3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

捕鯨の騎士団

God as Genetic Engineer
Carroll, Science 316: 1427-1428 (2007)
40-01carroll.jpg
 上の記事は「進化の闘士」ショーン・キャロル教授がID論者マイケル・ベーエ教授の本「The Edge of Evolution」を書評したものです。こてんぱんにこき下ろした後、ID論者をモンティ・パイソンの黒騎士になぞらえてこのように結ばれています。
http://www.youtube.com/watch?v=2eMkth8FWno

The knights of ID may profess these blows are "but a scratch" or "just a flesh wound," but the argument for design has no scientific leg to stand on.


 捕鯨推進側の主張で科学的に妥当と思われるのは「南極のクロミンククジラはある程度捕鯨可能である」という点ですが、これだけでは捕鯨反対派は納得しないわけです。東北大の石井先生は「僕は『どういう科学が、外交に影響力を与えることができるのか』を追求したいんです。」と述べていますが、「クロミンククジラの資源量がある程度豊富である」というだけでは有効な切り札にはならないようです。一部の公園などで動植物の採取が禁止されているのと同じで、「手つかずの自然を残す」というのは「科学情報に基づく制御された開発」に対抗する充分科学的な理由たりえると思います。「ある程度取っても生態系に影響しない」ことを科学的に示しても決定打にならないのです。公園などで動植物採集が認められるのは研究目的などの場合が多いと思いますが、その最たる例はガラパゴス島でフィンチを捕殺した研究でしょう。

The calmodulin pathway and evolution beak morphology in Darwin's finches
Abzhanov et al., Nature 442: 563-567 (2006)

 実験方法はこのようなものだそうで。

Collection and treatment of embryonic material from Darwin's finches.
Under an agreement with the Galapagos National Park, we received quotas for collecting embryos of G. magnirostris, G. fortis, G. fuliginosa and G. scandens from Santa Cruz Island, and G. conirostris, G. difficilis and C. olivacea from Genovesa Island. To avoid causing nest defection, only the third egg was collected shortly after it was laid; it was then incubated at 100 ˚F (37.8 ˚C). Embryonic material was fixed in 4% paraformaldehyde in PBS for 2 h at ambient temperature and stored in RNAlater reagent (Ambion) at about 5 ˚C for two to five weeks. Chick antisense riboprobes (CaM, Coll IX, Runx2 and PTHrP-Rec) were prepared and used on Darwin's finch embryos as described previously. We analysed 26 heads of Darwin's finches: large ground finch (n = 3), medium ground finch (n = 5), small ground finch (n = 4), large cactus finch (n = 4), cactus finch (n = 3), sharp-beaked finch (n = 3) and warbler finch (n = 4).


 仮にこの研究に動物愛護団体が文句をつけたとしたら、多くの専門家が弁護を買って出て、この研究の正当性について説明するでしょう。嘴の形態形成に関わる遺伝子の機能を証明するためには捕殺しなければならないのです。そして捕殺に見合う成果はあげています。でも、これと同じ方法で個体群にダメージを与えないよう採集するから食わせてくれと申請したらダメだしされるでしょうなぁ。

 南極捕鯨の場合、一定の科学的妥当性だけでは相手を説得するのに不十分なわけですが、墓穴を掘ったのは国営疑似商業捕鯨に他ならぬ「調査」捕鯨でした。調査捕鯨は商業捕鯨に必要なデータを集めることを目的としていると言っていますが、
1:調査目標の設定は妥当か?
2:手段は適切か?
3:充分な成果は得られているか?
上記三点いずれも、科学者が検証すれば落第でしょう(注)。かのドーキンスも調査捕鯨に疑義を唱えたそうで。別にドーキンスじゃなくても普通に科学の訓練を受けた人間なら調査捕鯨を弁護しろといわれれば降参するしかありません(何か特別の事情でもない限りは)。日本は科学的な適切さすら自らの手で減じてしまったのです。ドーキンスらが名を連ねたニューヨークタイムズ紙上(2002年5月20日付だそうです)の公開質問状がJapan Timesに部分的に抜粋されています。他にロジェ・ギルマンアーロン・クルーグアラン・マクダイアミッドエドワード・オズボーン・ウィルソンも名を連ねています。

Scientists petition Japan to lay down harpoons
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fe20020523sh.html

An open letter to the government of Japan

Despite its obligation to comply with a global moratorium on commercial whaling, Japan has killed thousands of whales over the past decade, claiming an exemption for "scientific whaling" under international law. We, the undersigned scientists, believe Japan's whale-research program fails to meet minimum standards for credible science. In particular:

We are concerned that Japan's whaling program is not designed to answer scientific questions relevant to the management of whales; that Japan has refused to make the information it collects available for independent review; and that its research program lacks a testable hypothesis or other performance indicators consistent with accepted scientific standards.

Most of the data being gathered by Japan's "scientific whaling" are obtainable by non-lethal means; it is possible, for example, to determine species, gender, population size, migration patterns, stock fidelity, and other key biological information without harming whales. . . .

The commercial nature of Japan's whaling program conflicts with its scientific independence. Japan sells meat from the whales it kills on commercial markets and assigns "scientific whaling" quotas to individual whaling villages. These commercial ties create a profit incentive to kill whales even when no scientific need exists . . .

Japan has announced it will soon begin killing sei whales, an internationally listed endangered species, ostensibly to determine the whales' diet. . . . There is no reasonable likelihood that killing additional sei whales now will add to what is already known about their diet.

By continuing to fund and carry out this program, Japan opens itself to serious charges that it is using the pretense of scientific research to evade its commitments to the world community. As scientists, we believe this compromises objective decision-making and undermines public confidence in the role of science to guide policy. Accordingly, we respectfully urge the Japanese government to suspend its "scientific whaling" program.

Sincerely,

[21 individual scientists]


 日本政府はこれに答えたのでしょうか。私にはこの批判が文化的バイアス ーすなわち欧米と日本のクジラ観の違いー だけで片付けられるものとは思えません。捕鯨の黒騎士は調査捕鯨に対する数々の科学的批判にあれこれ屁理屈をこねているが、そもそもよって立つ科学的な脚が無いのだ。

(注)
とりあえず私の調べた範囲で回答
1:調査目標の設定は妥当か?
 第一期南極海鯨類捕獲調査(JARPA)の目標の一つである「年齢別自然死亡率の推定(1,2)」は当初から達成の見込みが薄かった(3,4)のに加え、その必要性も疑問視されていた(4)。改訂管理方式(RMP)が完成した現在、この情報は商業捕鯨に必須ではない。さらに第二期JARPAの目標「生態系モデル構築」は商業捕鯨の要となるRMPとの整合性に欠けると指摘されている(5,6)。つまり「生態系モデル構築」は商業捕鯨再開に必要でないばかりか、余計な遠回りにしかならない。
2:手段は適切か?
 非致死性調査手段はいくつか開発されている(7,8)。また、日本の調査捕鯨に同情的なノルウェーの学者も大量捕殺の必要性についてはコメントを避けている(9)。調査捕鯨についての規定である国際捕鯨取締条約第8条を起草したIWC初代議長は調査捕鯨の捕獲頭数を10頭未満と想定していたといわれている(9)。60年前、まだ分子生物学も人工衛星もなかった時代の科学者ですら科学研究目的の大量捕殺の可能性など考えもしなかったということである。
3:充分な成果は得られているか?
 充分な予算と年月をかけたプロジェクトとしては乏しいといわざるを得ない(9,10,11)。設定した調査目標も達成できていない(12,13)。

1. Nagasaki, Nature 344: 189-190 (1990)
2. 大隅清治「クジラと日本人」岩波新書 (2003)
3. Sakuramoto & Tanaka, Rep. int. Whal. Commn 39: 371-373 (1989)
 参考 http://www.kaiyodai.ac.jp/Japanese/db/0010/0210/TH_40803814.html
4. de la Mare, Nature 345: 771 (1990)
 参考 http://kkneko.sblo.jp/article/17287129.html#comment
5. Ishii & Okubo, Journal of International Wildlife Law and Policy 10: 55-87 (2007)
 参考 www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/documents/evidence12-2
6. http://kaiseki.ori.u-tokyo.ac.jp/~katukawa/blog/2007/11/post_237.html
7. Jarman et al., Molecular Ecology 11: 2679-2690 (2002)
8. Iverson et al., Ecological Monographs 74: 211-235 (2004)
 参考 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20080122/1200991642#c
9. Morell, Science 316: 532-534 (2007)
 参考 http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-28.html
10. Gales et al., Nature 435: 883-884 (2005)
11. http://chikyu-to-umi.com/kkneko/frame7.htm
12. www.whalelove.org/raw/content/fun/1677143.pdf
13. 石井敦『科学』岩波書店2008年7月号: 704-705 (2008)
 参考 http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-33.html
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/40-d0f87b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad