3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕鯨に関する資料集 

今後、適宜加筆修正していく予定です。

§1自然科学分野
§1-1 調査捕鯨の科学的評価について~捕鯨国ノルウェーのIWC科学委員ですらその意義を説明できない
調査捕鯨の議論は科学の殿堂であるネイチャー、サイエンス誌上でも行なわれてきた。
The case for scientific whaling
Nagasaki, Nature 344: 189 (1990)
http://adsabs.harvard.edu/abs/1990Natur.344..189N

Problems of 'scientific' whaling
de la Mare, Nature 345: 771 (1990)
http://www.nature.com/articles/doi:10.1038%2F345771a0

An open letter to the government of Japan on "scientific whaling"
Briand et al., New York Times, May 20 (2002)

Japan's senior whale scientist responds to New York Times advertisement
Ohsumi, The Institute of Cetacean Research (2002)

Scientists versus whaling: Science, advocacy, and errors of judgment
Aron et al., BioScience 52: 1137 (2002)
http://bioscience.oxfordjournals.org/content/52/12/1137.full

Whaling as Science
Clapham et al., BioScience 53: 210 (2003)
http://bioscience.oxfordjournals.org/content/53/3/210.full

Japan’s whaling plan under scrutiny
Gales et al., Nature 435: 883 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15959491

Answering the critics of Japanese whale research
Hatanaka, Nature 436: 912 (2005)
http://www.nature.com/nature/journal/v436/n7053/full/436912c.html

It’s not just poor science – Japan’s ‘‘scientific’’ whaling may be a human health risk too
Parsons et al., Mar Pollut Bull 52: 1118 (2006)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16828120

ノルウェーのIWC科学委員ワロー氏の決定的証言。捕鯨賛成派の彼ですら科学調査目的でクジラを大量捕殺する必然性を説明できない&調査捕鯨の根拠である国際捕鯨取締条約第8条が想定していた捕獲数は10頭未満。
Killing whales for science?
Morell, Science 316: 532 (2007)
http://science.sciencemag.org/content/316/5824/532

調査捕鯨を行なう日本政府の目的は商業捕鯨再開でなく、調査捕鯨自体の永続化であると考えられる。
An alternative explanation of Japan's whaling diplomacy in the post-moratorium era
Ishii & Okubo, Journal of International Wildlife Law and Policy 10: 55 (2007)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13880290701229911?journalCode=uwlp20#.Vwm8lBzrfiA

色々弁護してくれるワロー氏ですら日本の捕鯨計画の全てに賛成しているわけでもなければ全てを理解しているわけでもない。そして説明責任を負うはずの水産庁や鯨研の責任者は裁判の場にはあらわれず。

クジラコンプレックス 捕鯨裁判の勝者はだれか
石井敦、真田康弘 東京書籍 (2015)

国際裁判の判決後に日本が出してきた新しい捕鯨計画(NEWREP-A)についても科学者の評価はこのようなもの。
Proposed Research Plan for New Scientific Whale Research Program in the Antarctic Ocean (NEWREP-A)
The Government of Japan
http://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/pdf/newrep--a.pdf

Whaling permits: Japan's whaling is unscientific
Brierley & Clapham, Nature 529: 283 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26791711

Research data: Japan justifies whaling stance
Morishita, Nature 531: 35 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26935687

Opposition of the international scientific community to the government of Japan lethal whale "research" program in antarctica "NEWREP-A"
http://icb.org.ar/scientists_on_newrepA_eng.html

総じて、調査捕鯨の評価は専門家の間でほぼ一致しており、科学的意義があると考えている第三者的専門家はいないということがわかる。§2-3に示したMorishita (2006)とClapham et al. (2007)も参照。

・捕殺は必要か?~非侵襲的調査法開発が野生動物研究の常識
殺して胃の中身を調べるだけしか能がないわけではない。
A DNA-based method for identification of krill species and its application to analysing the diet of marine vertebrate predators
Jarman et al., Mol Ecol 11: 2679 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12453250

Group-specific polymerase chain reaction for DNA-based analysis of species diversity and identity in dietary samples
Jarman et al., Mol Ecol 13: 1313 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15078466

Quantitative fatty acid signature analysis: a new method of estimating predator diets
Iverson et al., Ecological Monographs 74: 211 (2004)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/02-4105/abstract

年齢の推定についてもこのような手法が開発されている。
Epigenetic estimation of age in humpback whales
Polanowski et al., Molecular Ecology Resources 14: 976 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/1755-0998.12247/abstract

§1-2 鯨類の推定個体数と保護
Whales before whaling in the North Atlantic
Roman & Palumbi., Science 301: 508 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12881568

Modelling the past and future of whales and whaling
Baker & Clapham, Trends Ecol Evol 19: 365 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16701287

Marine mammal populations: Reconstructing historical abundances at the global scale
Christensen, Fisheries Centre Research Reports 14(9) (2006)
https://open.library.ubc.ca/cIRcle/collections/ubccommunityandpartnerspublicati/37052/items/1.0074757

Determining spatial and temporal scales for the management of cetaceans: Lessons from whaling
Clapham et al., Mar Mammal Sci 24: 183 (2008)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.2007.00175.x/abstract

§1-3 クジラと漁業の競合(いわゆる鯨食害論)について~クジラを減らしても魚は増えない
そもそも鯨類と漁業が競合しているとか、鯨類を減らすことで漁獲が増えるとか言っている論文を見たことがない。
Do large whales have an impact on commercial fishing in the South Pacific Ocean?
Young, Journal of International Wildlife Law and Policy 3 (2000)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13880290009353963#.VwnIrRzrfiA

魚を一番消費しているのは魚
Must top predators be culled for the sake of fisheries?
Yodzis, Trends Ecol Evol 16: 78 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11165705
152-1.png

Fishery management and culling
Corkeron, Science 306: 1891 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15597432

Should whales be culled to increase fishery yield?
Gerber et al., Science 323: 880 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19213900

Marine mammal impacts in exploited ecosystems: would large scale culling benefit fisheries?
Morissette et al., PLoS One 7: e43966 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22970153

Whales sustain fisheries: blue whales stimulate primary production in the Southern Ocean
Lavery et al., Mar Mammal Sci 30: 888 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/mms.12108/abstract;jsessionid=05121C6ED9921BDEBBD1609263627FB5.f04t04

Morissetteらによる下の2つでは、北西アフリカやカリブ海などで鯨食害論が唱えられているという(ヒゲクジラ類はカリブ海でほとんど摂餌しないのに)。日本はアフリカやカリブ諸国にIWC票買いの金をバラまくだけでなく、ニセ科学も輸出しているのか?
Ecosystem models clarify the trophic role of whales off Northwest Africa
Morissette et al., Mar Ecol Prog Ser 404: 289 (2010)
http://www.int-res.com/abstracts/meps/v404/p289-302/

‘Whales eat fish’? Demystifying the myth in the Caribbean marine ecosystem
Morissette et al., Fish Fish 11: 388 (2010)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1467-2979.2010.00366.x/abstract

Africa fish fall blamed on Japan
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7470934.stm

Dan Goodman, a councillor to Japan's Institute of Cetacean Research which manages the nation's scientific whaling programme, said Japan had never said that whales were the cause of declining fish stocks.



WWF survey on attitudes towards commercial whaling in the Caribbean and the Pacific
World Wildlife Fund (2006)
http://assets.panda.org/downloads/wwfresearchsurveycommercialwhaling.pdf

・魚を減らしているのは人間である。
Fishing down marine food webs
Pauly et al., Science 279: 860 (1998)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9452385

Historical overfishing and the recent collapse of coastal ecosystems
Jackson et al., Science 293: 629 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11474098

Towards sustainability in world fisheries
Pauly et al., Nature 418: 689 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12167876

The future for fisheries
Pauly et al., Science 302: 1359 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14631031

Rapid worldwide depletion of predatory fish communities
Myers & Worm, Nature 423: 280 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12748640

Impacts of biodiversity loss on ocean ecosystem services
Worm et al., Science 314: 787 (2006)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17082450

Rebuilding global fisheries
Worm et al., Science 325: 578 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19644114 解説:http://katukawa.com/?p=2195

The unique ecology of human predators
Darimont et al., Science 349: 858 (2015) 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26293961

§1-4 ミンクーシロナガス競合説について~鯨食害論の変種
増加している小型クジラが他の希少種クジラと競合しているとIWCの場で日本が主張したが、それを支持する査読付き論文はこれまた見当たらない。

いくつかの国はシロナガスクジラの保護回復計画を策定しているが、これらの中にミンククジラを間引くなどという話は出てこない。
Recovery plan for the blue whale
Reeves et al., NOAA (1998)
http://www.nmfs.noaa.gov/pr/pdfs/recovery/whale_blue.pdf

Conservation management plan for the blue whale
Department of the environment, Australian government
http://www.environment.gov.au/biodiversity/threatened/publications/recovery/blue-whale-conservation-management-plan

Recovery strategy for the blue whale (Balaenoptera musculus), Northwest Atlantic Population, in Canada
Fisheries and Oceans, Canada (2009)
http://www.sararegistry.gc.ca/virtual_sara/files/plans/rs_blue_whale_nw_atlantic_pop_0210_e.pdf

ミンクーシロナガス競合説がどういう評価を受けているかは以下の3報参照。
Observations of blue whales feeding in Antarctic waters
Corkeron et al., Polar Biol 22: 213 (1999)
http://link.springer.com/article/10.1007/s003000050412#page-1

Baleen whales: conservation issues and the status of the most endangered populations
Clapham et al., Mammal Review 29: 37 (1999)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1365-2907.1999.00035.x/abstract

Whaling: Will the Phoenix rise again?
Holt, Mar Pollut Bull 54: 1081 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17597163

以下の2つは、捕鯨で大型鯨類が減ったためオキアミが増え、それを餌とするクロミンク異常増殖してシロナガスの餌を奪っているという話が成り立たないことを示している。オキアミ余剰→クロミンク増加説を否定するもの(Ruegg et al., 2009)と、クジラが減っても南極のオキアミに顕著な増加は見られないという話(Lee et al., 2010)。
Are Antarctic minke whales unusually abundant because of 20th century whaling?
Ruegg et al., Mol Ecol 19: 281 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20025655

Long-term relationships between the marine environment, krill and salps in the Southern Ocean.
Lee et al., J Mar Biol (2010)
http://www.hindawi.com/journals/jmb/2010/410129/

これなんかみるとクロミンクが大型ヒゲクジラとオキアミを奪い合っているとは思えん。
Feeding rates and under-ice foraging strategies of the smallest lunge filter feeder, the Antarctic minke whale (Balaenoptera bonaerensis)
Friedlaender et al., J Exp Biol 217: 2851 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25122916

§1-5 日本の沿岸捕鯨について~とてもじゃないが誇れるものではない
日本市場に流通する鯨肉には密輸や密猟の可能性を示すものが混ざっている。
Which whales are hunted? A molecular genetic approach to monitoring whaling
Baker & Palumbi, Science 265: 1538 (1994)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17801528

Molecular genetic identification of whale and dolphin products from commercial markets in Korea and Japan
Baker et al., Mol Ecol 5: 671 (1996)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-294X.1996.tb00362.x/abstract

統計の不透明性が指摘されている。
Examination of the reliability of catch statistics in the Japanese coastal sperm whale fishery
Kasuya, Journal of Cetacean Research and Management 1: 109 (1999)
http://eurekamag.com/research/010/628/010628450.php

下の2つはミンククジラJストック(主に日本海にいる系群で絶滅のおそれがある)の肉が日本でかなり流通していることを報告。
Predicted decline of protected whales based on molecular genetic monitoring of Japanese and Korean markets
Baker et al., Proc R Soc Lond B 267: 1191 (2000)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1690661/

High proportion of protected minke whales sold on Japanese markets due to illegal, unreported or unregulated exploitation
Lukoschek et al., Animal Conservation 12: 385 (2009)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1795.2009.00302.x/abstract

Jストックの保護は日本と韓国の対応にかかっている。2001年に法改正で混獲鯨肉販売が合法化されると、日本の混獲が増えた(法改正以前にはヤミ鯨肉として流通していたことを示している)。
The rise of commercial ‘by-catch whaling’ in Japan and Korea
Lukoschek et al., Animal Conservation 12: 398 (2009)
http://onlinelibrary.wiley.com/store/10.1111/j.1469-1795.2009.00313.x/asset/j.1469-1795.2009.00313.x.pdf?v=1&t=imu0xk6y&s=efd579d1741971c5d1c74450b5912c4aad7af5ed
152-2.png

・イルカ猟について~持続可能なものではない
IWCが管理する鯨種というのは明確には定義されていないので、「IWC管理対象外」というのは日本政府の主張に過ぎない(解体新書「捕鯨論争」参照)。 
ハクジラ類はヒゲクジラ類よりも複雑な社会性をもつため、RMPのような捕鯨管理方式は確立していない。

イルカ猟の対象とされてきたスジイルカは日本周辺で激減している。
レッドリスト:スジイルカ
http://www.iucnredlist.org/details/20731/0

Relatively few striped dolphins (about 19,631; CV = 70%) were present in the nearshore waters off Japan (Kasuya 1999). In the coastal portion of this range, the population has probably been depleted by directed takes (Kasuya 1999); however, questions of population identity remain (IWC 1994).


スジイルカは温帯の海に広く生息しているので地球全体では豊富だが、日本沿岸のグループは激減している。今後予想される気候変動の影響を考えるならば、種内の遺伝的多様性の保全は必須であり、他所にいるから日本で保護しなくてよいなどという話は通用しない。人間に例えるなら、先住民や少数民族を皆殺しにしてその言語や文化を消滅させるようなものである。

Review of the biology and exploitation of striped dolphins in Japan
Kasuya, Journal of Cetacean Research and Management 1: 81 (1999)
http://nmbl.org/cgi-bin/koha/opac-detail.pl?biblionumber=183332&shelfbrowse_itemnumber=183788

伊豆のイルカ猟は資源壊滅で自滅。
Japanese whaling and other cetacean fisheries
Kasuya, Env Sci Pollut Res 14: 39 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17352127

専門家はイルカ猟が持続可能なものでないことを指摘している。
Letter to Japanese government regarding dolphin and small whale hunts
The society for marine mammals (2012)
https://www.marinemammalscience.org/letters/letter-to-japanese-government-regarding-dolphin-and-small-whale-hunts/

Toward sustainable management of small cetacean fisheries around Japan
Okamura et al., Fisheries Science 74: 718 (2008)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1444-2906.2008.01582.x/abstract

§1-6 鯨類の生態展示について(今後整理追加予定)
Animal cognition. Are dolphins too smart for captivity?
Grimm, Science 332: 526 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21700854

Dolphin research: Continue captivity
Menard, Science 332: 1501 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21700854

Scientists clash over lifespan of captive killer whales
Callaway, Nature 531: 426 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27008948

§2人文社会科学分野
§2-1 日本は捕鯨の優等生か?
漁業資源管理の劣等生日本。捕鯨だけは例外的に優秀だったのか?
1960年代から日本の捕鯨を見続けてきた研究者の回顧。
Cetacean biology and conservation: A Japanese scientist’s perspective spanning 46 years
Kasuya, Mar Mammal Sci 24: 749 (2008)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.2008.00230.x/abstract

水産庁にスジイルカを保護する気は全くなかった。

Shortly after this, in the mid-1970s, I met a project leader at the Whaling Section of the Fisheries Agency. I explained my understanding of the importance of the species to the fishermen, the estimated population trends, and the need to reduce the catch of striped dolphins. He kindly listened to my opinion as a university scientist, and responded simply by stating the following: “You do not need to worry about the situation because the fishermen will find some other items to fish if striped dolphins disappear because of over-fishing.” If he was serious, the Agency or at least the Whaling Section clearly had no intention of managing the dolphin hunt.


科学的確実性を争っている間に手遅れになる、というよくあるパターンです。

The IWC Scientific Committee first reviewed the status of the Japanese striped dolphin fishery and expressed its concern in 1975, and repeated it thereafter, but then it suspended judgments on the abundance trend or on sustainability of the catch till 1992. The reason for their reticence included questions about stock identity, the method of analysis, and the statistical power to detect the declining trend. I do not disagree with these criticisms, but it should be remembered that fishery data are always noisy and that it will be too late when such noisy data finally demonstrate the depletion beyond doubt.


統計的不確実性をわざと作り出して議論を引き延ばそうとしているようにしか見えませんな。

Since 2001 Japan has refused to participate in the Sub-committee on Small Cetaceans of the IWC, has stopped presenting information on the status of its exploited stocks of small cetaceans, and refuses comments on these stocks produced by the Scientific Committee. Such a situation is likely to result in further management failure for the eight small cetacean species being exploited by Japan including the striped dolphin.



・鯨体完全利用神話~宗教でないならデータを示せ
鯨油だけを目的に鯨を乱獲した欧米と鯨体を完全利用してきた日本という対比はよく見られるが、統計的根拠を示したものは見たことがない。結論を言えばこれは不適切な比較というものだろう。江戸時代の沿岸捕鯨と近現代の外洋捕鯨という条件が複数異なるものを、日本と西欧の違いに見せかける詐術である。江戸時代の鯨体を陸に引き上げる捕鯨形式なら、当時の社会産業構造とも相まって鯨体はほぼ完全に利用されたであろうが、近代以降の外洋捕鯨となると話は別になる。野生動物を狩猟する捕鯨は肥育にコストがかからないため、鯨体を余す所なく利用しようとする動機もなくなる(逆に、肥育にコストをかける畜産では畜体をできるだけ利用しようとする動機が生まれる。クジラは捨てる所がないという俗論もあるが、他の家畜の利用率と比較した上でそれを論じているのも見たことがないし、後述する東洋捕鯨株式会社鮫事業場焼き打ち事件の原因の一つはクジラの血で海が汚れることだった)。商品価値の高い部分を選択して船倉に入れて持ち帰るのは当然だ。クジラ1頭をまるまる持ち帰るよりも、クジラを2頭殺して商品価値の高い部位だけを持ち帰った方が儲けが多いなら誰でも当然そうするということ。

南極海の捕鯨生産統計や鯨肉食をめぐる言説をみた論文。
捕鯨の近代
塩崎俊彦 神戸山手大学紀要 7: 13 (2005)
152-3.png

徳見光三著「長州捕鯨考」(1957刊、1971再刊)という本より下記を引用し、

===============================
 世界の捕鯨業の発達はその鯨油を採取するということを先ず第一の目標として来たもので、わが国の捕鯨事業もこのことのみが重要目標で、その肉の食用化ということが一般に普及し始めたのは余程後年のことで、「江戸みやげ」という本に記された鯨肉食用の記事は遠く慶長にさかのぼるものといわれているが、実際に一般の食用に供されるようになったのはそれから更にずっと後世になってからであり、その赤肉がいまのように市中で販売され、一般の嗜好にも投じるようになった歴史は非常に浅いものである。
(略)
 従って、それが関西方面で早くも重要食品として取り上げられていたのに反して、関東方面ではこれが食用とされていたのはまことに微々たるものであり、殊に、鯨赤肉の生食などは全く関西方面においてさえ捕鯨浦付近を除いては自らその範囲も限られていた。これがいまのように大量に、広い範囲に利用消費され重要食品と見られるようになったのはここ四、五十年から前のことで、そのもっとも進出したのは終戦以後の食料不足に際してであるとさえいわれている。
===============================


このようにコメントしている。

捕鯨産業を称揚すべき書物の中でこのような見解を述べることが可能であった事実のほうが重要であろう。同書が刊行された時期の捕鯨をめぐる言説を支える構造が、こんにちのそれとは大きく異なることにこそ注目しなければならない。商業捕鯨モラトリアム実施以後の、わが国の捕鯨をめぐる言説は、かなり不自由なものに変質したといえる。


だがそれらは地域に密着した<文化>なのであって、これをただちに<日本の伝統的食文化>とするためには、かなりおおがかりな忘却のための装置が必要となる。なにを忘却するのか。なんのために忘却しなければならないのか。


われわれが鯨肉食についてイメージしているのは、いまはここにないが、かつてはそこにあったはずのものに対するノスタルジアである。しかし、いまここにないものが、かつて必ずそこに存在していたと証拠立てるためには、忘却の底に沈みかけている記憶を召還しなければならない。だが、ここに試みられた素描に従えば、かつてそこにあったはずのものは、<伝統>という名の忘却装置によって仮構された霧の中にしか姿を見せることはない。



・世界にたった一頭の種間雑種個体!実に貴重な味だ!~#26食肉化事件
Genetic tracking of a protected whale
Cipriano & Palumbi, Nature 397: 307 (1999)
http://www.nature.com/nature/journal/v397/n6717/full/397307a0.html

・ウホッうまそうなクジラ!俺は違法鯨肉でも気にせず食っちゃう男なんだぜ~シエラ号事件
シエラ号事件はこの本が詳しい。
ザ・クジラ
原剛 文眞堂 (1983)

Catches of fin whales in the North Atlantic by the M.V. Sierra (and associated vessels)
Best, Rep Int Whal Commn 42: 697 (1992)

・日本の捕鯨~その捕獲記録改竄の歴史
日本沿岸捕鯨の興亡 
近藤勲 山洋社 (2001)

True catch statistics for a Japanese whaling company in 1965–78
Kondo & Kasuya, IWC SC/54/O13 (2002)

What's the catch? Validity of whaling data for Japanese catches of sperm whales in the North Pacific
Ivashchenko & Clapham, R Soc Open Sci 2: 150177 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26587276

§2-2 捕鯨文化論について~対立を維持するために「文化の違い」という説明が作られる
前出のIshii & Okubo (2007)で論じられているが、捕鯨を日本文化と結びつける言説は、商業捕鯨停止提案直後にはあらわれず、数年のタイムラグをおいてあらわれている。これは鯨肉が日本人のタンパク源だから重要であるという(効果を上げられなかった)宣伝の代わりに、捕鯨を日本の伝統文化とする宣伝が行なわれたため。
152-4.png

・反捕鯨=キリスト教?~宗教が違うから相手を理解しなくても良いという差別
前の文化論とも関連するが、捕鯨反対運動をキリスト教的価値観と説明する俗論もある。しかし所詮は俗論で、「ぼくのかんがえたきりすときょう」以上のものではなく、学術的論証も存在しない。文化論とも関連するが、文化宗教民族といったものの違いが対立の原因なのではなく、対立を煽り正当化するためにこれらの違いがあたかも本質であるかのように喧伝されるのだという一般的な教訓は得られるだろう。

【「キリスト教は反捕鯨」というデマ】岸本元さんによる資料精査と考察
http://togetter.com/li/621856

捕鯨反対はキリスト教と関係ありません
http://togetter.com/li/618445

・クジラと日本人~食べるだけでない多様な関わり
東洋捕鯨株式会社鮫事業場焼き打ち事件(クジラ捕殺を禁忌とする漁民がクジラの血で海を汚す捕鯨事業場にぶち切れた事件の顛末)の詳細がや捕鯨文化論への詳細な批判的考察がなされている本。
捕鯨問題の歴史社会学 
渡邊洋之 東信堂 (2006)

『八戸浦”くじら事件”と漁民』に見る、漁民から見た捕鯨
http://togetter.com/li/837408

鯨供養碑と仔鯨殺しに見る日本人のクジラ観の多様性
http://togetter.com/li/977982

欧米でクジラが神聖視されるというが、日本国内でのあまりに現実と乖離したクジラ観・捕鯨観の方がよっぽど異常である。

§2-3 米国がベトナム戦争への批判をかわすために捕鯨反対運動を仕組んだという珍説
ジャーナリストの梅崎義人氏が言い出しっぺだが、公文書に基づく証明もなければ学術的検証に耐えるシロモノでもない。

水産庁の森下氏は論文の中で、米国政府がベトナム戦争への批判をかわすために捕鯨問題を持ち出したと広く信じられていると書いているが。
Multiple analysis of the whaling issue: Understanding the dispute by a matrix
Morishita, Marine Policy 30: 802 (2006)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X0600008X

当然ながら森下論文の根拠薄弱さに突っ込みが入る。
The whaling issue: Conservation, confusion, and casuistry
Clapham et al., Marine Policy 31: 314 (2007)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X06000984

米国の捕鯨政策の変遷を精査した論文でも、ベトナム戦争との関連を疑う理由のないことは論じられている。
米国捕鯨政策の転換 
真田康弘 国際協力論集14(3): 139 (2006)

検証:クジラと陰謀
http://togetter.com/li/942852

いろんな意味で「The Cove」を超えた〝トンデモ竜田揚げプロパガンダ映画〟「Behind the Cove」の真っ赤な嘘
http://togetter.com/li/941637



Appendix 上記以外の資料
§1-1 調査捕鯨
Why Japan supports whaling
Hirata, Journal of International Wildlife and Policy 8:129 (2005)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13880290590965276

殺さずとも解明可能「科学目的」に疑問
粕谷俊雄 毎日新聞2005年10月3日

国際捕鯨規制の科学と政治 ― 日本の捕鯨外交の再検討に向けて ―
大久保彩子 海洋政策研究 4: 35 (2007)

Is Japan’s whaling humane?
Gales et al., Marine Policy 32: 408 (2008)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X0700098X

科学的調査捕鯨の系譜:国際捕鯨取締条約第8条の起源と運用を巡って
真田康弘 環境情報科学論文集22: 363 (2008)

Contesting global norms: Politics of identity in Japanese pro-whaling countermobilization
Blok, Global Environmental Politics 8:2, (2008)
http://muse.jhu.edu/journals/global_environmental_politics/summary/v008/8.2.blok.html

Warning for diplomats over misuse of science
Gilbert, Nature doi:10.1038/news.2009.539 (2009)
http://www.nature.com/news/2009/090603/full/news.2009.539.html

Reconsidering the science of scientific whaling
Corkeron, Mar Ecol Prog Ser 375: 305 (2009)
http://www.int-res.com/abstracts/meps/v375/p305-309/

Science should not be abandoned in a bid to resolve whaling disputes
Cooke et al., Biol Lett 5: 614 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2781966/

Real research or sham science? A review of Japan's scientific whaling
Robertson, Eureca 1: 43 (2010)
http://ejournals.library.ualberta.ca/index.php/eureka/article/view/7630

Genetic evidence of illegal trade in protected whales links Japan with the US and South Korea
Baker et al., Biol Lett 6: 647 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2936163/

Scientific justification for animal capture
Cooke et al., Science 344: 692 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24833375

Court slams Japan’s scientific whaling
Morell, Science 344: 22 (2014)
http://science.sciencemag.org/content/344/6179/22

Whaling review: No case for Japan to kill minke whales
Brierley, Nature 520: 157 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25855443

Calling it ‘a waste of time,’ researchers call for end to scientific whaling reviews
http://www.sciencemag.org/news/2016/01/whaling-reviews

調査捕鯨の数少ない論文だが、その後の科学委員会の検証により皮脂厚の減少傾向は証明できていないとされた(「クジラコンプレックス」参照)。
Decline in energy storage in the Antarctic minke whale (Balaenoptera bonaerensis) in the Southern Ocean
Konishi et al., Polar Biol 31: 1509 (2008)

・捕殺調査と非捕殺調査(追加予定)

§1-2 鯨類保護など
モラトリアム導入と南極海調査捕鯨開始以前にすでに捕鯨の基本的あり方を問う重要な指摘を和田一雄氏がしていた。
鯨類における資源管理 
大隅清治 哺乳類科学 第28・29合併号 p39 1974年6月

鯨類資源管理理論に関するコメント 
和田一雄 哺乳類科学 第28・29合併号 p47 1974年6月

資源管理、日本の研究条件の問題点
「資本というものは、きわめて冷酷な性質をもっているので、資本は昔から資源を大切にしてきた経験を持ち合わせていないようです(庄司東助、1970)」、また「MSYが国際会議に出て来るのは何か妥協のための線が必要な時に便利なためで、妥協の産物である(福田嘉男、1970)」という発言にもあるように、このことはクジラ類の資源管理についてもいえることで、その歴史は絶滅の歴史だとはよくいわれることである。


[オットセイの海上猟獲禁止措置にふれた上で] 
 捕鯨業はこれと異なった事情にあった。第2次世界大戦前もそうだったが、戦後政府の手厚い保護の下に急激に拡大した大洋、日水など大手水産会社による捕鯨業は、第2水産庁などといわれる大日本水産会を通した自己の利益擁護の下に展開した。
 2年に1頭しか出産しないクジラ類を年間数万頭も捕っていては絶滅にいたることは、MSYなどとややこしいことをいわなくても、はじめから分かっていた。


1972年の国連環境会議による捕鯨10カ年凍結: [モラトリアムは感情論であるという日本側の意見に対し] 世界の世論はナガスクジラなど大型クジラ捕鯨を根本的に考えなおすべきである、同時に、クジラ類の研究体制を強化せよという点にある。 [略] おそまきながら、オットセイの海上猟獲の時に通用した常識が、クジラにも適用されたことをよろこびたい。「公海漁業自由の原則」という幻を打ち破るためにも(絶滅寸前まで追い込まれたオットセイの轍をふんだことを悲しむべきか)。そして社会・経済的要素をも含めた本当の意味の資源管理の原則をうちたてる努力がなされるべきである。



Demography of the endangered North Atlantic right whale
Fujiwara & Caswell, Nature 414: 537 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11734852

Sequential megafaunal collapse in the North Pacific Ocean: An ongoing legacy of industrial whaling?
Springera et al., Proc Natl Acad Sci USA 100: 12223 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14526101

Do the Largest Protected Areas Conserve Whales or Whalers?
Gerber et al., Science 307: 525 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15681370

Urgent need for empirical research into whaling and whale watching
Higham & Lusseau, Conservation Biology 21: 554 (2007)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1523-1739.2006.00580.x/abstract

Endangered North Atlantic right whales (Eubalaena glacialis) experience repeated, concurrent exposure to multiple environmental neurotoxins produced by marine algae
Doucette et al., Environ Res 112: 67 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22018895

Marine mammals as ecosystem sentinels
Moore, Journal of Mammalogy, 89: 534 (2008)
http://www.mammalsociety.org/articles/marine-mammals-ecosystem-sentinels

How few whales were there after whaling? Inference from contemporary mtDNA diversity
Jackson et al., Mol Ecol 17: 236 (2008)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17892467

Marine mammals as sentinel species for oceans and human health
Bossart et al., Vet Pathol 48: 676 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21160025

The status of the world's land and marine mammals: Diversity, threat, and knowledge
Schipper et al., Science 322: 225 (2008)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18845749

Biologically threatened dolphins and whales
Di Guardo et al., Environ Microbiol 13: 2833 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21883802

Contaminants in cetaceans from UK waters: Status as assessed within the Cetacean Strandings Investigation Programme from 1990 to 2008
Law et al., Mar Pollut Bull 64: 1485 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22698668

No mass strandings since sonar ban
Fernández et al., Nature 497: 317 (2013)
http://www.nature.com/nature/journal/v497/n7449/full/497317d.html

Abundance and distribution of sperm whales in the Canary Islands: Can sperm whales in the Archipelago sustain the current level of ship-strike mortalities?
Fais et al., PLoS One 11: e0150660 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26999791

Ship noise extends to frequencies used for echolocation by endangered killer whales
Veirs et al., PeerJ 4: e1657 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27004149

An integrated approach to historical population assessment of the great whales: case of the New Zealand southern right whale
Jackson et al., R Soc Open Sci 3: 150669 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27069657

Modulation in persistent organic pollutant concentration and profile by prey availability and reproductive status in Southern Resident killer whale scat samples
Lundin et al., Environ Sci Technol (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27186642

・鯨類の生態や生態系での役割など~鯨類バイオマス減少の影響を考える
Bigger is better: the role of whales as detritus in marine ecosystems
Smith. In: Estes et al., (Eds). Whales, Whaling, and Ocean Ecosystems
Berkeley, CA: University of California Press. (2007)
https://www.soest.hawaii.edu/oceanography/faculty/csmith/Files/Smith-%20Bigger%20is%20Better.pdf

The impact of whaling on the ocean carbon cycle: Why bigger was better
Pershinget al., PLoS One 5: e12444 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2928761/

Bones as biofuel: A review of whale bone composition with implications for deep-sea biology and palaeoanthropology
Higgs et al., Proc Biol Sci 278: 9 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20702457

Three-year investigations into sperm whale-fall ecosystems in Japan
Fujiwara et al., Marine Ecology 28: 219 (2007)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1439-0485.2007.00150.x/abstract

Whales as marine ecosystem engineers
Roman et al., Front Ecol Environ doi:10.1890/130220 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/130220/full

・その他鯨類学関連
Complete mitochondrial genome phylogeographic analysis of killer whales (Orcinus orca) indicates multiple species
Morin et al., Genome Res 20: 908 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20413674

Out of the Pacific and back again: insights into the matrilineal history of Pacific killer whale ecotypes
Foote et al., PLoS One 6: e24980 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21949818

Gene flow on ice: the role of sea ice and whaling in shaping Holarctic genetic diversity and population differentiation in bowhead whales (Balaena mysticetus)
Alter et al., Ecol Evol 2: 2895 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23170222

Network-based diffusion analysis reveals cultural transmission of lobtail feeding in humpback whales
Allen et al., Science 340: 485 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23620054

What influences the worldwide genetic structure of sperm whales (Physeter macrocephalus)?
Alexander et al., Mol Ecol (2016) [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27037911

§1-3 鯨食害論について
鯨類の消費する魚介が人類の数倍であると見積もった大元。
Regional assessments of prey consumption by marine cetaceans in the world
Tamura & Ohsumi, SC/52/E6 (2000)
http://www.icrwhale.org/pdf/SC-52-E6.pdf

クジラと漁業の競合を主張する文書としてこういうのがあるらしい。
Increasing competition between fisheries and whales
Japan’s whale research in the Western North Pacific (JARPN II). Fisheries Agency (2001)

Whales cleared of competing with fishermen
Nature doi:10.1038/news040719-7 (2004)
http://www.nature.com/news/2004/040719/full/news040719-7.html

Mapping world-wide distributions of marine mammal species using a relative environmental suitability (RES) model
Kaschner et al., Mar Ecol Prog Ser 316: 285- (2006)
http://www.int-res.com/abstracts/meps/v316/p285-310/

・海洋生態系
Marine ecosystem sensitivity to climate change
Smith et al., BioScience 49: 393 (1999)
http://bioscience.oxfordjournals.org/content/49/5/393.full

Catastrophic shifts in ecosystems
Scheffer et al., Nature 413: 591 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11595939

The impact of climate change on the world’s marine ecosystems
Hoegh-Guldberg & Bruno, Science 328: 1523 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20558709

Biodiversity loss and its impact on humanity
Cardinale et al., Nature 486: 59 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22678280

Towards end-to-end models for investigating the effects of climate and fishing in marine ecosystems
Travers et al., Progress in Oceanography 75: 751 (2007)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0079661107001425

単一種を限られた海域で保護するよりも、どのように生態系全体を守るかが重要なのだ。
Trade-offs between fisheries and the conservation of ecosystem function are defined by management strategy
Brown & Mumby, Front Ecol Environ 12: 324 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/130296/abstract

§1-4 ミンクーシロナガス競合説
Long-term decline in krill stock and increase in salps within the Southern Ocean
Atkinson et al., Nature 432: 100 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15525989

Consideration of multispecies interactions in the Antarctic: A preliminary model of the minke whale - blue whale - krill interaction
Mori & Butterworth, Afr J mar Sci 26: 245 (2004)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.2989/18142320409504060#.Vxm0xSijMUQ

A first step towards modelling the krill–predator dynamics of the Antarctic ecosystem
Mori & Butterworth, CCAMLR Science 13: 217 (2006)
https://www.ccamlr.org/fr/system/files/science_journal_papers/11mori-butterworth.pdf

§1-5 沿岸捕鯨
・日本以外
In the market for minke whales
Palumbi, Nature 447: 267 (2007)
http://www.nature.com/nature/journal/v447/n7142/full/447267a.html

Cetacean by-catch in the Korean Peninsula―by chance or by design?
MacMillan & Han, Hum Ecol 39: 757 (2011)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10745-011-9429-4

Molecular identification of small cetacean samples from Peruvian fish markets
Tzika et al., Conserv Genet 11: 2207 (2010)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10592-010-0106-8

・イルカ猟~個体数減少についてなど
Threatened mammals affected by human exploitation of the female-offspring bond
Oldfield, Conservetion biology 2: 260 (1988)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1523-1739.1988.tb00183.x/abstract

Status review of small cetacean species targeted by direct hunts in Japan
Baulch & Perry, SC/65a/SM12rev (2013)
https://iwc.int/sc65adocs

捕獲割当と実際の捕獲数を比べてみた。
Review of data available on the Dall’s porpoise (Phocoenoides dalli) in Japanese waters
Baulch & Perry, SC/65a/SM11 (2013)
https://iwc.int/sc65adocs
152-5.png

・鯨肉の水銀汚染について~日本
Human health significance of organochlorine and mercury contaminants in Japanese whale meat
Simmonds et al., J Toxicol Environ Health A 65: 1211 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12167206

Mercury and selenium concentrations in the internal organs of toothed whales and dolphins marketed for human consumption in Japan
Endo et al., Sci Total Environ 300: 15 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12685467

Renal toxicity in rats after oral administration of mercury-contaminated boiled whale livers marketed for human consumption
Endo et al., Arch Environ Contam Toxicol 44: 412 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12712303

Contamination by mercury and cadmium in the cetacean products from Japanese market
Endo et al., Chemosphere 54: 1653 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14675844

Total mercury, methylmercury, and selenium levels in the red meat of small cetaceans sold for human consumption in Japan
Endo et al., Environ Sci Technol 39: 5703 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16124305

High mercury levels in hair samples from residents of Taiji, a Japanese whaling town
Endo & Haraguchi, Mar Pollut Bull 60: 743 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20045122

Stable isotope ratios and mercury levels in red meat products from baleen whales sold in Japanese markets
Endo et al., Ecotoxicol Environ Saf 79: 35 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22364843

・鯨肉の水銀汚染について~フェロー諸島
Cognitive deficit in 7-year-old children with prenatal exposure to methylmercury
Grandjean et al., Neurotoxicol Teratol 19: 417 (1997)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9392777

Cardiac autonomic activity in methylmercury neurotoxicity: 14-year follow-up of a Faroese birth cohort
Grandjean et al., J Pediatr 144: 169 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14760255

Delayed brainstem auditory evoked potential latencies in 14-year-old children exposed to methylmercury
Murata et al., J Pediatr 144: 177 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14760257

Methylmercury exposure and adverse cardiovascular effects in Faroese whaling men
Choi et al., Environ Health Perspect 117: 367 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19337510

・鯨肉の汚染について~その他 鯨類に限らず海獣に汚染(水銀以外ではPOPs、ドウモイ酸、ブルセラ菌など)が蓄積しているという報告は多数ある。
Persistent organochlorines in minke whale (Balaenoptera acutorostrata) and their prey species from the Antarctic and the North Pacific
Aono et al., Environ Pollut 98: 81 (1997)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15093347

Butyltin contamination in marine mammals from North Pacific and Asian coastal waters
Tanabe et al., Environmental Science & Technology 32 (1998)
http://pubs.acs.org/doi/pdfplus/10.1021/es970543h

Maternal seafood diet, methyl mercury exposure, and neonatal neurologic function
Steuerwald et al., J Pediatr 136: 599 (2000)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10802490

High PCB concentrations in free-ranging Pacific killer whales, Orcinus orca: Effects of age, sex and dietary preference
Ross et al., Mar Pollut Bull 40: 504 (2000)
https://www.nwfsc.noaa.gov/research/divisions/cb/ecosystem/marinemammal/kwworkshops/preypubs/pcbpacifickw.pdf

数少ない調査捕鯨の成果はブルセラ菌の汚染を示すものだった(下のOhishi et al., 2003)。前掲のParsonsら (2006)は以下のように述べている。

The Japanese ‘‘scientific’’ whaling programme has produced very few peer-reviewed articles (Gales et al., 2005), so it is ironic when data published in one of these articles are overlooked, or perhaps wilfully ignored, by the Japanese government.


Pathological and serological evidence of Brucella-infection in baleen whales (Mysticeti) in the western North Pacific
Ohishi et al., Comp Immun Microbiol Infect Dis 26: 125 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12493493

Increased prenatal exposure to methylmercury does not affect the risk of Parkinson’s disease
Petersen et al., Neurotoxicology 29: 591 (2008)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18550173

Mercury toxicity in beluga whale lymphocytes: Limited effects of selenium protection
Frouin et al., Aquat Toxicol 109: 185 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22018916

Polybrominated diphenyl ethers (PBDEs) in marine mammals from Arctic and North Atlantic regions, 1986–2009
Rotander et al., Environ Int 40: 102 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21802148

PCB pollution continues to impact populations of orcas and other dolphins in European waters
Sci Rep 6: 18573 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4725908/

・水銀の影響についての概説
Mercury Update: Impact on Fish Advisories
EPA-823-F-01-011 EPA 2001
https://www.purdue.edu/hhs/nutr/fish4health/HealthRisks/Mercury.pdf

Neurotoxic mechanisms of fish-borne methylmercury
Aschner et al., Environ Toxicol Pharmacol 12: 101 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21782629

Silent latency periods in methylmercury poisoning and in neurodegenerative disease.
Weiss et al., Environ Health Perspect 110 suppl 5: 851 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12426145

Low dose mercury toxicity and human health
Zahir et al., Environ Toxicol Pharmacol 20: 351 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21783611

§1-6 生態展示を続けるか?(まだまだ未整理状態)
Survivorship patterns in three species of captive cetaceans
Demaster & Drevenak, Mar Mammal Sci 4: 297 (1988)
https://swfsc.noaa.gov/publications/CR/1988/8822.PDF

Acclimation to captivity: a quantitative estimate based on survival of bottlenose dolphins and California sea lions
Small & DeMaster, Mar Mammal Sci 2: 510 (1995)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.1995.tb00674.x/abstract

Survival of five species of captive marine mammals
Small & DeMaster, Mar Mammal Sci 2: 209 (1995)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.1995.tb00519.x/abstract

Marine mammal captivity in the Northeastern Caribbean, with notes on the rehabilitation of stranded whales, dolphins, and manatees
Mignucci-Giannoni, Caribbean Journal of Science 34: 191 (1998)
http://manatipr.org/wp-content/uploads/2010/01/MigCapt98CJS.pdf

Mirror self-recognition in the bottlenose dolphin: A case of cognitive convergence
Reiss & Marino, Proc Natl Acad Sci USA 98: 5937 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC33317/

Culture in whales and dolphins
Rendell & Whitehead, Behav Brain Sci 24: 309 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11530544

Stress in mammals: the potential influence of fishery-induced stress on dolphins in the eastern tropical pacific ocean
Curry, (2002)
https://swfsc.noaa.gov/publications/TM/SWFSC/NOAA-TM-NMFS-SWFSC-260.PDF

Culture and conservation of non-humans with reference to whales and dolphins: review and new directions
Whitehead et al., Biological Conservation 120: 427 (2004)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006320704001338

The global trade in live cetaceans: Implications for conservation
Fisher & Reeves, Journal of International Wildlife Law & Policy 8: 315 (2005)
http://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/13880290500343624

The potential stress effects of whaling operations and the welfare implications for hunted cetaceans
Maas, IWC/55/WK19
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download;jsessionid=1032A3635BDCE565B579E20EF05112F4?doi=10.1.1.199.8666&rep=rep1&type=pdf

Dolphin social intelligence: Complex alliance relationships in bottlenose dolphins and a consideration of selective environments for extreme brain size evolution in mammals
Connor, Phil Trans R Soc B 362: 587 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2346519/

Cetaceans have complex brains for complex cognition
Marino et al., PLoS Biol. 5: e139 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1868071/

Total number and volume of Von Economo neurons in the cerebral cortex of cetaceans
Butti et al., J Comp Neurol 515: 243 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19412956

In contrast to many other mammals, cetaceans have relatively small hippocampi that appear to lack adult neurogenesis
Patzke et al., Brain Struct Funct 220: 361 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24178679

§2-1 日本の捕鯨
近世日本における捕鯨漁場の地域的集中の形成過程
末田智樹 岡山大学経済学会雑誌 40: 49 (2009)

明治期における長崎県の捕鯨業―網取り式からノルウェー式へ―
片岡千賀之、亀田和彦 長崎大学水産学部研究報告 93: 79 (2012)
スポンサーサイト

我らをめぐるプラスチックの海

 プラスチック文明が引き起こすプラスチック汚染の環境と人間への影響について、調査と対策が必要です。

Silent spring in the ocean
Worm, Proc Natl Acad Sci USA 112: 11752 (2015)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26330606
 カーソンが「沈黙の春」を著した当時はDDTが有害とは全く思われていなかったのと同じように、無害と思われていたプラスチックがゴミとして思いもよらぬ影響をもたらしていることを訴える論文です。プラスチックゴミの海鳥への影響(消化管閉塞とゴミによる物理的拘束)のほか、微小プラスチック片特有の他の汚染物質との複合汚染も解説されています。問題解決のために、環境中へ放出されるプラスチックの量を減らすことの緊急性を指摘しています。

Marine plastic debris emits a keystone infochemical for olfactory foraging seabirds
Savoca et al., Sci Adv 2: e1600395 (2016)
http://advances.sciencemag.org/content/2/11/e1600395
 多くの海鳥がプラスチックを誤食する理由のひとつに、プラスチック上に生えた藻類により、オキアミと同じ臭いをプラゴミが発するようになるからという研究が発表されました。餌を探すのに臭いを手がかりとしている動物は海鳥だけでないので、こうした他の動物にも同じことが言えるのではないかと著者らは推論しています。

Bottles, bags, ropes and toothbrushes: the struggle to track ocean plastics
Cressey, Nature 536: 263 (2016)
http://www.nature.com/news/bottles-bags-ropes-and-toothbrushes-the-struggle-to-track-ocean-plastics-1.20432
 ネイチャーのニュース記事では、大きさが1ミリより小さいマイクロプラスチックの由来(多くは大型プラスチックの劣化などによる破砕)とともに、海に流れ込むプラスチックの見積もりと、実際の観察から見積もられたプラスチックの量には大きな隔たりがあり、行方不明となっているプラスチックが相当量あることが指摘されています。そして、微小プラスチックの問題について、証拠をこれ以上待つよりも、いま行動を起こさなければならないという研究者の合意があることを伝えています。

また、映画もあります。
A Plastic Ocean (2016)
http://www.plasticoceans.org/film/index.html
 サーファー兼ジャーナリスト兼映画製作者のリーソンが、海にあるプラスチックゴミの量に衝撃を受けて制作された映画。「もし我々が行いを改めなければ、2050年には魚よりもプラスチックの方が多くなっているかもしれません。」

プラスチック汚染の概説と対策はLiらが概説しています。
Plastic waste in the marine environment: A review of sources, occurrence and effects
Li et al., Sci Total Environ 566-567: 333 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27232963
01li et al
 海のプラスチックゴミの8割は陸上由来、2割は漁業活動など人間の海洋での活動によるものです。これらのゴミが直接的もしくは間接的に海鳥、海獣、ウミガメなどの生存を脅かすメカニズムを概説した上で、法規制による汚染の防止を筆頭に、プラスチック業界の責任や消費者の注意喚起という解決策を提示しています。

小さいサイズのプラスチック片が残留性有機汚染物質の運び屋になることはda Costaらが概説しています。
(Nano)plastics in the environment – Sources, fates and effects
da Costa et al., Sci Total Environ 566-567: 15 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27213666
02 da costa03 da costa04 da costa
 「ナノプラスチック」「マイクロプラスチック」に統一された定義があるわけではありませんが、これらの微小プラスチックは相対的に表面積が大きく、残留性有機汚染物質(POPs)と化学的親和性が高いこともあり、生物への影響が懸念されています。環境中のナノプラスチックの挙動はほとんど不明ですが、ナノサイズのプラスチックは細胞の中へ入ってくること(Salvati et al., 2011)、メダカでは脳血関門を通過すること(Kashiwada, 2006)は、ナノプラスチックに意外な毒性がある可能性を示唆するものです。また、生分解性をうたうプラスチックの中には、実のところ分解されない微小片が残るものがあり、これが微小プラスチックゴミとしてより多くの問題を引き起こすことを指摘しています。
 (論文中では触れられていませんが、プラスチックを多く生産消費する陸上でも、場所によっては(工場とか)大気中に飛散したナノプラスチックが高濃度になっており、健康に影響している可能性があるのではないかと思いました。)

Environmentally relevant concentrations of microplastic particles influence larval fish ecology
Lönnstedt & Eklöv, Science 352: 1213 (2016)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27257256
 サイエンスに掲載された論文では、マイクロプラスチックはヨーロピアンパーチの稚魚の生存率を下げることが示されました。
(2017.5.7追記 この論文は不正行為の疑いにより撤回された
http://science.sciencemag.org/content/early/2017/05/03/science.aan5763

 海に流れ出したプラスチックゴミは海洋生物の生存を脅かし、それが人間にも影響してくるであろうことが容易く予想されます。冒頭でWormが指摘していたとおり、カーソンが提示した問題は存在しつづけ、より重大になってきています。

 対策としては、プラスチックを自然環境中にこれ以上放出しないための制度作りが肝要です。

A Canadian policy framework to mitigate plastic marine pollution
Pettipas et al., Marine Policy 68: 117 (2016)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X16300665
 プラスチック汚染を軽減するための大まかな施策として以下の4つが挙げられています。1)法整備とゴミ管理、2)教育啓発と知識の普及、3)汚染源の同定、4)モニタリングと調査。

クジラ害獣論のプロトタイプ?

こんな本を読みました。

ジビエを食べれば「害獣」は減るのか 和田一雄 八坂書房 2013

 図書館で見かけたとき、著者の名前に思い当たるものが。1970年代に日本の捕鯨政策の抱える基本的な問題をすでに指摘(鯨類資源管理理論に関するコメント 哺乳類科学 第28・29合併号 1974年)していた動物学者で、その論文では所属が京大霊長研とあったので霊長類学者だと思っていましたが、本書を見ると海獣を含む様々な哺乳類を研究してきた人でした。この本の中では色々なことが論じられているのですが、著者の和田さんが海獣研究の過程で経験した水産庁の態度があまりにもすごいのでその辺を中心にメモ。

国有林や公有林では一応形式的にも国民の意見を反映させる場を設定している。海では所有権もないのに、したがって資本投下も必要とせずに莫大な漁業資源を漁協傘下の漁家が漁獲し、利益を得る。海の資源に関して国民の意見を反映させる機会はほとんど用意されていない。なぜこのような資源の利用形態が出来上がったのだろうかという素朴な疑問が頭から離れずに居座ったままである。 (p3)



 ロヴィーンの「沈黙の海」を読むと、漁業は洋の東西を問わず似たような問題を抱えているようです。養殖でない限り「魚を育てる」ことに注意を払う必要が長らくなかったのが一つの原因ではないかと思います。漁獲されるマグロがどんどん小さくなっていくという話を聞きますが、日本に限らず、過剰漁獲により大型魚種が次々と姿を消し、獲物が小型化していく現象は広くみられています(Pauly et al., Science 279: 860 (1998))。

[1960年代のオットセイの捕獲調査について] 水産庁は、とれたオットセイの毛皮を日露毛皮株式会社に引き渡す契約を取り交わしているので、捕獲数が少ないとなぜ獲らないのかと問い合わせてきた。 (p178)


[オットセイの保護について] その過程で、唯一日本がオットセイの海上猟獲を主張した。一九六〇年代のことだ。私達オットセイ研究室員が水産庁に呼び出されて、海上猟獲に有利になるような資料を取れ、との命令を受けたことがあったが、そんな資料は取れるわけがないので、みんな黙して何も言わなかった。国際会議では水産庁の官僚が日本では海上猟獲の可能性を探る調査をすると述べた。それを私達がやるのだが、特にそんな観察資料が出るはずもない。こうした時期に水産庁のオットセイ害獣論が出た。当時まだ、日本では北洋でサケ・マスの流し網を操業していたので、その網を船に上げるときオットセイがまとわりついて見事にサケを食べていく。これでは食害が多すぎて漁業が成り立たないので、ある程度のオットセイを海上猟獲すべきだという主張だ。
 しかし、国際的に認められるはずもなく、害獣論は消えた。なぜ、水産庁はこんなにまでオットセイの海上猟獲にこだわるのか、には当時理由があった。公海漁業自由の原則と称して、世界中の海に進出していた大漁業会社の利益に奉仕するためだ。そのような〝自由〟も、一九九四年に日本でも発効した国連海洋法条約によって世界から認められなくなった。 (p189-190)


 鯨食害論の原型はここにあったのか!?というか官僚のやることって本当に前例を踏襲することなんだな。なんだか昆虫の本能行動を見ているかのような感覚すら覚えます。○○を知りたいから専門家に調査研究を依頼するというのは普通だと思いますが、結論が××であるような調査研究結果をもってこいというのは(論文の捏造ではよくある話だが)普通とは言えません。調査捕鯨についても下のような鯨類学者の証言があります。

私は80年代に水産庁に在籍し、調査捕鯨計画の立案にかかわった。その際、我々に与えられた条件は「経費をまかなえる頭数を捕鯨でき、しかも短期では終わらない調査内容の策定」だった。今では、法の網をくぐるような調査捕鯨の発足に手を貸したのは、うかつだったと悔やんでいる。
(殺さずとも解明可能 「科学目的」に疑問 - 帝京科学大教授・粕谷俊雄氏 毎日新聞 2005年10月3日)


 このオットセイ害獣論がメジャー化しなかった一方で、鯨食害論が現在もしぶとく残っているのはのはなぜなのか。クジラについては外国との対立を煽るような宣伝が大成功したからでしょうか。

海に棲む動物はすべて水産庁傘下にあるとして、他の官庁は関係を持ち得なかった。そして水産庁の目的はいかにして水産動物を資源として利用するかにあり、保護・保全はその目的に含まれていない。 (p196)


[ゼニガタアザラシの保護について] 私達がゼニガタの文化財指定を目指したことについては理由があった。一九七三年八月に私達は水産庁野生動物担当の海洋漁業部国際課(旧海洋一課)をたずね、そこの係官にゼニガタの保護の可能性について質問した。答はこうだった。「産業的にほとんど意味のないアザラシ猟にまで手は回らない。海に生息する動物は原則的に自由に捕獲すべきもので、規制をかけるべきではない。ゼニガタは現在漁業資源ではないけれども、将来資源になるかも知れず潜在的資源として扱っている。あなた方が心配されるなら、科学的資料をそろえて道庁の水産関係の部局に相談してみたらどうか。そこからわが課に案件が上がってきたら、対応しましょう。ゼニガタに一定の規制を設けるなどについては許可しないかもしれません」。
 これでは水産庁のゼニガタ保護政策に期待することは非現実的であると誰もが考えるだろう。 (p204)


 スジイルカ保護についての水産庁のコメントとよく似ています。“You do not need to worry about the situation because the fishermen will find some other items to fish if striped dolphins disappear because of over-fishing.” (Kasuya, Mar Mammal Sci 24: 749 (2008))。オットセイやアザラシの研究を通じて水産庁の態度を間近に見ていたからこそ、捕鯨についても本質を捉えることが出来たのでしょう。このアザラシとイルカの話は70年代のことですが、今でも水産庁は資源保護に積極的なようにはみえません。

トドの餌になる魚の管理は水産庁所管で、その背後には水産業会が控えている。トドや他の水産動物の関係まで含めた資源管理などという発想は業界、それを背景にした水産庁からは出てこない。これまでの魚の取りすぎは市場の論理に従った結果なのだ。資本とは最大の利潤を追求するのが使命だとするとこれまでのやり方の後追いしかできない。魚類は海の中の生物的諸関係の循環の中で動いているので、かれらの個体群動態も同様な関係の中にある。それゆえ、資源として魚を利用するときの管理は市場の論理ではなく、魚類の個体群動態に従って人間の利用できる範囲が決められる、自然の論理に従う必要がある。漁獲したあとの流通は市場にゆだねられる。このような流れを作るためには、官僚と資源管理研究とが対等の立場で、政策決定、政策実行に携わることが求められる。 (p6-7)


学問の相対的独立性を重視した体制を作り、せっかちに結果を求めるのではなく、長期的な視点に沿って野生動物と人間の生産活動の調整に資するような、創造的な調査・研究が出来る環境整備が必要である。
 このように袋小路に入り込んでいる資源管理を正しい方向に向かわせるにはどうしたらよいのかは明らかだ。世論に訴えることしかない。 (p8)


陸も海も自然を長期的視点で利用するには、官僚を野放しにすることのないように、政府とは独立した科学者の常設委員会を作り、そこが政府に勧告することが必要だ。そしてそれを政府が尊重して、実行に移す社会的な流れを作ることが緊急に求められている。 (p274)


 解決策として、広範な関係者の間での情報共有と発信、社会や行政への働きかけなどとともに、独立性の強い科学委員会の設置が提案されています。これは「クジラコンプレックス」で言われている国会直属の科学技術評価局の設置や、「解体新書『捕鯨論争』」のオンブズマン型研究とも符合します。捕鯨に関する科学の議論を顧みるならば、調査捕鯨はその科学的意義の無さから10年以上前に廃止されていてもおかしくはありませんでした。その調査捕鯨が30年近く存続しているのは、記者クラブ制度により国内報道は日本側の大本営発表を垂れ流すだけで、科学論文としてあらわれる調査捕鯨への重層的な批判を遮断してきたことが主な原因の一つだと思います。しかしもし仮に、メディアが垂れ流す以外の情報を「科学技術評価局」が提供していたなら、捕鯨議論の状況は変わっていたかもしれません。もちろん、原発の運用はどうなっているのかなどを考えると、「科学技術評価局」が大本営発表を追認するだけの組織になってしまうおそれもあるわけですが。実際、本書でも以下のようなくだりがあります。

[長野五輪に際して] すでに一九八七年には岩菅山に新しい滑降コースを新設することが計画の中に盛り込まれた。従って調査委員会はコース新設が適当だというお墨付きを提出することを委ねられた。地元の自治体、大学教授で固めた委員会では見え見えの手続きだ。そして一九八九年には調査委員会はコース設定が適当であるという内容の答申をした。私としてもこのような動きを黙って見ているわけにはゆかない。 (p80)


 ただやはり、科学的な要求に基づいて、腰の重い行政に変革を働きかける何かしらの機関は必要ではなかろうかと思います。

科学憲兵はこういうのを取り締まらない

アズキさんの語る『調査捕鯨の過去と未来』
http://togetter.com/li/370166

んで、ミンク鯨は現在資源量が60~70万頭に回復してると言われ、年間1000頭の捕獲では群れが減ったりしてない。どころか、南氷洋サンクチュアリなどでナガスやザトウなど他のクジラの餌場を浸食し始めており、それらの絶滅危惧種の繁殖を阻害している可能性が調査捕鯨の結果指摘されてる。
https://twitter.com/azukiglg/status/244702630771847168


日本が南極で無駄に捕殺しているクロミンククジラの推定個体数は30〜40万である。大本営発表ではかつての見積もりである76万という数字がいつまでも使われているようだが。
151-01.png
図の出典:
Marine Mammal Populations: Reconstructing Historical Abundances at the Global Scale
Christensen, Fisheries Centre Research Reports, vol. 14, no. 9 (2006).

そして「ミンクーナガス」「ミンクーザトウ」競合説というのは初めて見た。一部でよく知られているミンクーシロナガス競合説に科学的と呼べるほどの根拠はないし、調査捕鯨の結果に基づいて出された説というわけでもない。前にも書いたが。↓こういうのを読めばわかるわけですが。

Recovery plan for the blue whale
NOAA (1998)

Baleen whales: conservation issues and the status of the most endangered populations
Clapham et al., Mammal Review 29: 37- (1999)

Whaling: Will the Phoenix rise again?
Holt, Marine Pollution Bulletin 54: 1081– (2007)

Are Antarctic minke whales unusually abundant because of 20th century whaling?
Ruegg et al., Mol Ecol 19:281- (2010)

よく、調査捕鯨=クジラの頭数のカウントのためだけなら、捕殺の必要はなく背びれを数えればいいだけだ、という主張を見かけるけど、調査捕鯨っていうのは「商業捕鯨をしても資源総量が枯渇しないようにするには、どの程度までなら採って大丈夫か?」を調査する、というものでもある。
https://twitter.com/azukiglg/status/244702874158903296


捕獲可能数の算出はRMPの計算で十分であり、実行して立証する必要はない。そもそもこんなことは大本営発表にすら書かれていないネットの俗論である。

また、捕獲した鯨が何を食べているか?などの調査は、胃の内容物を調べなければならないため生体調査ができない。調査捕鯨が始まるまで回遊生態も、回遊地で何を餌にしていたかもはっきりしていなかった(例えばミンクは赤道付近と両極付近では別の餌を食べてた)
https://twitter.com/azukiglg/status/244703180821241856


殺して胃の中身を調べるだけしか手段がないわけではない。

A DNA-based method for identification of krill species and its application to analysing the diet of marine vertebrate predators
Jarman et al., Molecular Ecology 11: 2679-2690 (2002)

Group-specific polymerase chain reaction for DNA-based analysis of species diversity and identity in dietary samples
Jarman et al., Molecular Ecology 13: 1313–1322 (2004)

Quantitative fatty acid signature analysis: a new method of estimating predator diets.
Iverson et al., Ecological Monographs 74: 211-235 (2004)

最近のだとこういう手法もクジラに応用できるかもしれない。

Probability of detecting marine predator-prey and species interactions using novel hybrid acoustic transmitter-receiver tags.
Baker et al., PLoS ONE 9: e98117 (2014).

将来的に捕殺調査の優位性の説得力はますますなくなってくるだろうな。

「需要を減らして買わせなければよい」は、そもそも基本の部分から間違っている。「資源の維持、維持しながら獲得出来る量の模索」をIWC科学委員会の付託を受けて行っているのは日本の捕鯨船だけで、それ以外の組織団体はクジラの資源総量について科学的な判断を下せるだけの独自調査はしてない
https://twitter.com/azukiglg/status/244703899120963585


調査捕鯨を行なう主体はIWCの各加盟国であり、IWC科学委員会は何かの勧告はしても強制力は持っていない。日本の調査捕鯨は日本が勝手に科学調査名目で行なっているだけである(因に、禁漁期に科学調査の名目で捕鯨をはじめたのはソ連が最初)。各種クジラや、鯨類全体の生息数については前出のChristensen(2006)に詳しい。例えば下の図など。
151-02.png

そしてミンクの捕獲量の制限=ミンクの繁殖促進=ミンクの餌場の拡大とナガスの餌場の浸食=ナガスの減少という負のスパイラルが起きている RT ‪@ethanolcat‬: ‪@azukiglg‬ ゆえに、捕鯨反対の向きからは調査捕鯨は叩かれる。捕鯨反対なら、調査も不要であるからして。
https://twitter.com/azukiglg/status/244704544091693056


前のツイートでも気になっていたが、クロミンクーナガス競合説というのはまったく聞いたことがない。
追記:そもそも「ミンクの捕獲量の制限=ミンクの繁殖促進=ミンクの餌場の拡大とナガスの餌場の浸食=ナガスの減少」がウソ。比較的小型のミンククジラが捕鯨の対象になったのは、シロナガスクジラなど大型のクジラが姿を消したから。Paulyの言葉を借りるなら"whaling down"ということ。というかこいつの頭の中でのミンククジラの適正捕獲数はどうなっているんだろう?

捕鯨って日本の伝統ではなかったか。
https://twitter.com/ethanolcat/status/244704748861788160


南極海で伝統的に捕鯨していた国など私は知らん。

ミンク鯨は「海のディンゴ」であるわけで、これを放置することで結果的にナガスクジラは絶滅に追い込まれる。が、「クジラならなんでも捕鯨反対」という要点をシンプルにしか理解しない向きは、自らの判断がナガス絶滅の後押しをしていることを微塵も想像しない RT ‪@ethanolcat‬:
https://twitter.com/azukiglg/status/244704839970471936


ミンクを「海のゴキブリ」と呼んだ人間は知っているが、「海のディンゴ」というのは初めて見た。検索しても俗論の類しか見当たらない。ミンククジラが他のクジラの生存を脅かしている可能性というのは前に述べた通り絶無である。ぼくのかんがえたかいようせいたいけいにはうんざり。

ちうか、「鯨と人間は同じ小魚を取り合うライバルだ」という視点が理解されないのが(つ∀-) QT ‪@azukiglg‬: そして非常にマズイのが、ミンクとナガスの「外見」がそっくりであることに基づく誤解と混同で、これの結果「ミンクを採ること」と「ナガスを採るこ ‪@ethanolcat‬
https://twitter.com/_____zoe_____/status/244705159807111168


使い古された鯨食害論である。そもそもそれを支持する論文を見た事がない。

Must top predators be culled for the sake of fisheries?
Yodzis, Trends in Ecology and Evolution 16: 78- (2001)

Mapping world-wide distributions of marine mammal species using a relative environmental suitability (RES) model
Kaschner et al., MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES 316: 285- (2006)

Should whales be culled to increase fishery yield?
Gerber et al., Science 323: 880- (2009)

クジラは「24時間365日操業し続ける漁船」ですからなあ RT ‪@_____zoe_____‬: ちうか、「鯨と人間は同じ小魚を取り合うライバルだ」という視点が理解されないのが(つ∀-) QT ‪@azukiglg‬: そして非常にマズイのが、ミンクとナガスの「外見」がそっくりであるこ
https://twitter.com/azukiglg/status/244705320893566976


ヒゲクジラ類は摂餌しない時期があることは鯨肉販売サイトにも書いてある。
http://www.e-kuzira.com/newpage3.html
ホエールウォッチングの頁にも書いてある。
http://www.whale-watching.jp/watching/okinawa.php
ザトウを例にすると、摂餌するのは夏期と書いてある。
http://www.eoearth.org/view/article/163449/

あと、マッコウクジラは睡眠をとることが観察されている。
Stereotypical resting behavior of the sperm whale
Miller et al., Curr Biol 18: R21- (2008)

何が「24時間365日操業し続ける漁船」だ?

ツチ、ゴンドウ、イシイルカはIWC管理対象外だけど、これだってIWCの勧告とは別に国内農水省の管理下で年間の捕獲可能頭数が厳密に制限されてる。されてるけど、あの枠はもう少し広げてもいいんじゃね?という気はする。
https://twitter.com/azukiglg/status/244707290421293056


IWCが管理する鯨種というのは実は明確には定義されていない(解体新書「捕鯨論争」の5ページから詳しく解説されている)ので、「IWC管理対象外」というのは日本政府の主張に過ぎない。

専門家は捕獲枠をもう少し拡げても良いと考えているどころか、個体数の減少を指摘している。
https://www.marinemammalscience.org/letters/letter-to-japanese-government-regarding-dolphin-and-small-whale-hunts/

実際、伊豆のイルカ猟は資源壊滅を招いた。
Japanese Whaling and Other Cetacean Fisheries
Kasuya, Env Sci Pollut Res 14: 39- (2007)

沿岸小型鯨類は当然ながら沿岸部に多くいる根付きだったりする(ツチは回遊)ので、近海沿岸漁業のライバルである。休漁して漁場を休ませても、イルカを間引かなければ根こそぎやられる。イルカ、小型鯨類に「休漁」なんて通じないわけだし。
https://twitter.com/azukiglg/status/244707570873417728


これもまた鯨食害論である。イルカであろうがクジラであろうが間引きが漁獲増加に貢献すると主張する専門家を見たことがない。

また、沿岸小型鯨類の捕獲を制限した結果、それらの頭数が増えた結果、小型鯨類の群れ毎のスタンピート(上陸暴走)や航路妨害(船舶との衝突事例)が増えてるような、というか色々目に付く機会が増えてるような……。結局、彼らが増えすぎることは我々人類にとってもよくない。
https://twitter.com/azukiglg/status/244707954148904960


イルカは増えているのか?下図は前出のChristensen (2006)より。
151-03.png
船の数が増えて高速化すれば、海獣が減っていても衝突事故は起こることは前に上げた↓の中でも論じられている。

Baleen whales: conservation issues and the status of the most endangered populations
Clapham et al., 29: 37- (1999)

また、鯨類は人類が利用するだけでなく、海洋生態系の中でも重要な役割を果たしている。そのバイオマスがかつてないほど減少しているのを憂いて、人為的な海獣の死を減らそうと努力しているのだよ。

Bigger is Better: The Role of Whales as Detritus in Marine Ecosystems (Smith)
Whales, Whaling, and Ocean Ecosystems, (2007)
https://www.soest.hawaii.edu/oceanography/faculty/csmith/Files/Smith-%20Bigger%20is%20Better.pdf

The Impact of Whaling on the Ocean Carbon Cycle: Why Bigger Was Better
Pershinget al., PLoS One 5(8): e12444 (2010)

Bones as biofuel: a review of whale bone composition with implications for deep-sea biology and palaeoanthropology.
Higgs et al., Proc Biol Sci. 278: 9- (2011)

寿司が世界に広がった、とかそういうことだけでなく、世界人口の増大は蛋白質を海にも広く求めるようになり、流通の発達は沿岸部の魚類を内陸に運ぶようになった。つまり、それだけ「海の蛋白源の世界規模での活用」が増えているわけで、クジラがそれを摂取することを現代は過去ほど寛容になれない。
https://twitter.com/azukiglg/status/244708576571043840


科学者が何を論じているかは以下の論文で概観できる。
Fishing down marine food webs
Pauly et al., Science 279: 860- (1998)

Rapid worldwide depletion of predatory fish communities
Myers & Worm, Nature 423: 280- (2003)

Impacts of biodiversity loss on ocean ecosystem services
Worm et al., Science 314: 787- (2006)

The unique ecology of human predators
Darimont et al., Science 349: 858- (2015) 

漁業の例では、スーパー捕食者たる人間が大型動物(鯨類も含む!)を次々と減らし、標的が小型化しつつある傾向が見て取れるということ。クジラのいる海というのは、クジラがいられるほど生態系が充実しているということであり、人間も(漁業が適切に行なわれるなら)その恩恵を受けるだろう。ダニエル・ポーリーは、このまま魚を食い尽くしていくなら人類最後のシーフードメニューはクラゲのスープみたいなのしかなくなると言っている。

その他参考になりそうなところ。
http://katukawa.com/?p=1003
https://newrepublic.com/article/69712/aquacalypse-now
http://www.fishingdown.org/

ポール・ワトソンよろしく人類全てがベジタリアンたることが可能かというと、ほとんどの人間は動物性蛋白質の摂取なしに人体を維持できない。「それなら維持できる人間だけに生存を許し、それ以外の人間は淘汰されるべきである」という主張に正義はあるかというと、大多数は淘汰されることに同意しない
https://twitter.com/azukiglg/status/244709582981701633


世界全体で食糧の公平な分配を目指すなら、大量生産大量流通大量消費大量廃棄が常態の国は肉や魚を食う量を減らしたほうがいい。完全にベジタリアンにならなくても、週の半分ほど肉や魚を食わなければ大分変わる。良質な肉や魚を少量食べるようにした方が健康にはいいだろうし。

Vegetarian, vegan diets and multiple health outcomes: a systematic review with meta-analysis of observational studies.
Dinu et al., Crit Rev Food Sci Nutr. (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26853923

ですです。捕鯨は自分が鯨を食べなくても「捕鯨したほうが結果的に得」なんですよ RT ‪@moltoke_Rumia1p‬: ‪@azukiglg‬ ( ̄∀ ̄) だから、単純な損得勘定まで噛み砕いて説明するのが最善かもなぁと。 それはあなたに損ですよ。止めましょうと。
https://twitter.com/azukiglg/status/244710602256310272



「捕鯨した方が結果的に得」という根拠が全くないわけだが。以上ざっと書いてみましたが、詳しい人ならもっと突っ込みどころを見つけられることでしょう。

クジラコンプレックスを生むもの

 「クジラコンプレックス」(石井•真田 東京書籍2015)を読みました。

 圧巻は第3章ドキュメント・捕鯨裁判で、裁判記録というと難解な法律用語の羅列で読むのがつらいんじゃないかという予想に反し、オーストラリアと日本双方の主張がコンパクトにまとめられており、非常に参考になりました。そのあとの章ではアカデミアの責任として、日本の国際法学の判決への反応を論評、さらに科学技術評価局の設置についても論じられています。また、「捕鯨裁判の勝者はだれか」という副題については、エピローグで論考されています。

 日本の行なう調査捕鯨がおよそ科学研究とは言えないことは知っていたので、裁判については以前このようなコメントをしました。本書を読んで、当初、オーストラリア側にも決して充分な勝算があったわけでなかったのはちょっと驚き。

 第3章の裁判の流れを読んでいて最初に思い浮かんだのは、十字砲火を受ける日本側鑑定人のワロー氏について「おー、哀れww」という感情でしたが、読み終わるころには、哀れな老ノルウェー人をサンドバッグに差し出し、自らは敵前逃亡した鯨肉販売会社の頭目への怒りしかありませんでした。とくに、ワロー氏ですら説明できないJARPAIIのザトウ・ナガス・ミンクの各捕獲頭数と調査期間の不整合については、裁判の場で鯨研の責任者からしかるべき説明があるべきでした(それが出来ないから逃亡したのだと思うが。それとも鯨への愛護精神がなければ理解できる統計的算出方法なのかwww)。

 さらに問題なのは日本の法学者でした。私は、科学性を争って勝ち目がないから法律の禅問答に逃げ込む作戦を立てたのかと思っていましたが、本書204ページの日本側の法学者のプレゼン写真を見てたまげてしまいました。こんなトンチキな子供だましが科学者も列席する法廷で通用すると思っていたのか!あまりにもお粗末。そもそも日本側に裁判に勝とうとする意志と能力があったのか。科学を争って勝ち目がないということすら自覚していなかったようです。その割には本気で勝てると思っていたらしいが。

 日本側は各所で見解の一貫性のなさを露呈し、そこを相手に徹底的につかれます。これは惨敗するべくして惨敗した裁判ということでしょう。さらに情けないのが判決後の日本の国際法学者たちの反応で、一部の例外を除いては、読むべき文献を参照せず大本営発表をなぞっただけの駄文が量産されたことが第4章で示されています(注:「駄文」というのは私の論評であり、本書の中にそのような語句は登場しない)。なんだか太平洋戦争のようです。カミカゼが吹くと信じて惨敗した挙句、やれあの戦争は日本が勝っていた、やれこうすれば勝てた、やれアジア解放のための聖戦だった、という流れとよく似ています。

 本書では日本のアカデミアの責任について、国際法学者の反応のみを見ていますが、私は以前このように書きました。
捕鯨問題がこじれた一因は日本の生物学者の無能と怠慢にあると言われても仕方ありません。忸怩たる思いがします。
やはり、捕鯨問題がここまでこじれたのはひとえに日本の生物学者の無能と怠慢によるものだと後世糾弾されるでしょう。

 やはり生物学者の責任も出てくるでしょう。餅は餅屋と言いますが、その漠然とした信頼が裏目に出たわけです。しかし調査捕鯨の科学性の検証は決して難しいものではなく、現在の科学の評価方法の一つ(すなわち論文の数と質)を機械的に当てはめるだけでも、調査捕鯨の異常さを簡単に立証できます。この問題を自分で調べ始めた頃、調査捕鯨の成果を示す論文が全く見当たらないので、調査捕鯨の結果はIWC科学委員会以外の場で公表してはならないというルールでもあるのかと思ったのを今でも覚えています。そして調査捕鯨を最大限に弁護してくれるワロー氏ですら、捕獲数の算出法も大量捕殺の必要性も説明できないわけです。鯨類学者が鯨研と水産庁に財布ときんtま(予算と雇用)を握られ沈黙を強いられているのが明白な以上、鯨類学者以外の生物学者が声を上げるべきでした。苦境にいる仲間を見殺しにしたのと同じ事です。

 そして科学技術評価局はいかにして機能するか?本書では最後に、国会直属の科学技術評価局の設置が論じられていますが、正直なところ私にはこの科学技術評価局が正常に機能する様子が想像できませんでした(確かに、「明治時代以来続いてきた政策決定プロセスを根底から改革する事を意味しているのであり、非常に難しい」と書かれていますが)。例えば、国会議員の科学リテラシーを向上させるのが重要で、その役割を科学技術評価局が担うという所ですが、そもそも学者にリテラシーがあるのか?と思ってしまうわけです。上でふれた通り、判決後の日本国内の国際法学者の反応にしろ、私がピックアップした生物学者の捕鯨論説にしろ、リテラシーの欠如というべきものではないでしょうか。これは決してクズばかり選んで集めてこの世にはクズしかいないと嘆いているのではありません。日本のアカデミアは、これほど明確に科学性を論じられるはずの調査捕鯨ですらマトモに論評できず(粕谷氏なんかは孤軍奮闘していましたが)、結局調査捕鯨は延々と続けられました。さらに国際法廷で判決が出た後も、その内容をおよそ理解しているとは思えない言説がアカデミアの中から出てくる事実が雄弁に物語っています。

 私は日本の捕鯨言説を疑似科学と歴史修正主義の複合体と考えていますが、これこそがクジラコンプレックスを生むものではないかと思います。さらにいうなら、調査捕鯨にルイセンコ事件との類似性を見いだす事も可能と思います。南京大虐殺否定論や日本軍性奴隷制度否定論が大手を振ってまかり通るような国では、科学の民主化も期待薄でしょう。

 逆にもし科学技術評価局が期待通りの役割を果たす時がくるなら、それはそういう機関を創設した結果というよりも、むしろ革命的な社会体制の変革の結果ということになるのではないかと思います。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。