3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学憲兵はこういうのを取り締まらない

アズキさんの語る『調査捕鯨の過去と未来』
http://togetter.com/li/370166

んで、ミンク鯨は現在資源量が60~70万頭に回復してると言われ、年間1000頭の捕獲では群れが減ったりしてない。どころか、南氷洋サンクチュアリなどでナガスやザトウなど他のクジラの餌場を浸食し始めており、それらの絶滅危惧種の繁殖を阻害している可能性が調査捕鯨の結果指摘されてる。
https://twitter.com/azukiglg/status/244702630771847168


日本が南極で無駄に捕殺しているクロミンククジラの推定個体数は30〜40万である。大本営発表ではかつての見積もりである76万という数字がいつまでも使われているようだが。
151-01.png
図の出典:
Marine Mammal Populations: Reconstructing Historical Abundances at the Global Scale
Christensen, Fisheries Centre Research Reports, vol. 14, no. 9 (2006).

そして「ミンクーナガス」「ミンクーザトウ」競合説というのは初めて見た。一部でよく知られているミンクーシロナガス競合説に科学的と呼べるほどの根拠はないし、調査捕鯨の結果に基づいて出された説というわけでもない。前にも書いたが。↓こういうのを読めばわかるわけですが。

Recovery plan for the blue whale
NOAA (1998)

Baleen whales: conservation issues and the status of the most endangered populations
Clapham et al., Mammal Review 29: 37- (1999)

Whaling: Will the Phoenix rise again?
Holt, Marine Pollution Bulletin 54: 1081– (2007)

Are Antarctic minke whales unusually abundant because of 20th century whaling?
Ruegg et al., Mol Ecol 19:281- (2010)

よく、調査捕鯨=クジラの頭数のカウントのためだけなら、捕殺の必要はなく背びれを数えればいいだけだ、という主張を見かけるけど、調査捕鯨っていうのは「商業捕鯨をしても資源総量が枯渇しないようにするには、どの程度までなら採って大丈夫か?」を調査する、というものでもある。
https://twitter.com/azukiglg/status/244702874158903296


捕獲可能数の算出はRMPの計算で十分であり、実行して立証する必要はない。そもそもこんなことは大本営発表にすら書かれていないネットの俗論である。

また、捕獲した鯨が何を食べているか?などの調査は、胃の内容物を調べなければならないため生体調査ができない。調査捕鯨が始まるまで回遊生態も、回遊地で何を餌にしていたかもはっきりしていなかった(例えばミンクは赤道付近と両極付近では別の餌を食べてた)
https://twitter.com/azukiglg/status/244703180821241856


殺して胃の中身を調べるだけしか手段がないわけではない。

A DNA-based method for identification of krill species and its application to analysing the diet of marine vertebrate predators
Jarman et al., Molecular Ecology 11: 2679-2690 (2002)

Group-specific polymerase chain reaction for DNA-based analysis of species diversity and identity in dietary samples
Jarman et al., Molecular Ecology 13: 1313–1322 (2004)

Quantitative fatty acid signature analysis: a new method of estimating predator diets.
Iverson et al., Ecological Monographs 74: 211-235 (2004)

最近のだとこういう手法もクジラに応用できるかもしれない。

Probability of detecting marine predator-prey and species interactions using novel hybrid acoustic transmitter-receiver tags.
Baker et al., PLoS ONE 9: e98117 (2014).

将来的に捕殺調査の優位性の説得力はますますなくなってくるだろうな。

「需要を減らして買わせなければよい」は、そもそも基本の部分から間違っている。「資源の維持、維持しながら獲得出来る量の模索」をIWC科学委員会の付託を受けて行っているのは日本の捕鯨船だけで、それ以外の組織団体はクジラの資源総量について科学的な判断を下せるだけの独自調査はしてない
https://twitter.com/azukiglg/status/244703899120963585


調査捕鯨を行なう主体はIWCの各加盟国であり、IWC科学委員会は何かの勧告はしても強制力は持っていない。日本の調査捕鯨は日本が勝手に科学調査名目で行なっているだけである(因に、禁漁期に科学調査の名目で捕鯨をはじめたのはソ連が最初)。各種クジラや、鯨類全体の生息数については前出のChristensen(2006)に詳しい。例えば下の図など。
151-02.png

そしてミンクの捕獲量の制限=ミンクの繁殖促進=ミンクの餌場の拡大とナガスの餌場の浸食=ナガスの減少という負のスパイラルが起きている RT ‪@ethanolcat‬: ‪@azukiglg‬ ゆえに、捕鯨反対の向きからは調査捕鯨は叩かれる。捕鯨反対なら、調査も不要であるからして。
https://twitter.com/azukiglg/status/244704544091693056


前のツイートでも気になっていたが、クロミンクーナガス競合説というのはまったく聞いたことがない。
追記:そもそも「ミンクの捕獲量の制限=ミンクの繁殖促進=ミンクの餌場の拡大とナガスの餌場の浸食=ナガスの減少」がウソ。比較的小型のミンククジラが捕鯨の対象になったのは、シロナガスクジラなど大型のクジラが姿を消したから。Paulyの言葉を借りるなら"whaling down"ということ。というかこいつの頭の中でのミンククジラの適正捕獲数はどうなっているんだろう?

捕鯨って日本の伝統ではなかったか。
https://twitter.com/ethanolcat/status/244704748861788160


南極海で伝統的に捕鯨していた国など私は知らん。

ミンク鯨は「海のディンゴ」であるわけで、これを放置することで結果的にナガスクジラは絶滅に追い込まれる。が、「クジラならなんでも捕鯨反対」という要点をシンプルにしか理解しない向きは、自らの判断がナガス絶滅の後押しをしていることを微塵も想像しない RT ‪@ethanolcat‬:
https://twitter.com/azukiglg/status/244704839970471936


ミンクを「海のゴキブリ」と呼んだ人間は知っているが、「海のディンゴ」というのは初めて見た。検索しても俗論の類しか見当たらない。ミンククジラが他のクジラの生存を脅かしている可能性というのは前に述べた通り絶無である。ぼくのかんがえたかいようせいたいけいにはうんざり。

ちうか、「鯨と人間は同じ小魚を取り合うライバルだ」という視点が理解されないのが(つ∀-) QT ‪@azukiglg‬: そして非常にマズイのが、ミンクとナガスの「外見」がそっくりであることに基づく誤解と混同で、これの結果「ミンクを採ること」と「ナガスを採るこ ‪@ethanolcat‬
https://twitter.com/_____zoe_____/status/244705159807111168


使い古された鯨食害論である。そもそもそれを支持する論文を見た事がない。

Must top predators be culled for the sake of fisheries?
Yodzis, Trends in Ecology and Evolution 16: 78- (2001)

Mapping world-wide distributions of marine mammal species using a relative environmental suitability (RES) model
Kaschner et al., MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES 316: 285- (2006)

Should whales be culled to increase fishery yield?
Gerber et al., Science 323: 880- (2009)

クジラは「24時間365日操業し続ける漁船」ですからなあ RT ‪@_____zoe_____‬: ちうか、「鯨と人間は同じ小魚を取り合うライバルだ」という視点が理解されないのが(つ∀-) QT ‪@azukiglg‬: そして非常にマズイのが、ミンクとナガスの「外見」がそっくりであるこ
https://twitter.com/azukiglg/status/244705320893566976


ヒゲクジラ類は摂餌しない時期があることは鯨肉販売サイトにも書いてある。
http://www.e-kuzira.com/newpage3.html
ホエールウォッチングの頁にも書いてある。
http://www.whale-watching.jp/watching/okinawa.php
ザトウを例にすると、摂餌するのは夏期と書いてある。
http://www.eoearth.org/view/article/163449/

あと、マッコウクジラは睡眠をとることが観察されている。
Stereotypical resting behavior of the sperm whale
Miller et al., Curr Biol 18: R21- (2008)

何が「24時間365日操業し続ける漁船」だ?

ツチ、ゴンドウ、イシイルカはIWC管理対象外だけど、これだってIWCの勧告とは別に国内農水省の管理下で年間の捕獲可能頭数が厳密に制限されてる。されてるけど、あの枠はもう少し広げてもいいんじゃね?という気はする。
https://twitter.com/azukiglg/status/244707290421293056


IWCが管理する鯨種というのは実は明確には定義されていない(解体新書「捕鯨論争」の5ページから詳しく解説されている)ので、「IWC管理対象外」というのは日本政府の主張に過ぎない。

専門家は捕獲枠をもう少し拡げても良いと考えているどころか、個体数の減少を指摘している。
https://www.marinemammalscience.org/letters/letter-to-japanese-government-regarding-dolphin-and-small-whale-hunts/

実際、伊豆のイルカ猟は資源壊滅を招いた。
Japanese Whaling and Other Cetacean Fisheries
Kasuya, Env Sci Pollut Res 14: 39- (2007)

沿岸小型鯨類は当然ながら沿岸部に多くいる根付きだったりする(ツチは回遊)ので、近海沿岸漁業のライバルである。休漁して漁場を休ませても、イルカを間引かなければ根こそぎやられる。イルカ、小型鯨類に「休漁」なんて通じないわけだし。
https://twitter.com/azukiglg/status/244707570873417728


これもまた鯨食害論である。イルカであろうがクジラであろうが間引きが漁獲増加に貢献すると主張する専門家を見たことがない。

また、沿岸小型鯨類の捕獲を制限した結果、それらの頭数が増えた結果、小型鯨類の群れ毎のスタンピート(上陸暴走)や航路妨害(船舶との衝突事例)が増えてるような、というか色々目に付く機会が増えてるような……。結局、彼らが増えすぎることは我々人類にとってもよくない。
https://twitter.com/azukiglg/status/244707954148904960


イルカは増えているのか?下図は前出のChristensen (2006)より。
151-03.png
船の数が増えて高速化すれば、海獣が減っていても衝突事故は起こることは前に上げた↓の中でも論じられている。

Baleen whales: conservation issues and the status of the most endangered populations
Clapham et al., 29: 37- (1999)

また、鯨類は人類が利用するだけでなく、海洋生態系の中でも重要な役割を果たしている。そのバイオマスがかつてないほど減少しているのを憂いて、人為的な海獣の死を減らそうと努力しているのだよ。

Bigger is Better: The Role of Whales as Detritus in Marine Ecosystems (Smith)
Whales, Whaling, and Ocean Ecosystems, (2007)
https://www.soest.hawaii.edu/oceanography/faculty/csmith/Files/Smith-%20Bigger%20is%20Better.pdf

The Impact of Whaling on the Ocean Carbon Cycle: Why Bigger Was Better
Pershinget al., PLoS One 5(8): e12444 (2010)

Bones as biofuel: a review of whale bone composition with implications for deep-sea biology and palaeoanthropology.
Higgs et al., Proc Biol Sci. 278: 9- (2011)

寿司が世界に広がった、とかそういうことだけでなく、世界人口の増大は蛋白質を海にも広く求めるようになり、流通の発達は沿岸部の魚類を内陸に運ぶようになった。つまり、それだけ「海の蛋白源の世界規模での活用」が増えているわけで、クジラがそれを摂取することを現代は過去ほど寛容になれない。
https://twitter.com/azukiglg/status/244708576571043840


科学者が何を論じているかは以下の論文で概観できる。
Fishing down marine food webs
Pauly et al., Science 279: 860- (1998)

Rapid worldwide depletion of predatory fish communities
Myers & Worm, Nature 423: 280- (2003)

Impacts of biodiversity loss on ocean ecosystem services
Worm et al., Science 314: 787- (2006)

The unique ecology of human predators
Darimont et al., Science 349: 858- (2015) 

漁業の例では、スーパー捕食者たる人間が大型動物(鯨類も含む!)を次々と減らし、標的が小型化しつつある傾向が見て取れるということ。クジラのいる海というのは、クジラがいられるほど生態系が充実しているということであり、人間も(漁業が適切に行なわれるなら)その恩恵を受けるだろう。ダニエル・ポーリーは、このまま魚を食い尽くしていくなら人類最後のシーフードメニューはクラゲのスープみたいなのしかなくなると言っている。

その他参考になりそうなところ。
http://katukawa.com/?p=1003
https://newrepublic.com/article/69712/aquacalypse-now
http://www.fishingdown.org/

ポール・ワトソンよろしく人類全てがベジタリアンたることが可能かというと、ほとんどの人間は動物性蛋白質の摂取なしに人体を維持できない。「それなら維持できる人間だけに生存を許し、それ以外の人間は淘汰されるべきである」という主張に正義はあるかというと、大多数は淘汰されることに同意しない
https://twitter.com/azukiglg/status/244709582981701633


世界全体で食糧の公平な分配を目指すなら、大量生産大量流通大量消費大量廃棄が常態の国は肉や魚を食う量を減らしたほうがいい。完全にベジタリアンにならなくても、週の半分ほど肉や魚を食わなければ大分変わる。良質な肉や魚を少量食べるようにした方が健康にはいいだろうし。

Vegetarian, vegan diets and multiple health outcomes: a systematic review with meta-analysis of observational studies.
Dinu et al., Crit Rev Food Sci Nutr. (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26853923

ですです。捕鯨は自分が鯨を食べなくても「捕鯨したほうが結果的に得」なんですよ RT ‪@moltoke_Rumia1p‬: ‪@azukiglg‬ ( ̄∀ ̄) だから、単純な損得勘定まで噛み砕いて説明するのが最善かもなぁと。 それはあなたに損ですよ。止めましょうと。
https://twitter.com/azukiglg/status/244710602256310272



「捕鯨した方が結果的に得」という根拠が全くないわけだが。以上ざっと書いてみましたが、詳しい人ならもっと突っ込みどころを見つけられることでしょう。
スポンサーサイト

繰り返される主題と変奏

「沈黙の海」 イサベラ・ロヴィーン著 新評論刊 (公式ブログ http://tysthav.exblog.jp)

 スウェーデンを中心としたヨーロッパの漁業についての本ですが、以前ふと書いた疑問(漁業資源管理分野で大企業の介在なしにサウンドサイエンスイデオロギーがあらわれるのは日本だけなのか?)についての答えが書いてありました。この本から受ける印象では、どうも漁業分野は洋の東西を問わず大企業の介在しないサウンドサイエンスイデオロギーがあらわれる傾向があるようです。

http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-1609.html

 上の勝川先生の話を読むと、ノルウェーの漁業は比較的うまくいっているように思えます。だから隣国スウェーデンもそれなりにうまくやっているのだろうと勝手に想像していたのですが、スウェーデン漁業衝撃の実態は本書によると以下のようなものです。

・魚が少なくなっているのに、漁師には政府から多額の助成金が与えられ、漁船の高性能化が行われている。また軽油の漁業優遇税制があり、より長時間の操業が可能になっている。つまり少なくなっている魚を競って獲るようになっているので、魚はより少なくなっている。

・スウェーデンの漁業行政は環境省ではなく農林水産省と水産庁の管理下にあり、水産業は自然や生態系の制約を受けずに成長することが前提とされている。

・価格保証制度により魚の買い取り最低価格が決められているため、捨てるために魚を捕り続ける状態になっている。

 なんか日本の状況とよく似ているのではないでしょうか。

 スウェーデンでは、漁師ー水産庁ー政治家が「鉄のトライアングル」を形成し、政治家は漁業関係利益団体の言いなりで、消費者、釣り愛好家、環境保護団体の声や、資源減少を訴える専門家の意見が無視されてきたことも書かれています。漁師に好き放題やらせるのが政治家として支持を取り付ける手っ取り早い手法ということでしょう。

海洋漁業試験場の職員は、自分たちの調査結果が自らの雇い主である水産庁にさえも真面目に受け止めてもらえないことに半ば慣れているようだ。


 水産庁の長官だった研究者はこう回顧しています。「水産庁の長官だった当時は、自分の雇い主である政府に忠実でなければならなかったんだ。だから、そうしようと努力していた」。このようにして資源減少を憂う研究結果は政治家の手により楽観的な予測に書き換えられていったわけです。ロヴィーンはスウェーデンの漁業をこう総括しています。「漁業という「文化」の維持ばかりが重視される一方で、絶滅の心配がない安心して食べられる魚を食卓に送り届けてもらうという消費者の権利がないがしろにされる形でこのお金(税金)が使われてきたからだ。」

 さらに興味深いのがアフリカ諸国の漁業資源がヨーロッパの船団に荒らされている様を描いた第7章と、EUの漁業委員会の会議をレポートした第8章です。高度に機械化した先進国の船団により、アフリカ諸国の漁業資源と漁師の生活が脅かされるのと関連し、陸上野生動物の密猟が盛んになっていくことが指摘されています。

つまり、漁業政策におけるEUの振る舞いは責任ある行動とは言えないし、長期的な持続可能性を欠くために他国のお手本になるようなものではない。むしろ、お金と官僚主義と汚職が大きなスケールで結びつくとどのような悲劇が起こるのかをもっとも端的に表したよい例と言える。そして、この帰結として、弱い者が搾取され、すでに裕福な者にお金が流れている。そして、何よりも重要なのは生態系の破壊が行なわれているということだ。


 アフリカの漁業資源を荒らしているのはとくにスペインの船団ですが、EUの漁業委員会で、不確実性を根拠に漁獲量削減に反対する(出た!サウンドサイエンスイデオロギー!)スペインの議員に注目し、ジャーナリストである作者はその素性を調べています。そしてこの議員が、フランコ政権時の政治家の娘であることを明らかにします。スペインの漁業が拡大したのは、「スペインを世界でもっとも強大な海洋国に再びのしあげる」べく、フランコがてこ入れしたことも指摘されています。無敵艦隊よ再び、というところでしょうか。自然からの収奪を基本とする現代の漁業はどうやら帝国主義的性質を帯びやすいもののようです。この点、日本の捕鯨賛成論が強烈なレイシズムに裏打ちされているのも自然な流れなのでしょう。

 そして、漁業が比較的うまくいっているとされるノルウェーにも問題があることが本書で指摘されています。以前に米国のサケの話を書きましたが、問題は似たようなもので、ノルウェーでも養殖魚につくサケジラミや病気が野生のサケを脅かしていることや、養殖は野生魚の保護どころか脅威となることが述べられています。

 最後に解決策を提示して本書は終わっていますが、作者のすごい所はジャーナリストとして問題を告発するだけにとどまらず、政治家として漁業を改善すべく活動をはじめた点にあります。ロヴィーンはこう問いかけます。
「漁師と研究者の主張をぶつけて妥協点を見いだそうなんて考え方は、この問題の捉え方を根本的にまちがえている。」
「私たちが投げかけるべき本当の問題は、変革を起こすためにはまず意識の改革からという考え方が本当に正しいのかどうかということだ。実際は、逆なのではないだろうか。つまり、変革が意識の改革をもたらすのではないのだろうか。」

 また最後に、直接的な解決策として以下の7つが上げられています。
1 早急な海洋自然保護区の指定
2 底曵きトロール漁の試験的禁止
3 魚の海洋投棄の禁止
4 漁業の環境アセスメントの実施
5 密猟取締の強化
6 詳細な漁獲海域表示制度の導入
7 漁業に対する見方の改革 生態系に配慮して漁獲された魚を食べる権利がある

 気候変動については、大企業が後押しするサウンドサイエンスイデオロギーが適切な対策を手遅れにしたことが指摘されています(http://www.diamond.co.jp/book/9784478064818.html)。大企業がシンクタンクを隠れ蓑にタバコや化学物質の規制をのがれようとするのがサウンドサイエンスイデオロギーの主旋律ですが、漁業では大資本なしでも不確実性をタテに規制をのがれようとする少し変わったサウンドサイエンスイデオロギーがあらわれます。この「わかっちゃいるけどやめられない」状態はどこにもあらわれるもので、科学性のない調査捕鯨が続けられたり、地震の巣の上で原発を再稼働させたりしているわけです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。