3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

花は盛り 月は隈なき 氷山は一角

 今日の代表的なニセ科学というとホメオパシーやEM菌です。一方で、歴史修正主義の典型と言えるのがホロコースト否定論や南京大虐殺否定論です。こうした怪しげな説のリストに目を通しておくのは初学者にとっては助けになるかもしれませんが、リスト作成者の手腕も問われるところです。また、リストを丸暗記するだけであるならば、それは受験のテクニックであっても科学とは何の関係もない行為です。

 最近特に気になっているのは、こうしたあからさまなニセ科学や歴史修正主義(とそれを裏打ちする露骨な差別感情)には加担せず、むしろ批判したりする人間が、別の疑似科学や差別に加担することがあるのを目にすることです(たとえばここでまとめたことなど)。ニセ科学批判にしろ在特会批判にしろ、それをやることは重要な意義があります。しかしそれをやっている人間が別のニセ科学や差別に加担するのではせっかくの批判も台無しです。

 在特会批判について私が抱いた違和感は他の人も表明しています。例えばかの有名な藤原監督とか。私の考えも、「別に「朝鮮人を殺せ」と怒鳴ることだけが差別じゃない。」という点に集約されます。
http://toshifujiwara.blogspot.co.uk/2013/07/blog-post_17.html

(次に、ニセ科学批判をしている人間がニセ科学を広める例について述べます↓)

 またニセ科学についてですが、下のリンク先の記事で言われているとおり、EM菌に推進者達がうたうような効果など期待できないし、放射線対策の妨害にしかならないという批判はまさにそのとおりです。そしてニセ科学を減らすための方法として信頼できる情報を増やすことが提案されています。

発信の内容については、「○○のサイトにもう書いてあったことだから、自分はもういいか」ではなく、同じようなことを書くことにも意義があります。「どこかにもこういうことが書いてあったな、××さんもそう言っていたな、じゃあこれはやはり正しいのかな」と、情報の信頼性が増すことにつながるからです。重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります。
http://blog.livedoor.jp/route408/archives/52110636.html


 ところで有機化学ナントカってどこかで見たと思ったらあのデマの発生源の一つだった。

スリランカでは1948年から62年までDDTの定期散布を行ない、それまで年間250万を数えたマラリア患者の数は31人にまで激減しました。この数はDDTが禁止されてから5年のうちに、もとの250万人まで逆戻りしています。
http://www.org-chem.org/yuuki/DDT/DDT.html


 ウィキペディアにもパクられてる(2013年10月10日の時点)。
wiki-ddt
 スリランカでは、マラリア根絶計画の一環としてDDTが噴霧されました。そして患者の減少に伴い噴霧の規模も縮小され、1964年にマラリア根絶計画の次のフェーズへ移行するためにDDT散布は取りやめられました。しかしその後、マラリア監視体制が機能せず再流行が起こり、DDT噴霧を再開してもこのときには蚊が耐性をつけていたため流行を食い止めることが出来ませんでした。これがスリランカで起きたことです。実際のマラリア対策には様々な問題があったのですが、これを極めてシンプルにDDTさえ撒いていればマラリアが防げたかのように言うのはニセ科学というものでしょう。参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-132.html

 これをふまえてもう一度これを読むと違った味わいを感じられます。また引用しようか。おもしれーから。

発信の内容については、「○○のサイトにもう書いてあったことだから、自分はもういいか」ではなく、同じようなことを書くことにも意義があります。「どこかにもこういうことが書いてあったな、××さんもそう言っていたな、じゃあこれはやはり正しいのかな」と、情報の信頼性が増すことにつながるからです。重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります。
http://blog.livedoor.jp/route408/archives/52110636.html


「重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります」
「重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります」
「重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります」
「重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります」
「重複した情報は単なる無駄ではなく、力につながります」

 正しさの根拠は「みんなが言うから」。もはやデマがどのように拡散していくのかという説明にしかみえん。こうして「カーソンのせいでDDTが禁止されマラリアが蔓延した」というウソが蔓延ったわけだ。

 満開の桜や満月だけが美ではないというようなことを古人が言っていましたが、ニセ科学や修正主義というものはEM菌や南京大虐殺否定論みたいなあからさまなものだけに限定されないし、その背景にまで切り込むのなら単に知識の○×が問われているだけではないのだよ、と言いたい。これと同じことで、在特会を非難していれば差別に加担せずに済むと思いこんでいるなら、ホメオパシーやEM菌や水伝の悪口を言っていれば自分に科学リテラシーとやらがあると思い込むのと同様のマヌケと申せましょう。在特会は氷山の一角であり、これをどう捉えるかは、海面上に顔を出した一部にしか注目しない人間と水面下の巨大な氷塊を意識する人間とで当然分かれてくるわけです。愛国心は悪党の最後のよりどころという言葉もありますが、お手軽に自分に「正しさ」を付与したいなら、在特会批判やニセ科学批判に便乗することほど楽なやり方はありますまい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/136-328de241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad