3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

去年のニュースより

去年のScienceのニュース記事に興味深いものがあったのでご紹介。
Killing Whales For Science?
A storm is brewing over plans to expand Japan’s scientific whaling program
Science 316: 532-534 (2007)

 調査捕鯨について専門家たちのコメントが色々紹介されています。
“We're asked to review Japan's proposals, to treat them as science when they are not. And that is objectionable.”
~Scott Baker

“The science and data are very poor,”
~Phillip Clapham

“It's outrageous to call this science; it's a complete charade,”
~Daniel Pauly

“The Japanese want to ask which breeding populations the whales belong to, if these are growing, and where do they feed,” “These are all questions which can be answered using nonlethal techniques including observation, satellite tracking, and genetic studies.”
~Nick Gales

 散々に叩かれる日本の調査捕鯨ですが、心強い味方が現れました。ノルウェーはオスロ大学のLars Walløe氏です。海洋生物学の専門家ではないようですが、贅沢は言ってられません。
“They are doing valid science,” “If whales are going to be hunted in a sustainable manner, then we need this kind of information. But, if we’re not going to kill any whales, then it could be argued we don’t need it.”

 水産資源学的にはそれなりに意味のあることをやっているみたいですね。ところで科学調査目的でそんなに大量のクジラを捕殺する必要性についてはどうなんでしょうか?

“Whether or not it is necessary for their study to take so many hundreds of whales every year for science, I cannot comment.”

 どう見ても必然性の無い捕殺です。本当にありがとうございました。ところでWalløeさんの大先輩(?)にあたる、初代IWC議長のBirger Bergersen氏(故人)は調査捕鯨についての規定である国際捕鯨取締条約第8条を起草したそうですが、Bergersen氏が調査捕鯨についてどのようなイメージを持っていたか、Walløeさん自身が語ってくれています。

“It's clear that in his mind he was thinking that the number of whales a country could take for science was less than 10; he didn't intend for hundreds to be killed for this purpose,” “He had in mind, for instance, the possibility of finding a new animal and thus needing to take some in order to describe them scientifically.”

 それなんてツノシマクジラ?Bergersen氏の嘆きが聞こえるようです。

An Alternative Explanation of Japan's Whaling Diplomacy in the Post-Moratorium Era
Ishii & Okubo, Journal of International Wildlife Law and Policy, 10:55-87 (2007)
日本語要旨(pdfファイル)より抜粋。

 国際捕鯨委員会(以下、IWC)の商業捕鯨モラトリアム決議(1982 年)に関し、商業捕鯨再開に向けて同決議を覆さなければならない国は日本のみである。日本は当初、ノルウェー、アイスランド、ロシアとともに同決議に異議を申し立てた後、1985年に異議を取り下げて、国際捕鯨取締条約第8 条を根拠に“(科学)調査捕鯨”に移行した(法的には、異議を取り下げていない国々は8 条の枠外で商業捕鯨を実施してかまわない)。ほとんどすべての既存研究や新聞報道は、日本の捕鯨外交の目的がモラトリアム解除による商業捕鯨再開の悲願達成であると信じて疑ってこなかった。


 つまり商業捕鯨がどうしてもやりたいんなら出来るんですね。実際、ノルウェーの行っている商業捕鯨はこのスタイル(モラトリアムへの異議申し立てに基づく)のようです。現実には日本の水産会社各社は商業捕鯨再開に乗り気でないみたいですが。何かの科学目的のために必要最低限の捕殺を行っているのではなく、もはや商業捕鯨は成り立たないにも関わらず利権維持のために国営捕鯨をしているのが明白なため、日本の「調査」捕鯨は科学者から嫌われているのです。目的と手段があべこべで、動機の不純さが我慢ならないわけですよ。商業捕鯨より大規模な調査捕鯨ってなんなんだよ。
28-01whalecatch.jpg

追記
日本が興味を持ち始めたザトウクジラについても記事の中で解説されています。

Researchers on all sides agree that the humpback whales' numbers in the Southern Ocean are increasing. Indeed, the data should “make everyone happy,” says Morishita. “Their numbers are so large now that their increase seems to be adversely affecting the minke whale. We want to see if that is the case.”


 調査捕鯨の目的の一つに「系群構造の解明」というのがあります。どういう交配グループから種が構成されているのかを調べているのですね。必要のない捕殺調査で。増えているから捕ってもいいだろ、と日本が主張しはじめた南極のザトウクジラの系群構造には興味がわいたりしないんでしょうか。そこは専門家のClaphamさんが解説してくれています。

But Clapham says not all southern humpback populations are rebounding. Whales from a variety of breeding populations congregate in the feeding area of the Southern Ocean. Most are part of two fairly large populations (totaling nearly 20,000) that travel from Antarctica to Australia's coasts, where they mate and birth their calves. Others, however, hail from far smaller populations that breed in the waters off Fiji, New Caledonia, and Tonga. “These stocks were devastated by illegal Soviet whaling in the late 1950s and '60s,” says Clapham. “They've never recovered and still number in the mere hundreds or fewer. But they feed in Antarctica with the whales from Australia. It's impossible to tell them apart; they don't have signs on their backs. How are the Japanese going to be sure they don't take humpbacks from these highly endangered populations?”


 仮に1?2%が絶滅の危機にある系群から来ているとすると、50頭のザトウクジラを捕獲した場合、この系群のクジラを殺してしまう可能性は50%前後になります。日本人の約1%が田中さんなので、日本人をランダムに50人集めて田中さんが含まれている可能性を考えてみれば感覚的に理解できると思います。今回逮捕されたグリーンピースのメンバーが鈴木さんと佐藤さんという日本で最もポピュラーな苗字の持ち主だったわけですが。
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/28-c9eadb75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad