3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

萌えるクジラ戦争

 某テレビ番組では「Whale Wars」などと呼ばれる捕鯨問題ですが、戦争は外交の延長線上にあるとするなら、まさに一種の戦争のモデルとも言えましょう。

戦争を始める理由はたったひとつ、金です。」 ?パオロ・マッツァリーノ

 名著「サルでも描けるまんが教室」に、未来では全ての文書に漫画が使われるという設定で、漫画化された離婚届や召集令状が描かれています。面白いのは召集令状に現代のスラングで言うところの「萌えキャラ」があしらわれており、それを受けとった相原氏は「ワシはお国のために戦争に行く」と竹やりを握りしめるのです。このシーンを描くのに特に深い考えはなかったと思いますが、これは戦争の一面をよく表しています。

 萌えキャラの利用は、大げさに言うなら宣伝扇動の一手法です。これは企業の製品の広告活動でも行なわれる普通の事ですが、戦争においても重要な意味を持ちます。国内に反戦運動を抱えたまま戦争を継続するのは困難なので、戦争に賛成する世論を作り上げる事は重要な課題であり、実際、現在戦争中のイスラエルでは親イスラエルの宣伝をするブロガーを募集しているようです。

 ナチスが映画や音楽を利用し、ある種の文学を弾圧したのが戦時の宣伝扇動の事例としてよく知られています。捕鯨禁止の国際的潮流に抗い、官僚利権を維持するために「捕鯨は文化」という言説が流布された日本で何がどのように宣伝され信じられているかは非常に興味深いものがあります。所詮広告屋の宣伝にすぎない捕鯨文化論は、史実と照らし合わせてみると非常にうすっぺらなものです。

捕鯨産業を称揚すべき書物の中でこのような見解を述べることが可能であった事実のほうが重要であろう。同書が刊行された時期の捕鯨をめぐる言説を支える構造が、こんにちのそれとは大きく異なることにこそ注目しなければならない。商業捕鯨モラトリアム実施以後の、わが国の捕鯨をめぐる言説は、かなり不自由なものに変質したといえる。


だがそれらは地域に密着した<文化>なのであって、これをただちに<日本の伝統的食文化>とするためには、かなりおおがかりな忘却のための装置が必要となる。なにを忘却するのか。なんのために忘却しなければならないのか。


捕鯨の近代 塩崎俊彦 神戸山手大学紀要 7: 13-21 (2005)
 より抜粋

 戦争に際して必要なものの一つは「おおがかりな忘却のための装置」でしょう(また逆に、戦争の記憶を忘却させるための装置も存在するだろう)。大本営にとっていろいろ都合の悪い事を忘れさせる、思い出させない、または本質をついた疑問を抱かせないために。

 ところで、国民は戦争に際して利害が一致しているのでしょうか。普通に生活していて、国籍が同じというだけで利害関係をともにするというのはむしろかなり珍しいのではないかと。政治家や省庁間さらに国民の間に常日頃存在する利害関係が戦争という「国難」の前に消えてなくなると夢想するなら、それはマヌケの一言につきます。部落差別は戦争中にも解消されていませんでしたし、挙国一致体制を作り上げたナチスにしろ大日本帝国にしろ、政府や軍の内部を検証すればそこに対立関係があった事がわかります。たとえ宇宙人が攻めて来ても、人類の敵は人類でしょう。

 水産庁としては海にいる生き物は全て水産庁の管轄としたいようで、それゆえみすみす縄張りを捨てるようなことはしたくないようです。天下り先の鯨類研究所を環境省の管轄に移すなどはもってのほか。このようにして天下り先を守るため、利権を守るため、国内/国外での闘争が開始されたのです。例えば国内では中曽根首相ですら調査捕鯨の捕獲枠削減に苦労したとか、外務官僚は実は調査捕鯨を快く思っていないとか、水産会社は捕鯨再開に冷淡であるとかの例が示すとおり、「日本政府主導の」調査捕鯨といっても「日本」は決して一枚岩ではないのです。

 日本では反捕鯨派は無視できるレベルの勢力しかありませんので相手にされていません(中枢に近い人間、例えば調査捕鯨に公然と反対する鯨類学者や関係者がどのような扱いを受ける事になるのかは知りませんが)。大本営が気にするのはむしろ、大多数の国民の鯨肉への無関心なのではないかと。

 (鮎川にある日本鯨類研究所のCさんによれば)鯨に興味のない人たちが増えているのが現実である。若い人たちに鯨の味を知ってもらうために月一回学校給食に鯨を提供している。子供たちに鯨をもっと食べてほしい。
http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~hosokawa/hogei2.html


「まあ反捕鯨運動なんて今に始まったことじゃないけど、
 普段はみんな鯨を食べる文化なんかすっかり忘れちゃってる癖に
 こういう時だけ『鯨は大切な日本の食文化』とかなんとか言ってマジギレすんだよな(笑)」

「ってか、日本が世界から文句つけられて、まともに反論することなんて捕鯨問題くらいでしょ(笑)」
http://nishidasaburou.iza.ne.jp/blog/day/20080118/


 どういうキャンペーンをやっているかはここで概観できますが、今度は萌えキャラつきのクジラの缶詰でも作るんじゃないでしょうか。
 
参考までに 赤の女王とお茶を より。

社会現象が自然現象と異なる点は、「人々が信じればある程度そうなってしまう」ことです。

現実がそのようなモデルだと人々が信じれば、人々はそのモデルに従って動きます。結果的に、正しいように見えてしまうことがあるのです。

が、それも短期間でのこと。

「あるある納豆」、あるいは精神論で戦った旧日本軍のようなもので、信心による効果はすぐに「現実」に押しつぶされるでしょう。経済現象は心だけで成り立つものではありませんからね。

スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

過去記事ちょっと訂正

お題「イルカは害獣か?」
以前にこのような事を書いたのですが、

イルカがイカ漁の邪魔になったりするという話はあるね
イルカが局地的に問題になる
 
この話はVOWに載っていた新聞記事の見出しを鵜呑みにしたものです。「イカ食うイルカ、イカしておけぬ。殺してイーカ?」とかいうやつ。2番目の記事にある、ネイチャーニュースで言われているのは、南アフリカでオットセイが漁業と競合しているという事だけであり、イルカの話は私が報道を鵜呑みにして付け加えたものです。クジラ害獣論は俗論とさんざん批判したつもりだったのですが、私自身にもまだまだ甘いところがありました。

 海獣は比較的大型なのと、呼吸のために一定の時間間隔で海面に浮上してくる性質のため、人間からみて目立ちやすい存在です。従って、漁師がイルカやクジラが不漁の原因という印象を持ったとしても、それが本当かどうかを調べるのは水産庁や鯨類研究所など、研究者の仕事です。「少年犯罪が/凶悪犯罪が/外国人犯罪が増加している」という印象を現代の日本人が抱いていたとしても、それが必ずしも現代日本の現実とは限らないのと同様です。

 ではイルカが害獣であり、それを間引く事で漁獲の改善が見込めるというような調査研究は存在するのか?少なくとも、2006年ごろにはそのような証拠は存在しなかったと言えます。なぜなら、水産庁の森下さんの論文でもそのような記述が見あたらないからです。

Multiple analysis of the whaling issue: Understanding the dispute by a matrix
Joji Morishita, Marine Policy 30: 802–808 (2006)

より、関連部分を抜粋すると

An emerging issue in the science of whales is the role of whales in the ecosystem. When stomach contents were analyzed as part of the scientific whaling programs, it was found that baleen whales eat a large amount of commercially important fish [7]. Clearly, when conservation requires a reduction in fishing effort or the number of fishing vessels in order to realize the recovery of fishery resources, we need to consider whether the consumption of these resources by whales undermines such efforts. Fisheries management organizations including the United Nations FAO are increasingly expressing the need for an ecosystem approach to fisheries management [8].


文献7と8は以下の通り。7については以前、根拠薄弱とコメントしました。

[7] Morishita J, Goodman D. Competition between fisheries and marine mammals―feeding marine mammals at the expense of food for humans. In: Proceedings of the Third World Fisheries Congress, 31 October–3 November 2000, Beijing, Reprinted in: A New Focus for the International Whaling Commission. Published by The Institute of Cetacean Research, Tokyo. 2001.
[8] Food and Agriculture Organization of the United Nations, Report of the Reykjavik Conference on responsible fisheries in the marine ecosystem, Reykjavik, Iceland, 2001; FAO Fisheries Report No. 658. Rome. Report of the 24th session of the Committee of Fisheries, FAO, para.39, 2001.


 調査捕鯨の目的の一つは、競合の「可能性」を検証する事であり、競合が実証されたとは一言も言っていません。もし、イルカとイカ漁が競合しているのが事実なら、捕鯨サークルにとって大変重要な理論的根拠になります。そのような研究は水産庁としても奨励するでしょうし、中立的、科学的な観点からみても生態系解明に寄与する意味のある研究です。海獣の漁業に対する影響を調査する事には何の政治的障壁もないと言えるでしょう(調査捕鯨の口実なのだから)。それにも関わらず、少なくとも森下さんがこの原稿を書いた時点ではイルカやクジラが害獣であることの証明はなかったと考えられます。

 一方で動物愛護団体IFAWのパンフレットでは、ミナミアフリカオットセイとメルルーサ漁の間に競合関係がある事を認めつつ、しかしながらオットセイの間引きがかえって漁獲減少につながる可能性を示唆した論文を引用して、海獣の間引きに疑問を呈しています。

The effects of future consumption by the cape fur seal on catches and catch rates of the cape hakes. 4. Modelling the biological interaction between Cape fur seals Arctocephalus pusillus pusillus and the Cape hakes Merluccius capensis and M. paradoxus.
Punt and Butterworth, South African Journal of Marine Science 16: 255-285 (1995)

 論文を書く場合一般に、自説に都合の悪い先行研究を無視するのは許されず、それについてなんらかの釈明なり難癖なりをつけなければなりません。一方で自説を補強するのに都合の良い論文や事例を引用するのは当然の事です。複数の専門家を擁する捕鯨サークルですら、海獣が害獣であり、間引きが必要であるという説を支持する事例を見つけられなかったのです。それどころか、クジラもイルカも漁業とは競合関係にないという研究結果すらネイチャーのニュースで紹介されているのは既に何度かご紹介した通り。

Whales cleared of competing with fishermen
Global study declares suggested culls are unnecessary.
Amanda Leigh Haag
Published online 20 July 2004 | Nature | doi:10.1038/news040719-7

 イルカの漁業被害の報道はありますが、間引き論が科学的にも正しいと言うためには、1)イルカが漁業と競合している事、2)間引きによって漁獲の改善が見込める事、の二つを示さなければなりません。しかし、捕鯨推進大本営が総力をあげても条件の1)すら示せていないのです。クジラやイルカが害獣である事を証明できないのは、要するに、そのような事実が存在しないからでしょう。

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

「正義を行なえば

世界の半分を怒らせる」 ?映画「紅い眼鏡」より。

イスラエル高官、ガザ住民を“ホロコースト”にすると脅す
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/863662/

Apes! Not Monkeys!経由で知ったのですが、イラン・パペという人。イスラエル建国の際の歴史的事実を追求して学会から「追放」されたらしい。さすが軍事国家。パペ氏は世界の半分を怒らせたわけです。

 この間まで軍事独裁政権だった韓国ですが(それと関係あるかどうか知りませんが)、BTJジャーナル2006年第2号に、韓国の幹細胞スキャンダル関連でこんなことが書いてありました。

なぜこのような事態が起こり得たかを考えると、まず研究チームの組織系統が軍隊に近かったという指摘がありますよね。共同研究者の間でまっとうな科学的議論はなされていなかったのでしょう。


 なんというか。命令に絶対服従というのは軍人の美徳なのかも知れませんが、研究者の美徳ではありません。しつけの行き届いた人、と皮肉を言われるか「御用学者」と呼ばれるだけです。「ラボヘッドは研究の大まかな方向性を指示はするけど、生のデータを直接観察するのは君しかいないんだから、君が全力で頭を使わないことにはどうしようもないだろう」と昔先輩に言われたのを思い出しました。

 政治が学問をゆがめる例といえば日本の捕鯨。イスラエルや旧ユーゴスラビアの様に殺し合いが起きているわけでもなければ、韓国の様に論文の捏造と誇大広告で患者をぬか喜びさせているわけでもない、調査名目の捕鯨に使われる税金は年5億円ほどで、これも国家予算全体から見れば大した額ではない、どこまでいってもちっちぇー話です。が、元々争う必然性のなかった捕鯨というジャンルで火のないところに火種を作り、日本の鯨類学の発展を停滞させている様を見ていると何か書かずにはいられないのです。

 お上が文化的価値観を創作して政治的に利用するカラクリを見ていると、どこも程度の差はあれ似たようなものと思ってしまいます。

ぼくたちが法学部政治学科で政治学を学んだのは、人が人を支配する仕組み、権力をつかむための方法を学ぶためだったといっていいでしょう!


 「野望の王国」の中の台詞です。これの原作者が雁谷哲氏と思うとなお一層味わい深い。というか、雁屋氏のような体制批判的な人すら取り込んでしまうくらい巧妙なカラクリであると絶賛すべきなのかも。

 ドイツ人が自分たちが世界で一番偉いと思うようになるのにも、その悪夢から覚めるのにも(歴史的には)大して時間がかからなかったのと同じように、「捕鯨は日本の文化」と広く信じられるようになったのにもそれほど時間はかかっていません。「民族対立」「宗教対立」と形容されるものは、実は、対立の本質ではないのでは。容易に解決できないものと思わせておくか、本当の理由を隠した方が得策とお上が判断しているのではないでしょうか。パオロ・マッツァリーノはこう言っています。「戦争を始める理由はたったひとつ、金です。

(さらに「お上」と言っても省庁内部や省庁間の対立があるはずなので、一枚岩ではなかろうが。)

合点がいった

これはすごい!

伝統・文化のタネあかし:これが教育基本法の改正か
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-1284.html

伝統は、お上に教えてもらうべきものなのか?


 千本秀樹ってどっかで聞いた名前だな?、2ちゃんねるの有名人をモデルに漫画を描いた人だっけ?とか思っていたらなんだ、身近にいた先生じゃないか。分野は違うし授業を受けたこともなけりゃ顔を見たこともないけど。部落差別とかを扱っている人ということで名前を聞いたことがあったんだ。

 メル・ギブソンプロデュースによる正しいマヤ文明をお気に召さない人びともいるようですが、個人的には「キル・ビル」を見て日本文化を再発見したこともあるので、クエンティン・タランティーノやメル・ギブソン監修の日本文化ならそれが正しいことにすればいいと思います。少なくともそっちの方が外人ウケはいいはず。

人間の感覚が時代による制約を受ける例としていくつか。
1)品格おじさんのベストセラーについてのコメント。
ブックオフめ!恨むぞよ
http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20070129#p1

そして脈絡はよくわからないまま(たぶん氏の美的感覚に照らして美しいから)田園が日本人情緒を生むので農業は保護というどうしょうもない提言が行われます.現在の日本の田園風景*8は戦後の産物です.日本人情緒がなくなった戦後に成立したものが日本人情緒の揺りかごというのはほとんど理解不能な思考法でしょう.食糧安保に意味がないのは拙著で繰り返し指摘しているのでおいときましょう.


 現在の農村風景が戦後に作られたものであるなら、時代劇などで知らず知らずのうちに印象づけられる「昔の風景」も虚構である可能性があります。このような誤解はよくあるもので、「昔の日本人」についてあまり知らない外人が描いた「Moon Princess (= かぐや姫)」の挿絵は非常に奇妙なものです(江戸時代っぽい服を着ている)。こうした歴史の再構築の過程で起こりうるマチガイは、化石動物の復元に際してどのような解釈の歴史があったかを解説してくれている「ワンダフル・ライフ」でも再認識できます。著者のグールド曰く、「科学にも一見無意識の偏見が存在する」。

2)体罰について。「すげい」にしても、記憶力のいい人だよ。
体罰容認発言の橋下知事は戦後の『間違った教育』の申し子?
http://blog.goo.ne.jp/lazybones9/e/c5b0d6cdc0157bedb0601f5df34beb31

3)「福丼県」という表記について
昭和を騒がせた漢字たち
http://yeemar.seesaa.net/article/88418852.html

われわれは、「あるべき日本語の表記」「漢字をどういうふうに書けばいいか」などという大きな議論をするとき、百年後も通用するような不変の論拠に立って論じているつもりでいます。でも、本書を読むと、どの時代にも通用すると思って語っていることが、じつは、まさにその時代だからこそ出てくる意見であることに気づきます。遠い将来を見通したつもりで決定した国語政策が、何年か経つともう見直しを迫られるというのも、われわれが(または役所の人々が)時代の制約を離れてことばを見つめることがむずかしいためでしょう。


4)上岡龍太郎 憲法九条を語る

http://www.youtube.com/watch?v=6aQQz2TzckI
 話の中身ではない。1987年には、トーク番組での喫煙が当たり前だったことの方が今では新鮮な感覚だ。

5)昔の雑誌の文通欄などには本名と住所がばっちり載っているため、エスパー清田の住所もわかる(「UFOと宇宙」ユニバース出版 1980年6月号)。今は匿名性を重んじるため、ペンネーム:ミカエル、27歳、会社員、石川県みたいな表記しかされていないと思う。

ふと思い出したのがこれ。

地域に根ざした食育コンクール2007
http://www.e-kujira.or.jp/topic/eve/08/0126/index.html

まさか南極でとれたクジラなんか食わせたんじゃないだろうな。

千本先生のホームページより

1年生にいつも話すことは「すべてを疑う」ということ。常識だ、あたりまえだと思い込んでいたことが、そうとも限らないと気づいた時の喜びを味わってほしい。大学での勉強と、生き生きとした人生は、そこから始まります。


 捕鯨については思い当たるフシがあります。あれこそ官製文化の典型ですね。お上としては正しい日本文化ということにしたいのでしょう。わずかな期間で「捕鯨は日本の文化」という意識を広範に定着させたのは大成功です。ここで官製文化普及のためのキャンペーンを概観できます。

参考として、非国民通信の記事も。
日本は米国じゃないよ
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/922fa77a7ce80cf8fe8ad0fb0da607d2

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

陰謀大好き

『21世紀の食糧問題と海の役割』
sohmeikanto.upper.jp/umezaki.pdf

 水産大学校同窓会のサイトにこのような講演記録があります。いやーもう梅崎大先生の講演ですよ。突っ込みどころ満載の。まともなことも言っているはずなんだが突っ込みどころの方が記憶に残ってしまうのです。

調査捕鯨に関しては日本人の中でも非常に誤解があります。「無理やり商業捕鯨が禁止になったんで抜け道をみつけた」と思っている日本人が多いんです。反捕鯨国は「日本はIWCの決定に反対して、調査捕鯨をしている、調査と言いながら取れた肉を市場で堂々と売っている」こう言うんです。こういわれると欧米人の95%は信じ込みます。しかしこれは事実でありますが違法ではありません。


 このあとおなじみの国際捕鯨取締条約第8条の話になるのですが、科学でもなんでも合法というのは当然満たすべき条件で、その上でその目的や手法の妥当性と成果が問われるのですが。「合法だ」と言って説得力が増す研究調査なんて聞いたことがないぞ。

ちょうど8 年前、私の友人が素晴らしい資料を送ってくれたんですよ。Excective Inteligence Review(EIR)というアメリカでは中堅の月刊誌ですが、それに1981 年に載った論文を送ってくれたんです。長い論文です。「環境保護主義者たちの陰謀の断面」というタイトルの論文。私の友人は「これ以外に『The Rockefeller file』とい本も出ている、フリーのジャーナリストのゲイリー・アレンさんという人が書いた、それも読んだほうがいい、もしなかったら送る」と書いて来たんですが、アレンの本は一生懸命探したら、あったんです。日本語訳が、『ロックフェラー帝国の陰謀』、と言う書名で売られていました。この二つを読み合せたら謎が解けたんですね。ゾ?ッとしました。捕鯨をはじめ、いろんな野生動物の禁止を決めたのはアメリカの東部エスタブリッシメントといわれる、いわゆる政財界の指導者たちです。捕鯨禁止とか環境保護運動は、この人たちの「自己防衛のための世界戦略」と書いてあるんです。


 私もゾ?ッとしました。「ロックフェラー帝国の陰謀」はアマゾンでも手に入りますが、レビューや商品説明とかでもうお腹いっぱい。Part2の内容はこんなんだそうです。

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、これまで日本の学者やジャーナリストがほとんど手をつけてこなかった欧米世界の未知の領域―CFR(外交問題評議会)とその背後にある億万長者の秘密組織がいかに我々に知られることなく国家権力を掌握し、我々の生命と財産を共産主義と全体主義の脅威にさらしてきたかという問題―を大胆に紹介し、我々を平和と秩序の名において恐怖と暗黒の世界にひきずりこもうとする“地獄の軍団”の野望を具体的に明らかにしている。


 シーシェパードも地獄の軍団かなんかですか。鯨類研究所はとんでもない連中を相手に戦っているため、鯨類研究所のトップページも攻撃色に彩られてもはや何の研究所なんだかわからなくなっているのです。南極でシーシェパードと戦うのが目的なのか?さて梅崎大先生の講演に戻りましょう。

この人たちは、肉食民族というのは魚食民族と違って、10 年、30 年、50 年、100 年の単位で物事を考える、と言われています。ですからこの人たちが動物保護、環境保護の面で有色人国家の経済の成長をおさえたい、潰したい、と考えるのは当然です。


 いやぁ、どこから突っ込めばいいのか。お笑いのセンスのある人なら色々いじれるでしょうが、順番に行きます。「肉食民族」「魚食民族」。実に香ばしいキーワードです。念のためgoogle scholarとGeNiiで検索をかけましたが、勿論正確な定義のある言葉ではありません。通常の検索では「魚食民族」でこんなところがヒットしてきます(またこの人か)。比較のために非国民通信の記事を紹介するだけで私は満足です。

そんなことよりカレー食おうぜ
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/05b976f5abd4e31b570d3f3a55008bbc

 「肉食民族」(いわゆる白人とかアングロサクソンとか呼ばれる人たちのことをさすスラング)は10年、100年の単位でものを考えるそうですが、文脈からみて「魚食民族(=日本人)」は「肉食民族」より短いスパンで物事を考えるということになります。なるほど、クジラや魚の乱獲を続ければ100年後にどうなるか想像できない人たちということであるなら、現実ともマッチしています(魚食大国ノルウェーの漁業管理はうまく行っているそうですが)。そしてまたおなじみの有色人種と白人の対立の話です。

 梅崎先生は、反捕鯨運動はベトナム戦争批判をかわすための陰謀、という説で名を馳せた人ですが、この話が何の根拠もないというのはあんまり知られていないようです。

 真面目な論文では商業捕鯨停止への経緯を論じる過程でベトナム戦争云々なんて話は出てきません。
真田康弘氏による「米国捕鯨政策の転換」
http://www.research.kobe-u.ac.jp/gsics-publication/jics/sanada_14-3.pdf

 わかりやすい解説と陰謀論への極めて常識的な突っ込みはここ。
やる夫で学ぶ近代捕鯨史?番外編?
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/aa4.htm

 今年も地獄の軍団の手先として反捕鯨の怪文書をばらまいていきたいと思います。君も地獄の軍団の手先に な ら な い か ?

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad