3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告発の行方

役得は許すけど
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/03bff5014ed2fe1d575896951a66d7d4

ちなみに鯨より頭の悪い人にとっては、問題は鯨肉の私的な持ち出しにではなく、NGOの調査手段の方にあるそうです。


 銀行への資金投入とパンダの賃貸料、諫早湾干拓と調査捕鯨など、色々大きなほうの問題を見落としがちな身としてはなんとも耳の痛い台詞ですが、奇矯な行動という印象は拭えません(警察だって違法な捜査で得た証拠は採用されないだろ)。タレコミがあった時点でもっと公的な権力を介入させることは出来なかったのでしょうか。しかしながらグリーンピースのスタンドプレーの影に隠れてしまった内部告発のレポートに目を通してみるとなかなか面白い。
http://www.greenpeace.or.jp/

 現場の人間が職場のリソースを少し私的に利用することや、法的にグレー(時に真っ黒)なことをするのにはある程度寛容であるべきと思いますが、

告発者: 家でただ食べるだけだったらそんな量いらないですよね。だから、あの、それぞれが、10年、20年乗ってる人はもう地元とか、その辺の市場に売りさばいてるって感じですね。


これが本当だとしたらちょっとやりすぎじゃないかね。

調: それはほぼ毎日のように7トンくらいの肉が捨てられてると
  いうことですか?
情: そうですね。20頭以上あがった時には間違いなく捨てますね

 * * * (略) * * *

調: もうかなり無駄にしているという感じですか?
情: もう調査捕鯨でなく、商業捕鯨みたいな感じですね。


 まぁ、末端の人間の規律違反を叩いてもあんまり意味はないと思いますが、「調査捕鯨」でこの有様。商業捕鯨に根強い抵抗があるわけだぜ。「調査捕鯨」は法律的にも議論のわかれる部分があります。

欧米から悪者扱いされる日本の調査捕鯨
http://www.amakiblog.com/archives/2008/01/23/#000684

実は日本の捕鯨の最大の弱点は、調査捕鯨であると称して商業捕鯨を行っているという事実である。この事は外務省条約課長自身がこれを認めている。条約違反を続けなければならないほど捕鯨は国益なのか。


 この天木さんという人が9.11陰謀論を信じているらしいのはうんざりですが、条約違反という判断はこの人自身の判断ではないので信頼性はあると思います。商業捕鯨を禁止した南大洋鯨類サンクチュアリーに関して、捕鯨推進派はその法的有効性を認めていませんが、国際法の専門家で水産庁に同調しているのはここに出てくるBurkeという人だけのようです。

 鯨類シンポジウムでは英国政府代表が現在の捕鯨は合法と明言しつつ、調査捕鯨中止の可能性に言及しています。また鯨類学の重鎮Baker先生もIWCの許可に基づいて捕鯨は行われていると述べています(Science 265: 1538 (1994), ただしこの論文は日本市場で違法なクジラ肉が出回っている可能性を指摘している)。一方で、東北大学の石井先生は新聞紙上で「オーストラリアは法的措置を検討しており、確かに一部の調査捕鯨がワシントン条約などに違反している可能性がある」と述べています。

 法的にグレーだから論文がアクセプトされないのか?法的に許容されないが、やっている研究のレベルは外人に理解できないほどすごいのか?実のところ鯨類研究所は控えめに言って「実力未知数」です。ネイチャーやサイエンスなどのトップジャーナルでは鯨類研究所の「研究成果」は全く無視されています。よくいわれる「南半球のミンククジラ76万頭」という話も出てきません(重鎮Baker先生によるレビューでもガン無視)。ちょっと論文を漁ったくらいでは日本の「調査捕鯨」の成果がなんなのかさっぱりわかりません。これでは外人が日本の捕鯨の「正当性」を「理解」できないのも当然です。当然すぎます。

 鯨類シンポジウムでの、「海獣の守護者」粕谷俊雄先生の発言です。

また、日本の調査捕鯨はICRWを誤用しており、科学者や政府、捕鯨産業を腐敗(corruption)させるものであるとし、日本の調査捕鯨を終了させるよう提案した。さらに、現在、日本鯨類研究所に務める科学者に対して新たな雇用先を提供し、オープンに情報にアクセスでき、研究の機会が得られるようにすることを提案した。


 この発言から受ける私的な印象ですが、まともな研究機関とは思えません。国内の研究者による紹介を読むとまともな研究所っぽいんだけどなぁ。今回のGP騒動の発端は内部告発だったそうですが、そのうち鯨類研究所からも内部告発が起るんじゃないかと思ったり。少なくとも科学者としてはこの状況ではやってられませんな。

グリーンピースに好意的なところなど。

悪あがきは続くよ、どこまでも
http://blog.goo.ne.jp/civil_faible/e/e6927a3c9c2a7be9e6e3e3df7d9b9342

もし世界が鯨関係業界だったら…な?んてね:グリーンピース鯨肉横領告発の正義
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/83f12a94064a4c2971df86d655681d8b
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/16-f530b0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。