3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抑圧と収奪のための「科学」

 サウンドサイエンスイデオロギーは市場原理主義に根本原因があるのではないかと書いた直後に少し変わったものを見て頭を抱え込んでしまいました。

 忘却からの帰還でサウンドサイエンスウォッチがされていますが、特にこの記事は概説として良く出来ています。基本的にはサウンドサイエンスは法規制をのがれるために大企業が繰り出してくるものというパターンが読み取れます。
Dr. S Fred Singer翁の、もうひとつの前哨戦"タバコ":忘却からの帰還
http://transact.seesaa.net/article/151724052.html

 捕鯨の話題をあさっているうちにたどり着いたのが水産資源学者の勝川俊雄さんでしたが、勝川さんがずっーと指摘し続けているのは日本の漁業全体の問題です。魚の獲り過ぎで数が少なくなり、十分成長していない個体にまで手を付ける悪循環は断ち切らなければならないし、それは可能なのだと。
漁業という日本の問題を知ろう 勝川俊雄さんインタビュー
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-1609.html

 そして最近ウナギの資源枯渇が話題になりました。「私たち日本人はウナギは食い尽くしてもクジラは持続的に利用できます」という主張に説得力を感じる人はいないでしょう。
ウナギの絶滅と河口堰:beachmollusc ひむかのハマグリ
http://beachmollu.exblog.jp/17584454/
本気でウナギを食べ尽す気か(追記あり):Apes! Not Monkeys!
http://d.hatena.ne.jp/apesnotmonkeys/20120702/p1

 サウンドサイエンスは規制逃れに繰り出される科学っぽく見える屁理屈なのだから、資源枯渇の問題に企業が疑義を呈して問題をうやむやにしようとするなら、それは典型的なサウンドサイエンスです。手法も大体想像がつきます。「魚が捕れなくなったのは本当に個体数が減少したからか?」「漁獲量の減少は本当に乱獲のせいか?」という問いを設定し、人間の活動と無関係の環境変化などに責任をなすり付けるよう操作すればよいのです。実際、捕鯨で個体数が激減したにもかかわらず、関係者はクジラは永久無尽蔵でどこかに隠れているだけだと言ったことが「捕鯨問題の歴史社会学」で解説されています。今問題になっているウナギなら、回遊生態は未解明であるという不確実性につけ込んで、個体数の減少が確認されたわけではないとか、分布域が変化した可能性が高いとか言って、人間の影響を過小評価すればいいんじゃないでしょうか。

 しかし、水産大手は乱獲による資源枯渇の問題を否定する気はないようです(過剰漁獲やIUUは世界的な問題なので日本の水産会社に全く問題がないとは考えられないが、それでも下の記事は絶賛に値すると思う)。
「魚はどこに消えた?」 急がれる資源管理
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2067
漁業 「環境の変化」という魔法の呪文 ウナギ激減に無自覚な加害者・日本人
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2152

 それでは漁業分野で「サウンドサイエンス」を繰り出しているのは誰なのか?
「魚は減ってない!」出版記念講演会:よこやま信一公式ブログ
http://ameblo.jp/gagome-yokoyama/entry-11338205377.html
こんな内容らしい。「世界に誇れる日本の資源管理型漁業」ってホントっすか?
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_42588601/

 なんと国会議員でした。教科書通りのサウンドサイエンスのパターンなら政府は規制を課して産業界からジャンクサイエンスと罵られるものですが、はるかにまともな現状認識を持っている水産大手を尻目に国会議員と官僚がもっと魚を消費しろと煽る所に特徴があります(前掲のウェッジの記事も水産白書を批判している)。まぁ、マルハニチログループやニッスイといった大企業は世界中で原料の調達/加工/流通を行っているので、特定の場所で特定の魚種が規制されても柔軟に対応できる余裕はありそうですし、希代の愚策「魚の国のしあわせ」プロジェクトにはしっかり加わっているのですが。一方で活動場所が決まっている漁師にとって規制は直接的な死活問題になるかもしれません。そして想像通り、横山議員の支持団体は北海道の漁協団体であるとウィキペディアにあります。

 これは自然を直接相手にする農林水産分野の性質によるもので他の国でも同様にみられることなのか、あるいは日本特有の状況なのかは知りませんが、水産大手は全く無関心なのに官僚が熱心な捕鯨問題もこのパターンです(捕鯨問題はサウンドサイエンスというより疑似科学だろうと思う)。そもそも資本主義の精神を体現している大企業を欠いた形なのでサウンドサイエンスイデオロギーと呼べるかどうかが疑問です(消費を煽るだけの報道や小売業が、問題を全く無視するという究極秘奥義を使って市場原理主義を代行しているから水産大手はきれいごとを言っていられるとも考えられるが)。その辺を考えていて思い出したのは、クジラの禁猟期に科学調査の名目で捕鯨をやるという、国際捕鯨取締条約の悪用を始めたのはソ連だったということでした。水産庁が何となくソ連っぽいと私が感じたのも大ハズレではなさそう。
https://twitter.com/katukawa/status/245711675137867776

 しばし考えてみていま思うことなど。

 ニセ科学はどの時代にも現れるもので、サウンドサイエンスは高度なニセ科学の資本主義的形態なのだと思います。「獲り尽くし、食い尽くす」思想というのは現代では市場原理主義であると考えていますが、こうした抑圧と収奪は資本主義以前にもあったし、北朝鮮だって中国共産党だってスターリンだってやっていることです。今後社会がどう変化しても科学は政策決定に重要な役割を果たすはずですが、そうした中、抑圧と収奪を正当化するために使われるニセ科学の資本主義的一形態がサウンドサイエンスイデオロギーであると解釈すると、サウンドサイエンスと少し違うサウンドサイエンスっぽいもの(上であげた横山議員とかソ連のやったこととか)も、私の中では理解出来ます。科学が発達した世の中では、どの権力であれ自分を正当化する「科学的」理由を求めるものなのでしょう。

 サウンドサイエンスは科学の内部から現れたものではない(Ong and Glantz, 2001)のだから、タイトルは抑圧と収奪のための「ニセ科学」にするべきかもしれません。しかし、簡単に自分と無関係なニセ科学として切り離していいものかとも思うようになりました。

 抑圧と収奪を正当化するために科学が使われた例として、進化生物学を人種差別の根拠にしたり、遺伝学を優生学に利用したことが挙げられます。進化論も遺伝学も真っ当な科学ですが、科学とは別の価値観と融合して利用されたわけです。もし科学者が科学の議論のみに専念し人種差別や優生学に全く加担しなかったのなら科学無罪、科学者無罪のいいわけも通るかもしれませんが、例えば、木村資生の著書「生物進化を考える」で彼は優生思想を開陳しているわけです(それについての論評が「はじめての進化論」の中にある)。

他にはこういう例も。
「科学者」の語る優生思想:5号館のつぶやき
http://shinka3.exblog.jp/2111241/

 木村資生や江崎玲於奈ほどの科学者でも専門を少し外れてしまうとこうなのだから、権力や時代を支配する思想が抑圧と収奪のための「科学」を奨励し推進するのは容易いことのように思えます。サウンドサイエンス的な価値観は科学にがっちり食い込んでおり、直ちに分離可能とは思えません(丹念に検証すれば科学とそうでないものを分けられるかもしれないが、ホメオパシー問題ほど単純ではなかろう)。これはリテラシーの足りない誰かの問題でなく、自分自身の問題として考えた方がいいのではないかと(特に科学の関係者は)。レイチェル・カーソンのせいでマラリア蔓延というウソをついているのはサイエンスライターだけではありません。核物理学や分子生物学が歴とした科学であっても、原発や遺伝子組み換え作物の実際の運用には科学以外のものが入り込んで抑圧と収奪を正当化しているわけです。「(俺たちの都合のいいように)正しく恐れよ」「(俺たちの都合のいいように)リスクを比較せよ」とか。

 「健全な科学」は自然も人間も収奪の対象とするのです。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/125-356238b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。