3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も成功した歴史修正主義

 久しぶりに捕鯨関連でメモ(といっても新しい話ではないが)。

 シエラ号事件というのは知らない人は知らない話ですが、日本の現代捕鯨を語る上では重要な海賊捕鯨事件です。Wikipediaの「日本の捕鯨」のページには海賊捕鯨の項目があり、シエラ号事件についてこう書かれています(日本のウィキペディアにはもちろんそのような記述は全くない)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Whaling_in_Japan

The Japanese trawler, Shunyo-maru, later became a combined catcher/factory whaling ship, MV Tonna, and was owned by Andrew M. Behr who also owned the infamous pirate whaling ship, Sierra. The Tonna is famous for its demise. In 1978 with full holds the Tonna landed another 50 ton fin whale. As the whale was being winched aboard for processing the ship listed over, took on water and quickly sank. Behr and the Sierra were also linked to Japan's Taiyo Fisheries Co. through a Canadian subsidiary (Taiyo Canada Ltd.) and with whale product for Japanese markets. The Sierra was severely damaged after being rammed by activist Paul Watson aboard his ship, the Sea Shepherd. The Sierra was later sunk in port by unknown saboteurs with limpet mines. Taiyo and other Japanese fisheries have also been linked to pirate whaling through subsidiary companies in Taiwan, the Philippines, Spain, South Korea, Chile and Peru.


pirate


 シエラ号の海賊捕鯨行為そのものにフォーカスした論文は見つけられませんでしたが、シエラ号を襲撃したのがシーシェパードであることから、シーシェパードを論じるものの中にはシエラ号の行状を伝えるものがあります。

Vigilantes on the High Seas?: The Sea Shepherds and Political Violence
Nagtzaam and Lentini, Terrorism and Political Violence 20: 110- (2007)

The most notorious pirate whaling ship was the Sierra. Captained by a Norwegian and crewed by Japanese sailors and 75% owned by Taiyo Fishery of Japan and 25% by the Foreningsbanken in Norway, the Sierra had come to symbolize to many ENGOs the underhanded and interconnected nature of pirate whaling conducted by states such as Japan and Norway, which refused to be bound by the strictures of the international community as espoused by the IWC.59 The Sierra’s crew killed 1,676 whales during a three-year period and sold the meat to the Japanese domestic market. As a result, the ship and crew were considered untouchable: the IWC, the organization tasked with regulating whale catching, was unable to enforce its own decisions and quotas. This was despite global opposition to such killing.60



 また、環境保護団体Earth Island Instituteが日本の海賊捕鯨を詳述しています。
http://www.earthisland.org/immp/
http://www.earthisland.org/immp/ECO2006/2006EcoNo1.pdf より抜粋

Japan’s Shameful Whaling History
(...)
Perhaps the most egregious whaling crimes were practiced by Japan’s Taiyo Fishery Co. It got into pirate whaling in the 1968 in a joint venture with Norwegian whaling interests. A former Dutch catcher boat, the AM No. 4, was converted to a combination factory ship/ catcher boat by adding a huge freezer compartment and a stern slipway for hauling whales aboard for slaughter.

Renamed the Sierra, the pirate whaling ship roamed the North and South Atlantic for a dozen years, flying flags of convenience such as Bahamas, Somalia and Cyprus. It killed thousands of whales outside IWC regulation, many of them “protected” blue, humpback and right whales. The meat and oil was shipped from various Atlantic ports to Japan on Taiyo reefers.

The Sierra’s deadly rampage only stopped in July 1979 when it was put out of action by the Sea Shepherd Conservation Society ship, which rammed it outside the port of Oporto, Portugal. Seven months later, after undergoing repairs, the Sierra was mysteriously sunk in Lisbon harbor by limpet mines attached to its hull by persons unknown.
(...)


 こういうのが日本語では伝えられていないのかというとそうでもありません。原剛著の「ザ・クジラ」 (文眞堂刊)は一つの章をまるまる日本の海賊捕鯨にあて、シエラ号、トンナ号の暗躍や台湾、韓国を経由した鯨肉密輸を解説しています(そして私の知る限りではこの本が日本の海賊捕鯨を一番詳しく述べている)。海賊捕鯨を概観した後にはこう書いてあります。

 不幸なことであるが、いっこうに改まらない背信行為と問題処理の不手際とによって、日本の言動は鯨保護サイドからほとんど信用されていないのである。
 十年余に及ぶシエラ号や台湾の海賊捕鯨を経済的に支えてきたのが「クジラ好きの日本人」であったことは、まぎれもない事実である。そして国際捕鯨委員会や加盟国は、当事者である日本政府をも含めて不法な行為を知りながら、海賊捕鯨の摘発にはまったく無力であった。鯨類保護の民間組織(NGO)のねばり強い調査活動と追求がなかったならば、事態は全く改善されていなかったかもしれない。



 kknekoさんのところでもわかり易く解説されています。
http://www.kkneko.com/aa3.htm

 上で見たように日本の海賊捕鯨は非常に悪名高いものですが、日本国内ではきれいさっぱり忘れられているように見えます。捕鯨に関する俗論はここなどでいくらでもサンプルを採取出来ます。
http://togetter.com/li/205981

sample1
よくいる鯨体完全利用神話信者ですな。(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-49.html)。

 以下いくつか挙げるが、実際きりがない。

https://twitter.com/totakiza/status/129393298862374913

https://twitter.com/tsujimoto_/status/129393717856579585

https://twitter.com/milestajp/status/129414211393691648

https://twitter.com/MTA_CROWLEY/status/129397135392251904

https://twitter.com/kijikijikenken/status/129442450845601792

 これだけ不利な材料があるにもかかわらず捕鯨の優等生を気取っていられるのは凄いことです。相手が日本の捕鯨についてどういう情報をもっているのか、どういう印象をもっているのかという調査すらやらず(上で紹介した記事を見れば少しは察しがつきそうなもんだが)、自分の無根拠な鯨体完全利用神話を相手に強要しているわけでして、これはちょうど彼らの脳内にのみ生息する捕鯨反対派とそっくりです。

 「南京大虐殺はなかった」「慰安婦の強制連行はなかった」というのと同様に、「シエラ号事件はなかった」というウソがあっても良さそうなものですが、そういう否定論が必要もない位に歴史を修正できているわけです。それはもう歴史修正液で綺麗に消されています。日本の通俗的捕鯨史観は最も成功した歴史修正主義といえましょう。
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。