3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plagiarism覚え書き

「研究者の行動規範」に反応する学生たちの心
http://shyosei.cocolog-nifty.com/shyoseilog/2008/06/14_c713.html

 学生のレポートを読んで思ったことなど。要約と論評の区別がつかないのは読書感想文なのに本のあらすじしか書いていないのと同じようなものでしょうし、それと比べれば確かにこのレポートの体裁は整っていますが、まだまだ改良の余地があるな、と。

 ひとまず本件から離れて学生レポート全般にまつわる一般的な問題を見てみましょう。

これは「犯罪」である
http://takayak.moe-nifty.com/episode2/2007/01/post_9440.html

wikipediaからコピペしたレポート
http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20080910


実は海外でもこういったレポート販売サイトがあり、問題になっているようです。
http://www.academon.com/
http://www.library.ualberta.ca/guides/plagiarism/papermills/index.cfm

 「友達のレポート丸写し」とかは、もはや注意だけで済まされる問題では無くなっており、一流大学なら単位認定取り消しや退学、さらに卒業認定取り消しもあり得るようです。学生でない人びとの剽窃・盗用についてはどうでしょうか。ちょっと思い出すだけでもこのようなものがあります。

「村山談話は間違った歴史認識」と言ってる人達の知識はこの程度です。
http://d.hatena.ne.jp/dj19/20081119

『「パクリ・盗作」スキャンダル事件史』で唐沢俊一のことが取り上げられていた。
http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20081218

「ゴールドラッシュとカニバル(人肉食い)」パクリ対応表。
http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20081008

他人のHP 丸写し海外視察報告 公明党 こっそり撤回
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-15/2007031504_04_0.html

ネット検索「ドンピシャリ」盗作判明 公明党福岡市議団の海外視察報告書
http://www.j-cast.com/2007/03/16006236.html

盗作の境界はどこ「科学史から消された女性たち」事件
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-258.html

 学生だけが厳しく罰せられるのも不公平なのでこうした人びともそれなりに罰せられるべきでしょう。ところで、「丸写し」は論外としても、引用文献を明記した上で酷似した文章を書くのはどうなんでしょう?剽窃、盗作に関連した記事を読んでみると、それもダメみたい。

科学者のための法律相談、承り本
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-823.html

お、この言い回しは使えるぞ!
え?このくだりは昔自分が書いたものではなかったか?
 語り口のうまい他人の論文のスタイルを盗む科学者たち


実際、論文において英語表現の盗用が問題になったケースがあります。
Turkish physicists face accusations of plagiarism
Brumfiel, Nature 449: 8 (2007)

非英語国民の心の叫び。
Plagiarism? No, we're just borrowing better English
Yilmaz, Nature 449: 658 (2007)

 いやまぁ、実際に読んでみると英語の問題だけじゃないみたいなんだけどさ。教育過程に於ける剽窃の防止には腐心しているようです。

E-Cheating: Electronic Plagiarism
Schiller, Journal of the American Dietetic Association 105: 1058-1061 (2005)

では以下のサイトなど紹介しつつ、複数のソースにあたり、物事を自分の言葉で表現しろと学生に説いています。(2番目のアルバータ大学のが特に親切)

http://www.web-miner.com/plagiarism
http://www.library.ualberta.ca/guides/plagiarism/why/index.cfm
http://www.antiplagiarism.com/

Learn how to paraphrase. Accept the aphorism that research papers should contain few direct quotes. Use the library for books and journal articles on your topic. Don’t limit your search to online sources. Remember that plagiarism is a crime. (Schiller, 2005)


 上の様にまるっと引用するのは楽なのと誤訳や不正確な要約を避けられるので私もブログではよくやりますが、実際の学術論文ではよっぽど重要なフレーズでない限りありえません。将来卒業論文を書く気があるのなら、授業のレポートは、まるっと引用で済まさずきちんと自分の言葉で書くようにしましょう。辞書を作る人も古い辞書のコピペで済ませているわけではありません。

 ようやく本題ですが、件の学生レポートの改良点の一つがここです。各個の事例についてネット上のソースを一つ挙げていますが、要約とソースが酷似しています。これは結構アウトなのでは。複数の情報源にあたり、それらを読んだ上で自分の言葉で事件の概要をまとめるようにすれば大分良くなるでしょう。あと、ネットのソースは出来るだけ公的なものを選ぶこと。韓国の例では、ネイチャーのサイトが良いでしょう。
http://www.nature.com/news/specials/hwang/index.html

 レポートにある各事件についての論評は凡庸の一言につきます(ここでも記述がソースと類似している部分がある)。勿論、研究の実際を知らない学生たちに5号館のつぶやきのような大胆なアイデアを求めるのは無理難題ですし、私自身も各事件について細切れに論評しろと言われると同じような事しか言えません。ただ、日本で同時多発的に起きた捏造と、韓国の生命科学会を広く巻き込んだスキャンダルを比較するなどすれば、もう少し面白い論評が出来るのではないでしょうか。政治が科学を腐敗させた例としてルイセンコ事件、韓国幹細胞スキャンダル、調査捕鯨などがあります。飲酒運転は良くないといくら言ってもやる奴は後を絶ちません。それにどう対処するかを真剣に考えると色々なデータが気になりだし、道徳の問題だけで終わらなくなるのと同様です。正直、倫理や道徳の訓話は聞き飽きました。

 一次稿はこんなものとして、改善すべき点を指摘してもう一度練り直すとかなり良いものが出来ると思います。テーマ自体が面白いのでもっと時間をかけられれば良いのですが。

おまけ:
 筑波大学の例では、長教授は「不当解雇」と抗弁しています。東大のRNA研究捏造事件も裁判になっていたはずですが、その辺どうなっているのでしょうか。
http://www.cho-teruji.org/

参考:
これでは核融合研究より農業再生を
http://blog.goo.ne.jp/lazybones9/e/088157c06f1afec0050f12eda9b233c2
http://www.library.ualberta.ca/guides/plagiarism/handouts/index.cfm

さらに追記。上の"Proper Paraphrasing"のアウトとセーフの基準を読んで結構厳しいのに驚いたのがこれを書くきっかけの一つなのですが。自分も結構グレーじゃないかと思ったり。独自性が求められるものでどこまで模倣が許されるか、議論のネタとしては面白いところです。マンガ表現の話も興味深いです。

マンガ家の描写盗用問題についての私見
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_9358.html
許される模倣・許されない模倣
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_94e4.html
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/59-d3ca0171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。