3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保護法が(たぶん)破壊するもの

 ブッシュ政権による米国の科学破壊を扱ったシュルマンのUndermining scienceですが、最終章はRestoring scientific integrityと題し、ブッシュ政権が行ったことを要約しています。

 一つ目は情報のコントロールで、秘密指定によるタイトな情報操作により真実が覆い隠され嘘がまかり通るようになったとしています。9.11以後、秘密指定される文書は増加し、2005年には毎分約125の文書が秘密指定されている計算だとか(2001年に比べて秘密指定は約2倍に増えたとされています)。

 二つ目は説明責任の回避で、政策決定のバランスをとるための規定をねじ曲げ、要職をイエスマンで固めたことが指摘されています。また、科学の規範を保つために、司法、州政府、マスコミが果たした役割を挙げています。特に、マスコミのリーク報道によりブッシュ政権が政策転換を余儀なくされたことが何度かあると。

 さらに説明責任に関して、産業界のロビイスト(科学技術と政策の豊富な知識を持ち、かつ業界のイデオロギーに忠実)が官僚として活動し、「健全な科学」を標榜するニセ科学が、本来の情報を歪めたことが書かれています。ブッシュ政権は、科学的事実が政策のすべてを決定するという間違った思い込みで、彼らの気に食わない科学的事実を歪めたようだとシュルマンは述べています。

 一方、日本の政治体制はどうなのでしょうか。私はこの辺りのことは詳しくないのですが、思いつく資料としてこのようなものがあります。

商業捕鯨モラトリアム以後における日本の捕鯨外交を新しい視点で読み解く
http://www2s.biglobe.ne.jp/~stars/pdf/Ishii_Okubo_JIWLP_J.pdf

 この論文では、捕鯨問題を論じる上で、そこに特徴的にあらわれる日本の政治の分析が二つ紹介されています。一つめはカレル・ヴァン・ウォルフレン氏によるもので、日本の政治体制の特徴の一つに、マスメディア管理を通じた「現実のコントロール」を挙げています。捕鯨に当てはめれば、記者クラブ制を通じて水産庁大本営発表を垂れ流すだけの報道ということになります。二つめの米本昌平氏による「構造化されたパターナリズム」モデルでも、官僚による非民主的支配を記者クラブ制度を介して互恵的に支えるマスコミのあり方が指摘されています。そして調査捕鯨を行う水産庁は、納税者に対する説明責任を果たしていないことが論文中で指摘されています。

 ウォルフレンの主張についてはここでも要約されています。官僚の説明責任の欠如と、解決策としての情報公開の重要性がいわれています。やはり記者クラブなど通じた情報の操作が日本の政治システムの特徴なのでしょう。

 シュルマンが解説するブッシュ政権の行状と、ウォルフレンらが論じる日本の政治状況を比べると、2つのことが言えるのではないかと思います(政治の素人が「情報操作」と「説明責任(アカウンタビリティ)」の2つのキーワードに注目しただけの勝手な意見であることは断っておきます)。

1)ブッシュ政権が効率的に科学を侵蝕できたのは政治制度を「日本化」したからではないのか。日本化とはすなわち、「情報のコントロール」(ブッシュは機密指定による)と「説明責任の回避」(ブッシュはマトモな科学者や野党をパージして息のかかった人間で要職を固めたことによる)です。やり方は日本と多少違えども、結果として日本と同様の現実操作と説明責任回避を成し遂げたわけです。

2)情報がマスメディアを通じてコントロールされ、官僚が説明責任も問われない、民主主義の貧弱な日本は科学を育む土壌に乏しいのではないか。シュルマンが解説する米国の事情に照らすと、もともと日本は科学が政治により侵蝕されやすい状況にあると思います。

 ブッシュは情報の秘密指定により米国の科学を歪めたわけですが、民主主義の貧弱な日本でいくらでも恣意的に秘密を指定出来る法律が成立したのだから、科学事情もブッシュ政権をさらに上回る(というか下回るというかな)事態になるでしょう。秘密保護法は、情報のコントロールと説明責任の回避にうってつけの法律です。法律の専門家らも、「特定秘密」の範囲のあいまいさや報道規制の可能性を問題視しています。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/problem.html
http://osakanet.web.fc2.com/himituhogohou/ikensyo2.html

 そしてまだ法案が可決される前から既に秘密保護法を口実に説明責任を回避する人もいたり。

http://ika-net.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-063d.html
http://ika-net.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-5441.html

 人為的気候変動や原子力災害という科学的知見なしでは解決できない(科学だけでも解決できない)世界的問題を抱えながら、日本の科学は健全性を保てるのでしょうか。秘密保護法は学問も破壊するものです。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/139-d7fa84c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。