3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

熱い心とクールな頭と

それにしてもこの市長、ノリノリである。
http://www.nakada.net/syutyo/SYUTHO06.htm

水産官僚かく語りき

http://www.youtube.com/watch?v=W8hJTrSG7sg&NR=1
(ここでダウンロードできるファイルの中にも森下さんが登場します)
http://www.iisd.ca/ymb/whales/pew2/30janj.html
 政治家須く信念を情熱を持って語るべし、官僚須く政策実現に知恵を絞るべしとすれば、賛否はともかくそれぞれ政治家と官僚の鑑と思いました。実際、賛成するわけではありませんが彼らには好感を抱きました。市長さんの言っている事にはかなり突っ込みどころがあるので、反捕鯨派の前でこういう事は言わない方がいいです。翻って森下さんはさすが、国際交渉の場で鍛えているだけあってボロを出しません。例えば、ミンククジラが100万頭近くいるというのは研究者たちも認めています。そこから「だから年に○○頭捕っていい」とか主張しはじめると反対派の専門家から科学的な反論を喰らいますが、その辺うまく処理しています。そして主に反対派の環境保護パフォーマンスビジネスをdis-る戦法を取っています。

 実際何をやっているのか、環境への効果はどうあれ、環境保護活動をしているとアピールする事で巨額の寄付金を集めるビジネス、というのはおそらく本当でしょう。シーシェパードのウェブサイトなどが参考になります。オンライン寄付もできます。貴方もどうぞ。(なんか人の邪魔をしているだけに見えますが)
http://www.seashepherd.org/taiji_jp.shtml

 その一方でグリーンピースなどが指摘する通り、調査捕鯨に官僚利権がからんでいるのも多分本当でしょう。
http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-197.html
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/sato/147

 個人的な意見ですが、汚染度も値段もそれほど高くない鯨肉がたまに手に入るなら私はそれで満足です。どこでとれた何クジラかは気になりません。(調査捕鯨を除けば)私は現状にかなり満足しています。仮に商業捕鯨が認められたとしても、国からの援助なしでは成り立たないのではないでしょうか。アイスランドは2006年に捕鯨を再開しましたが、早くも翌年には需要不足により一時中止となったそうで。科学的価値の無い調査捕鯨にこだわり、交渉の場でごねる理由は実のところ現状維持が狙いなのではないかと思ったり。推進派と反対派には相互アシスト協定でもあるのか。

「事態を打開するよりも、お互いを非難し合う関係を続けていた方が安定する」


というのの好例でしょう。かくいう私も調査捕鯨をdis-りましたが、実は現状に満足しているわけです。日本人がニヤニヤしながら「俺達もうクジラ食うのやめた」と言ったらシーシェパードが顔面蒼白になり、オーストラリア人がニヤニヤしながら「ウチんとこの海で商業捕鯨やってみなよ。ミンククジラとか色々いるのでマジでおすすめ」とか言ったら現実にコミットしている推進派がガクガクブルブルになるんじゃないでしょうか。採算の取れない分野に金を出す資本家はいないでしょう。まぁそんな事は起こりえませんが。

もうちょっとサイエンスよりの話をご紹介。

 Yodzis, TRENDS in Ecology & Evolution 16: 78-84 (2001)は"Must top predators be culled for the sake of fisheries?"と題してクジラなどを間引くのが漁業にとってプラスになるかどうかを論じています。当然ながら結論ははっきりしない、場合によりけりなのですが、少なくとも「クジラは魚を食う→クジラが増える→魚が減る」という理屈は話にならないくらい単純すぎるのです。いくつかの海域で得られたデータ(Table 1)が示すのは、魚をもっとも食っているのは魚であるという事で、海棲哺乳類は人間の目につきやすいのとたまに漁具を壊すのとで特に目の敵にされやすいと指摘されています。
10-1


 呼吸のために定期的に海面に浮上してくる大型動物だからこそホエールウォッチングも出来るのですね。クジラはよくも悪くも目立つために、色々な人間にとって色々な意味で美味しいわけです。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3500131221.blog120.fc2.com/tb.php/10-88b44ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad