男
己惚れのぼせて得意顔 南京の事件を相対化♪

 南京事件についての議論はある程度の蓄積があります(例えばFogel, The Nanjing Massacre in History and Historiography. University of California Press (2000)など)。あった/なかったレベルの点について真面目に調べて正邪を判定できないというなら、確かな資料を探し出し理解するという学者としての基本的な能力を疑われても仕方ないのでは。地球温暖化についても同様です。
http://wiredvision.jp/blog/fujikura/200712/200712281200.html
http://www.geocities.jp/obkdshiroshige/ondanka/ondanka.htm

 簡単に言えば、専門家が集団で認めているのにはそれなりの理由があるってことなんですよ。自分が正しいと思っても、より詳しく知っている人たちが違うと言っているなら、立ち止まって考え直すのが普通だと思うのですが。私は、分子生物学や進化生物学について素人の書いた記事にどこかしら間違いを見つけてしまいますし、逆に私も日々よく間違いをするので(この間の面接で、「Motor Neuron Diseaseについて知っていることを述べろ」と言われてパーキンソン病(PD)の話をしたら「PDはMNDじゃないだろが」と言われた)、少なくとも自分がスティーブン・グールドのような強靭な知性の持ち主ではないことだけはわかっているのですが。

 でまぁ、下の雁屋哲氏のブログを読んで。「狂気のグリーンピース」と題してニュースの中身はシーシェパードだし。MNDとPDの違いがわかっているのか?本当に星川氏の本やGPのサイトを読んだ上でこのようなことを言っているのでしょうか。

狂気のグリーンピース1
http://kariyatetsu.com/nikki/902.php

 科学調査を名目にしている調査捕鯨について、理路整然とその科学的正当性を説明できる第三者的専門家を見たことがないのが、私が捕鯨に反対する根拠なんですが。日本の生物学者のブログをいくつか見たところ、捕鯨のドン、大隅清治先生と血縁関係のある方はまぁおいとくとして、捕鯨に消極的な大御所も割といるようで。

我々はどうしてもザトウクジラを食べなければならないのか
http://shinka3.exblog.jp/7489141/

『商業捕鯨再参入、水産大手3社は否定 「良いことない」』 とは良いことだ
http://blog.goo.ne.jp/lazybones9/e/ca91c773f2efedde608516a30b3b31e8

調査捕鯨をやめるか中断するべき
http://mitsuhiro.exblog.jp/8903503/

 科学に身をおくものなら消極的なのも当然かと。ちょっと調べりゃこれくらいは出てくるもんね。

An Open Letter to the Government of Japan. Briand et al., The New York Times, May 20 (2002)
Japan's whaling plan under scrutiny. Nature 435: 883-884 (2005)
Killing Whales For Science? Science 316: 532-534 (2007)

 捕鯨日本が野蛮?スポーツハンティングとかも充分野蛮かもしれませんが、飢餓でもない国で個人的趣味の範囲を超えて、国民的支持のもと国家が主導して野生の哺乳類を狩る例ってそんなに見あたらないんじゃないかと。おまけに自国の(公式にその存在を認めていない)先住民の文化を「野蛮」だからと廃止させた連中が。

ところで鯨類研究所の理事の一人がこういっているんだが。
http://www.athome-academy.jp/archive/culture/0000000276_02.html

高橋 調査には、当然鯨の捕獲や処理の技術者が必要です。調査を続けることで、食料の流通だけでなく、捕鯨技術の維持にもつながっているといえます。


 クジラの大量捕殺が調査研究目的ではなく鯨肉目的であることを自白しているのです。「テロリストは実力で排除しろ」とネット右翼は怪気炎をあげますが、南極を鯨類保護区とする国際的な取り決めに従わないDQN国家にはそろそろ実力で制裁をするべきと、シーシェパードのボランティアたちも思っていることでしょう。自然公園で動植物の採取が禁止されるのは普通のことです。

 歴史的に見ても、日本は国際社会で伝統的に「捕鯨の問題児」でありつづけたのですよ。広告会社の宣伝のせいで「捕鯨の優等生」という自己イメージが作られていますが。この辺、kknekoさんが解説してくれています。
やる夫で学ぶ近代捕鯨史 番外編
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/aa1.htm
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/aa2.htm
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/aa3.htm
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/aa4.htm

沿岸捕鯨には賛成という水産資源学の先生がこんなこと言ってるんですが。
http://kaiseki.ori.u-tokyo.ac.jp/~katukawa/blog/2008/01/post_278.html

例えば、日本への輸出でヨーロッパウナギが絶滅寸前に追い込まれている。
このことはニュースで大々的に取り上げられたので、知っている人も多いだろう。
よその国の野生生物を絶滅寸前まで追い込んでおきながら、
多くの日本人はウナギが食べられなくなる心配しかしていない。
ヨーロッパの人たちはどう思うだろう?
ウナギを食べていた地方では、ウナギを食べられなくなってしまった。
日本人の乱食による食文化の破壊である。
こういうことをやっていて、日本の食文化を尊重しろと言っても説得力がない。
他国の文化を尊重する心根こそが、文化の本質だろう。


日本と言えばマグロの乱獲でも有名ですね。
http://kaiseki.ori.u-tokyo.ac.jp/~katukawa/blog/2006/12/post_71.html

日本の水産行政のダメさ加減についても色々と。
http://kaiseki.ori.u-tokyo.ac.jp/~katukawa/blog/information/0130/

「自壊するマサバ漁業」「産官学の無責任トライアングル」「漁業復興に”言論の自由”を」「水産庁、水政審とも責任放棄」「税金使い『管理ごっこ』」「官の無誤謬性こそ問題」


一方そのころ蒙昧なる輩はこのビデオを絶賛していた。
http://jp.youtube.com/watch?v=JBvdwTQDxHo

「考えてもみて欲しい」
「捕鯨を続けたい国が種の絶滅を望むだろうか?」
「そんなはずがない!」


 ふーん。してみると日本はウナギとマグロとシシャモの絶滅は望んでいるんですね。「シシャモがなければカペリンを食べればいいじゃない」ってお前はどこのマリー・アントワネットだ!?日本人の感覚ではトキやニホンアシカが絶滅したのも、天然痘の撲滅同様、人類の功績に分類されるのです。外人が捕鯨にこだわる日本人を理解できないのも無理はありません。私にもわかりません。

http://kaiseki.ori.u-tokyo.ac.jp/~katukawa/blog/2008/12/post_428.html

また、私だって、最初から、水産庁の批判をしていたわけではありません。
今と同じようなことを、何年もソフトに主張してきました。でも、何も変わりませんでした。
数人の鼻がきく行政官が「言い訳」の準備をしただけです。
北海道の日本海側のスケトウダラが減少し、全く歯止めがかかっていません。
ニシンに続き、スケトウダラも崩壊したら、北海道の日本海側は危機的な状況になります。
マイワシは史上最低水準でなお強い漁獲にさらされているし、
サバの回復の芽をつみ、日本市場はノルウェーサバに席巻されています。
漁業者も、行政も、研究者も、徐々に変化をしていますが、現状ではあまりにも遅すぎます。
こういう状況で私に残された選択肢は外圧となり、変わらざるを得ない状況を作ることのみでした。

水産という閉鎖社会のなかで、一研究者が、役所や業界団体を批判するのは、容易なことではありません。
おもしろ半分にできることではなく、将来のキャリアを投げ出す覚悟でやってきました。
欧米のように、行政官が研究者の意見を尊重していれば、こんなことはしないですんだのです。
批判される側にはおもしろくないと思いますが、仕方がないことです。


 雁屋氏は日本人としてこれらのことに「罪を感じて」いるのでしょうか(美味しんぼは全部読んでいないのですが、こうした問題をどこかで扱っていると期待します)。一人二人がベジタリアンになったところで問題解決にはならないかもしれませんが、人口の一定数がベジタリアンであれば問題は軽減されます。全員が動物性タンパクの摂取をおさえるか、ベジタリアンになればかなりの軽減が期待できます。肉や魚を食い続けるよりは遥かにマシな態度といえましょう。

http://kariyatetsu.com/kosodate/210.php

しかも、1980年代に入って、日本の社会は急速に体制服従的になってきた。


 その一端が必要のない国際摩擦を引き起こす捕鯨万歳の姿勢なのだ、ということに気がつかないのでしょうか。捕鯨をめぐる無益な争いは充分避けうるものです。

日本の捕鯨外交を問い直す
www2s.biglobe.ne.jp/~stars/pdf/Ishii_Okubo_JIWLP_J.pdf

無軌道な3K新聞編集長
http://blog.goo.ne.jp/flagburner/e/f71895792aaff206cc3c906389f04905

 勝川先生にしろ粕谷先生にしろ、職務に忠実なのはしんどいことだけど美しいことだと思います。今までだらけきっていた我が身を痛切に反省し、研究者としての職務に邁進する所存です。
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/60-57afabbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。