3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナリティとは

だが、ここで注意深く考えなければならない事は、「理屈をこねること」と「理論を理解すること」とは、まったく次元の違う問題である、ということだ。

 「理論なんかこねくりまわすと、頭デッカチになってしまう。感性が理論に縛られて自由な発想が出来なくなる!」と声を大にする人も多い。でも、そういう人って、ようするに理論を勉強するのが面倒臭いだけなんだよ、きっと。そして、理論を知ったことで感性が理論に縛られてしまうような結果に陥ってしまったとしたら、それはもともとその感性が、「感性」と呼ぶには貧弱な、単なる「思いつき」でしかなかった、ということだ。

 体操競技に、ロイター板と呼ばれる踏切板がある。あん馬の跳躍の時に選手がより高く飛ぶために使う、アレだ。体育の授業で跳び箱の時にも使うから、諸君も知っていることと思う。音楽理論はつまるところ、アレだと思ってもらってもかまわない。踏切板自体を高く跳ばすわけではない。人が高く跳ぶためのモノだ。音楽理論も、感性をより高く飛躍させるための踏切板と言えるだろう。しかし、踏切板を置いたからと言って必ずしも高く跳べるとは限らない。より高く飛躍できるかどうかは、使い方次第だ。上手に使えばウルトラC、使い方を間違えれば転倒、それだけのことだ。

 ?「ギタリストのための音楽理論研究 鉄人への道」ACE清水 著 より


 ギタリストの王様が、徹底的にコピーを追求して、真似しきれないところにオリジナリティーの生まれる余地があるというようなことをどこかで言っていた気がします。さすが王様の言葉ともなると重みが違います。保守系の雑誌に掲載された対談で、某保守論客(確か西尾幹二氏)が、ナンバーワンを目指してこそオンリーワンにもなれる、安易にオンリーワンに安住するな(大意)、と言っていたのですが(そこだけは)感銘を受けました。

虚構の皇国より
渡部昇一のスピリチュアル講話
http://d.hatena.ne.jp/tadanorih/20090217/
 昔はpdfがダウンロードできたのですが、いまはないのでしょうか。pdfに書いてあったピルトダウン事件の要約の仕方は「独創的」といえばそうですが、単に間違っているだけでした。ダーウィンの生涯や進化論の成立を語る上でウォーレスは欠くべからざる人物であり、たいていのダーウィンの伝記には登場します。そんな基本的なことに「長年の思索と研究」で行き着くあたりが渡部のアレっぷりを如実に表しています。

http://aczog.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-1100.html

マッコウクジラは人間が保護をしすぎた結果、現在過剰に増えすぎている。
そのせいで、シロナガスクジラが絶滅しそうになっているのである。
これは一部の人間が感情的になって、根拠のない同情心から「かわいそうだ」と言い張って、鯨という天然資源を利用しなくなったために起きている現象である。

 ミンクーシロナガス競合説もトンデモ鯨食害論のバリエーションの一つですが、デマが拡散する中で変異を起こしたのか、全くの新説となっています。マッコウクジラ?ミンクじゃなかったのかよwww。もちろんいい加減な想像だけで書かれたもので単に間違っているだけなのですが。

「よく知らない」のに「中国は南京事件の犠牲者数の値を増やし続けている」というデマなど否定派の主張は鵜呑みにしている「一見様」
http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20090623
 こういう記事にはよくくだらないコメントがつくのですが、それらの特徴として、専門家による文献をいっさい読んでいなければ読もうともしない、というものが挙げられましょう。自分の頭の中で理屈をこね回すだけではオリジナリティーとは呼べません。安易に「オンリーワン」に流れているだけなのです。

 ではオリジナリティーとは?

ALS患者における高脂血症は治療してはいけない!?
http://blog.goo.ne.jp/pkcdelta/e/718912812d18fa30f67b140754f76a7b

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)においては、既存のどんな薬よりも高脂血症の方が延命効果がある(ALSとは反対に、高脂血症はアルツハイマー病のリスクファクターであるため、コレステロール代謝と神経性難病との関係は興味深いところである)という報告ですが、原文を読むと、この可能性は割と以前から示されていたことがわかります。過去の蓄積をうまく(低予算で)発展させた重要な知見をもたらすペーパーです。過去の知見の蓄積を生かすにしろ、それらの間違いを発見するにしろ、それなりの知識を持っている必要があるわけです。

 難病の治療法が発明されれば画期的なことです。それを目指して過去の知識を整理し、あらゆる可能性を検証した果てに小さな前進があるかどうか、というのがこの分野の研究の日常なのです。

上手に異なることは結構難しい
 「科学者の場合、他人と同じことをするというのは価値が全くゼロなんだよね。他人と違わなきゃいけないわけね。でも、他人と同じにするのは簡単でさ、例えば制服なんかでも着ていればいいのだけれど、ファッションなんかでも、他人と違えるというのは難しくて、あんまり突拍子もなく違っちゃ困るわけ。その時代の全体の流行とかTPOの中で、ちょっとおしゃれにする、ちょっと違える必要があるわけね。スーツを着る時にはスーツを着るけど、ちょっと色に工夫して みるとか。おしゃれってのは、そこが一番難しいわけね。 いかに人と違いつつも全体の枠に自分をはめるか。ちょっとしか違えちゃいけない。(51KB)科学でも、それと全くおなじなわけ。」
http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientist/ito_k/interview_itou.html


 ものすごく違うことやろうとしても、現時点での知識や技術などの制約により、ようやく人と少し違うことが出来るかどうか、なんですよ。私の場合は。

関連でもう一つ

研究とは「パンク伝統芸能」である
http://d.hatena.ne.jp/sivad/20090223/

そのこころは、「過去からの蓄積や文脈を踏まえつつ」、「誰もやっていない新しいことをしなくてはならない」。

どんなことにおいてもある程度はいえることではありますが、仕事としての研究にはこの2点が特に強力に求められます。


スポンサーサイト

強化版

日本の外洋での捕鯨(調査捕鯨)が特に攻撃される理由はこんなところでしょう
http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-40.html
の記事に加筆、修正
(「卒業研究」という割にはあまりにもアレなものを見てしまったので)

1. 調査目標の設定は妥当なのか?

 第一期南極海鯨類捕獲調査(JARPA)の目標の一つである「年齢別自然死亡率の推定(1,2)」は当初から18年間の予定調査期間内には達成の見込みが薄かった(3,4)のに加え、その必要性も疑問視されていた(4)。正確な推定のためには万単位のサンプルが必要となるため(4)、毎年数百頭規模の調査捕鯨を50?100年近く継続する必要があったことになる。調査計画の策定に加わった鯨類学者は「私は80年代に水産庁に在籍し、調査捕鯨計画の立案にかかわった。その際、我々に与えられた条件は『経費をまかなえる頭数を捕鯨でき、しかも短期では終わらない調査内容の策定』だった。今では、法の網をくぐるような調査捕鯨の発足に手を貸したのは、うかつだったと悔やんでいる。」と述懐しており(5)、これは科学活動への政治介入であると指摘されている(6)。事実、モラトリアムに臨み、共同捕鯨への救済策として国際捕鯨取締条約第8条を利用したことが外務省の資料で明らかになっておりこの調査捕鯨は、1970年代半ばに水産官僚が捕鯨会社救済策として第8条の利用を提案しニタリクジラ捕獲を許可したのを参考にしたと考えられている(7)。日本政府の行なってきた調査捕鯨はいずれの場合も科学とは無関係な動機に基づいたものである。(内容に明らかな間違いがあったため訂正 2010年11月30日)
 
 改訂管理方式(RMP)が完成すると、年齢別自然死亡率は商業捕鯨のための鯨類管理情報に必須ではなくなったが、見直されること無く調査目標として掲げられ続けた(2)。さらに第二期JARPAの目標「生態系モデル構築」は捕鯨管理の要となるRMPとの整合性に欠けると指摘されている(8,9,10)。つまり「生態系モデル構築」は商業捕鯨再開に必要でないばかりか、余計な遠回りにしかならない。水産庁の真意は商業捕鯨再開ではなく、調査捕鯨継続にあると指摘されており(6,10)、水産庁の漁業交渉官は第2回PEW鯨類シンポジウムにおいて、「現状維持」を訴えている(11)。

2. 大量捕殺という手段は適切なのか?

 非致死性調査手段はいくつか開発されている(12,13)。また、日本の調査捕鯨に同情的なノルウェーの学者も大量捕殺の必要性についてはコメントを避けている(14)。さらに、調査捕鯨についての規定である国際捕鯨取締条約第8条を起草したIWC初代議長は調査捕鯨の捕獲頭数を10頭未満と想定していたといわれている(14)。60年前、まだ分子生物学も人工衛星もなかった時代の科学者ですら科学研究目的の大量捕殺の可能性など考えもしなかったということであり(商業捕鯨禁止という事態も想定していなかっただろうが)、ここでも日本の行なう調査捕鯨が科学とかけ離れたものであることが改めて明らかになっている。

3. 充分な成果は得られているか?

 充分な予算と年月をかけたプロジェクトとしては乏しいといわざるを得ない(14,15,16)。代表的な科学者たちが連名で公開質問状を出す(17)など、そもそも科学としての基本を疑われる一方で、日本側の回答は毎度条約第8条をタテに非合法ではないと繰り返すだけである(18)。第一期JARPAの調査目標はいずれも達成できていない(19,20,21)。

4. 日本の調査捕鯨はなぜことさらに非難されるのか?

 上記の通り、南極の鯨類保護区で科学調査名目で国営商業捕鯨を継続しているからである。日本が国際捕鯨取締条約の抜け道を悪用しているという指摘は多くなされている(最近では22など)。科学活動が合法なのは当然の事であり、その上で厳しく成果が問われるものだ。ノルウェーやアイスランドは捕鯨活動を自国沿岸に限定しているため、これらの国々への風当たりは日本に比べれば弱い。

 動植物採取禁止の公共地で調査を名目に山菜やキノコをとって、注意された挙句に「絶滅危惧種なのか!?」「山菜やキノコを食ったらいかんのか!?」「あいつらだって山菜とってるじゃないか!?」と逆ギレする国際派DQN、それが日助である。自宅の庭でキノコをとっている諾右衛門やアイスラン子も日助には同情しつつもちょっと迷惑している(ただしアイスラン子は昔、学術的に貴重なキノコを日助と一緒に食べたり、今でもトンデモキノコ食害論を信じたりしている。神秘的な自然派というイメージと違い、実は結構DQNである)。日助にいたっては、「絶滅寸前であるという『科学的証拠』がない限り野生生物は保護しなくても良い」という思考の持ち主であり、なおかつ絶滅が危惧されるマグロやウナギすら平気で食う超DQNのため、他の人間と対話が成立しない。

アイスラン子の乱行についてはこちらなど
http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-15.html
http://blogs.yahoo.co.jp/marburg_aromatics_chem/61523797.html

参考文献(基本的に卒研に使える公的資料に限定。katukawa.comは専門家のブログ)
1. Nagasaki, Nature 344: 189-190 (1990)
2. 大隅清治「クジラと日本人」岩波新書 (2003)
3. Sakuramoto & Tanaka, Rep. Int. Whal. Commn 39: 371-373 (1989)
4. de la Mare, Nature 345: 771 (1990)
5. 粕谷俊雄「殺さずとも解明可能「科学目的」に疑問」毎日新聞2005年10月3日
6. 石井敦『世界』岩波書店2008年3月号: 194-203 (2008)
7. 真田康弘『環境情報科学論文集』22: 363-368 (2008)
8. http://katukawa.com/2007/11/post_237.html
9. 大久保彩子『海洋政策研究』第4号: 35-51 (2007)
10. Ishii & Okubo, Journal of International Wildlife Law and Policy 10: 55-87 (2007)
11. 鯨類シンポジウム速報 137, (4) (2008) www.iisd.ca/ymb/whales/pew2/
12. Jarman et al., Molecular Ecology 11: 2679-2690 (2002)
13. Iverson et al., Ecological Monographs 74: 211-235 (2004)
14. Morell, Science 316: 532-534 (2007)
15. Gales et al., Nature 435: 883-884 (2005)
16. www.abc.net.au/catalyst/stories/s1657789.htm
17. Briand et al., An Open Letter to the Government of Japan on "Scientific Whaling", New York Times, May 20, 2002
18. Ohsumi, Japan's Senior Whale Scientist Responds to New York Times Advertisement, The Institute of Cetacean Research
19. www.whalelove.org/raw/content/fun/1677143.pdf
20. 石井敦『科学』岩波書店2008年7月号: 704-705 (2008)
21. Williams, Current Biology 19: R269-R270 (2009)
22. Warning for diplomats over misuse of science. Nature doi:10.1038/news.2009.539

 ではなぜこの外人たちは「食べてはいけない」とまでいうのでしょうか?
http://www.news-digest.co.uk/news/content/view/2020/161/
 理由はおそらく次のようなものではないかと。

 彼らは日本人のクジラに対する感覚(つまり日本人の大多数は基本的にクジラに無関心ということ)をあまり知らない一方で、日本人以上に日本の事(マグロとウナギを食い尽くした張本人であること)をよく知っている。だから彼らは、日本人がマグロやウナギを食い尽くしたようにクジラを絶滅させてもかまわないと思っている可能性があると真剣に考えている(実際、以前にも書いたが、そのような質問をされた事がある)。

 前科のある人間が反省なしに何を言っても信用はされないでしょう。残存するオウム真理教がこれから先テロを起こすかと言えば、その可能性は極めて低いでしょうが、それでもその信者が警戒されるのと同じようなものでしょうか。私はオウム信者よりも日助に厳しく当るべきと思いますが。

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

そんな季節ですから

Lethal Troubles
Williams, Current Biology 19: R269-R270 (2009)

 ポルトガルに先立つローマでのミーティングレポート。というかオーストラリアのギャレット環境相のインタビューが大半。オーストラリアが音頭をとって数カ国共同で南半球の鯨類調査をやろうとしているらしい。もちろん非致死的手法で。結果がトップジャーナルに出れば日本の調査捕鯨の無意味さがよりはっきりするのでぜひやりたまえ。

Mystery of the Missing Humpbacks Solved by Soviet Data
Morell, Science 324: 1132 (2009)

 サイエンス5月29日付けのニュース記事。南半球のザトウクジラに壊滅的ダメージを与えたのは主に旧ソ連の違法捕鯨だった、という記事。

"It was massive illegal hunting by the Soviet Union and other countries,"

other countriesの中に日本も入ってると思うが。捕鯨船に乗船していた生物学者たちはKGBに口止めされていたが、彼らは密かに大元のデータを保管し、ようやくそれが日の目を見ることになったとか、記録改竄に異を唱えてクビになったとか。IWCの開催時期に捕鯨管理のいい加減さを印象づける政治的な記事かもしれんがホントの事なんだからしょうがない。Walloe氏は、鯨油目的だった昔と違って今は食用目的なんだからこのような記録改竄はおこりにくいんじゃないか、というような事を言っている。クジラだけに限定すればそうかもしれんが、マグロとかウナギとか食い尽くした国にはそれは当てはまらない(つまり、日本人はクジラを食い尽くしかねない)と考える外人が大半だろう。日本の行状を考えると外人相手に捕鯨の正当性を説得するのは絶望的である。

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

睡眠不足になる

再び地下鉄でThe London Paperを読む。

It'll change your tuna


The end of the lineという乱獲をテーマにした映画の紹介。
http://endoftheline.com/

2048年までに漁業が崩壊するという、サイエンスに掲載された論文は有名。(著者らは、まだ手遅れではないとしているが)

Impacts of biodiversity loss on ocean ecosystem services
Worm et al., Science 314: 787-790 (2006)

マグロを食うのが悪いわけじゃないが、日本人がマグロを食べるのを100日に一度に制限してもなお百万人を超える人間が毎日マグロを消費しているということになる。マグロだろうがウナギだろうがクジラだろうが何を食べてもいいけどね。そろそろ、それがどういう経緯で食卓に上っているのか、どういう結果をもたらすかを考える時期じゃないかね。IUUとかあるので。それにしてもルカはかわいいね。

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

大陸の思い出

Zeleny vinecek


チェコの民謡。ツーリングの記念に。
Iva Bittova による演奏

http://www.youtube.com/watch?v=0unoz7Im0Tk



Soundso

ドイツ語圏の思い出。
本家Wir sind Helden のライブ

http://www.youtube.com/watch?v=hmgs5FWtszM

地下鉄で読んだ記事

駅前で配っていた新聞の記事より。

Waitrose announces a ban on swordfish


Waitroseというのはスーパーマーケットチェーンかなにかだと思う。確かそんなのがどっかの駅の近くにあった。記事の大意は、このスーパーやイタリア料理チェーンの Carluccio'sがマグロの提供をやめる、というもの。新聞のサイトには関連記事がいくつかあった。

http://www.thelondonpaper.com/thelondonpaper/green/features/waitrose-removes-swordfish-and-carluccios-bans-net-caught-tuna

http://www.thelondonpaper.com/thelondonpaper/green/news/greenpeace-demands-uk-shops-sell-pole-and-line-caught-tuna

http://www.thelondonpaper.com/thelondonpaper/green/thelondonpapercom-launches-its-know-the-true-price-of-fish-campaign

乱獲で危機に瀕している種、現時点で持続的利用が望めない種の利用をやめるというのは賢明だろう。どのくらいフォロワーが現れ、支持が得られるかが成否の鍵か。

参考までに、水産資源管理の専門家の記事の一つを

「魚のいない海」という本が出ました
http://katukawa.com/2009/03/1003.html

世界中でマグロ資源が激減している。ヨーロッパウナギは、乱獲によって、絶滅危惧種になってしまった。これらの魚の大部分は、日本で消費された。つまり、我々、日本人が食べ尽くしてしまったのだ。
マグロやヨーロッパウナギの減少については、新聞やテレビなどのマスメディアでも、大きく取り上げられたが、聞こえてくるのは値段が高くなる心配ばかり。よその国の野生生物を、絶滅寸前まで、食べてしまった責任については、頭にないようである。日本人のせいで、フランスやスペインでは、ウナギをつかった昔ながらの郷土料理が食べられなくなってしまった。日本人の乱食による、食文化の破壊である。無自覚に他国の食文化を破壊するような日本の魚食を、文化と呼ぶことはできない。


勝川氏の話を裏付ける記事。確かに何の責任も感じていないようである。
2015年にはウナギが食べられなくなる?!
http://allabout.co.jp/career/worldnews/closeup/CU20071015A/index3.htm

それではどうしたらいいのでしょうか? やはり今のうちに十分楽しんでおくしかありません。EUは禁輸を発表しましたが、漁獲量の方も2013年までに60%削減すると発表しています。ということは、2013年を過ぎるとウナギがさらに供給量が減り、価格が高騰している可能性が高いでしょう。

結局のところ一般消費者に出来ることは、今のうちに存分に食べておくことだけしかないようにも思えます。悔いのないように、精一杯ウナギを食べておきましょう。「あの頃は良かった」と言わないためにも!


少し話は変わるが、ウィキペディアの記事。
http://ja.wikipedia.org/wiki/黄禹錫
wiki-p.jpg

国際社会からは、こういった学問的精神から遠くかけ離れた見当違いの政策が莫大な国家予算の無駄遣いを ... 批判されている

主要新聞等マスメディアが ... 民族意識を鼓舞していることにも一因があると考えられている。

メディアのナショナリズム扇動の体質に問題があると指摘している。これはつまり世論形成施策をおこなう政府機能に対し各メディア組織が完全に一体化しているということであり ... 民主化が虚像であることをも意味している。

伝統的なメディアの発信をうけ、インターネット上では ... いわゆる「ネチズン」がネット上の烏合の衆と化して世論を席巻した。この点からは、大衆とメディア関係者の科学全般にわたるリテラシーの低さが、このような騒動を拡大助長したといえる。


ここを読んで調査捕鯨のことを言っているのかと思ってしまった。温泉につかってすっかり気持ちよくなった猿みたいな顔して隣国のことを書いたんだろうが、それがそのまま日本に跳ね返ってくると微塵も想像してないあたり、底抜けの間抜け記事で永久保存の価値がある。

日本人は(イギリス人と違って)マグロが絶滅するか相当な強制力を持って禁止されるまでマグロを食べるのをやめないだろうし、それについて逆恨みはしても反省はしないだろうがね。捕鯨と同じで。 私は絶望している。

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

ロンドン自然史博物館

 ロンドンで仕事が始まる前に自然史博物館へ。海獣類の展示が充実しているのでとりあえずそこに集中しました。

Albert Memorial
写真1博物館へ行く途中、Kensington GardensのAlbert Memorial

RAH
写真2向いにあるロイヤルアルバートホール

NHMLondon
写真3自然史博物館内

CD
写真4ダーウィンが鎮座する

BRW
写真5(記憶が正しければ)Black Right Whale

Nikaku
写真6500頭に1頭の割合で二角のものがあらわれるようだ

fleet
写真7宇宙艦隊のようじゃ

brain
写真8シロナガスクジラと人間の脳

W
写真9これなにクジラだっけ?

GrayW
写真10Gray Whale

展示より 
クジラ類の知性について
 イルカの興味深い行動は紹介していましたが、"Brain structure alone is not necessarily a good guide to intelligence" "It is very hard to define 'intelligence' "とごく控えめに言われているだけ。博物館など、トップレベルの知性はべつに「クジラは頭がいい(から殺してはならない)」などとは言っていないわけです。

南極のシロナガスクジラについて
 "Scientists agree that the population would need at least 50 years to show signs of real recovery"
ミンククジラと競合しているとかそんなことはちっとも言われていない。もともとシロナガスは繁殖率が低いのだから捕鯨を止めたとたんにポピュレーションが回復するなんて事はあり得ないのですよ。

 標本の多くはストランディングしたものを利用しているそうです。「学術目的」で毎年大量に捕殺されているミンククジラの標本は日本にどれだけあるのでしょうか?

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。