3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電原発事故の人間以外の生物への影響 資料集

※この記事も適宜加筆修正していきます。

社会思想史についての一般的教訓。ロンブローゾの生得的犯罪者説は、進化という考えが、その中心である生物学からはるかにへだたった諸分野においても、巨大な影響力をふるったことを物語っている。抽象的な事象をあつかう科学者たちも、その時代的風潮からまったく無縁でいられるわけではない。重要な諸概念というものは驚くほど遠く離れた分野にまで目に見えない影響をおよぼすのである。核兵器時代の人間はこのことをよく知っておく必要がある。だが、悲しいことに多くの科学者たちはこのメッセージをまだ受け入れていないのである。

スティーブン・グールド「ダーウィン以来」より


タバコ産業に雇われた医者が肺ガンとの関係を否定したようなことが原子力の分野でも起きている。問題は、次の核災害が起こるかどうかなのではなく、いつ起きるかなのだ。
The effects of low-dose radiation: Soviet science, the nuclear industry – and independence?
Møller & Mousseau, Significance 10: 14 (2013)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1740-9713.2013.00630.x/abstract

§1 概要
初期の全体的な見積もり。
Fukushima wildlife dose reconstruction signals ecological consequences
Garnier-Laplace et al., Environ Sci Technol 45: 5077 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21604757

環境中に放出された放射能の挙動についてはYoshida & Kanda (2012)が概略(下図)を示している。
Tracking the Fukushima Radionuclides
Yoshida & Kanda, Science 336: 1115 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22654046
153-1.png

以下の提言がなされている。
Addressing ecological effects of radiation on populations and ecosystems to improve protection of the environment against radiation: Agreed statements from a Consensus Symposium
Bréchignac et al., J Environ Radioact 158-159: 21 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27058410
153-2.png

Statement 1: Successful protection of the environment depends on the protection of natural populations, their dynamics, species interactions and contributions to ecosystem functioning. Ecosystem approaches are needed to support these protection goals.

3.2.1. Recommendations
Contaminated sites have been subjected to long-term monitoring and observations but the extent and level of research is extremely limited compared to standard procedures in ecology. Surprisingly, there are few monitoring studies of the most common taxa at Chernobyl, Fukushima, Mayak and elsewhere. Long-term monitoring studies have been restricted to a few field studies at Chernobyl and Fukushima during the last decade. It is highly desirable to initiate and maintain annual monitoring studies of all common taxa at representative sites most contaminated by major accidental releases of radioactivity into the environment. The challenge here would be to carry out field experiments with a decent level of replication.



モニタリングにあたっては、長期にわたって広範囲に実施できるしっかりとした体制を構築する必要がある。また、異なる地域、異なる時期で比較できる方法の統一が重要である。継続して実施するためには、競争的資金によらない継続性のある研究費を設定する必要があるだろう。
樋口広芳 放射能汚染が鳥類の繁殖、生存、分布に及ぼす影響 -チェルノブイリ原発事故25年後の鳥の世界- より抜粋



 以下に挙げる実際の調査では解析の容易なセシウムを検出したものが大半だが、ストロンチウムなどその他の核種についてもセシウムの値からの推定だけでなく、実際の解析が望まれる。生物学的影響を調べたもので、調べた範囲で異常なしというのがウシ、カエル、ネズミなど。なんらかの影響が疑われるものとしてサル、鳥類、昆虫、植物の一部などがある。

§2 海の生物への影響 ~今後、魚以外では固着性の生物の調査が望まれる。
海に流出した放射能のモニターが必要だ。
Fishing for answers off Fukushima
Buesseler, Science 338: 480 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23112321

2011年6月の太平洋の調査と安全性について。
Fukushima-derived radionuclides in the ocean and biota off Japan
Buesseler et al., Proc Natl Acad Sci USA 109: 5984 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22474387

マグロのような移動する生き物が放射能の運び屋になる。
Pacific bluefin tuna transport Fukushima derived radionuclides from Japan to California
Madigan et al., Proc Natl Acad Sci USA 109: 9483 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22645346

魚類、軟体動物、節足動物、褐藻など海産物の汚染調査。
Effects of the nuclear disaster on marine products in Fukushima
Wada et al., J Environ Radioact 124: 246 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/23831549/

サケ類でのセシウム調査。淡水性のものの方がセシウム濃度は高い傾向にある。
Salmon migration patterns revealed the temporal and spatial fluctuations of the radiocesium levels in terrestrial and ocean environments
Arai, PLoS One 9: e100779 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24964195

米国沿岸で捕獲されたビンナガの調査。
Trace levels of Fukushima disaster radionuclides in East Pacific albacore
Neville et al., Environ Sci Technol 48: 4739 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24717105

ヒラメなどへのセシウムの動態シミュレーション。
Radiocesium biokinetics in olive flounder inhabiting the Fukushima accident-affected Pacific coastal waters of eastern Japan
Tateda et al., J Environ Radioact 147: 130 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26065930

海洋生態系でのセシウム動態モデリング。
Transfer of radiocaesium from contaminated bottom sediments to marine organisms through benthic food chain in post-Fukushima and post-Chernobyl periods
Bezhenar et al., Biogeosciences Discuss (2016, in review)
http://www.biogeosciences-discuss.net/bg-2015-654/
153-3.png

Impact of the Fukushima accident on marine biota - five years later.
Batlle, Integr Environ Assess Manag12: 654 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27447852

§3 淡水の生物への影響
淡水魚のセシウム汚染について。肉食魚では生物濃縮が観察された。
Overview of active cesium contamination of freshwater fish in Fukushima and Eastern Japan
Mizuno & Kubo, Sci Rep 3: 1742 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23625055

淡水魚のセシウムレベルは低下しつつあるが、依然として高い値を示すものもある。
Radioactive cesium accumulation in freshwater fishes after the Fukushima nuclear accident
Arai, Springerplus 3: 479 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25210665

中禅寺湖のマス類のセシウム濃度調査。
Radiocaesium concentrations in the muscle and eggs of salmonids from Lake Chuzenji, Japan, after the Fukushima fallout
Yamamoto et al., J Fish Biol 84: 1607 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24684433

福島県内の3カ所の湖での汚染調査。
Comparison of radioactive cesium contamination of lake water, bottom sediment, plankton, and freshwater fish among lakes of Fukushima Prefecture, Japan after the Fukushima fallout
Matsuda et al., Fisheries Science 81: 737 (2015)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs12562-015-0874-7

広範な淡水魚の調査。
Radiological impact of the nuclear power plant accident on freshwater fish in Fukushima: An overview of monitoring results
Wada et al., J Environ Radioact 151: 144 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26454695

・水生昆虫など
藻類や水生昆虫に対するセシウムの汚染度は種類、場所、流速により様々だが、滞水は流水よりも汚染度高め。
Radioactive contamination of aquatic insects in a stream impacted by the Fukushima nuclear power plant accident
Yoshimura & Akama, Hydrobiologia 722: 19 (2014)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10750-013-1672-9

§4 陸の生物への影響
チェルノブイリでは放射能が森の循環の中に閉じ込められていること、森林火災が起きると放射能が拡散するおそれがあることなど。
A tale of two forests: Addressing postnuclear radiation at Chernobyl and Fukushima
Bird & Little, Environ Health Perspect 121: a78 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3621180/

鳥以外の動物も含めた自然環境の調査報告。
Differences in effects of radiation on abundance of animals in Fukushima and Chernobyl
Møller et al., Ecol Indicat 14: 75 (2013)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1470160X12002324

チェルノブイリで得られた知見と日本の状況を比較。(性決定様式がZW型だと被曝の影響を受けやすいのかも?とあるが、もしそうだとしたらダンゴムシも影響を受けやすい?)
Genetic and ecological studies of animals in Chernobyl and Fukushima
Mousseau & Møller, J Hered 105: 704 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25124815

この本には農業だけでなく野生動物の項目もある。
Agricultural Implications of the Fukushima nuclear accident
Nakanishi & Tanoi (eds), Springer (2013)
http://www.springer.com/us/book/9784431543275?token=prtst0416p

A comprehensive dose evaluation project concerning animals affected by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: its set-up and progress
Takahashi et al., J Radiat Res 56 (suppl 1) i36 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26687285

・ウシ
原発近くで置き去りにされたウシの汚染度調査。
Distribution of artificial radionuclides in abandoned cattle in the evacuation zone of the Fukushima Daiichi nuclear power plant
Fukuda et al., PLoS One 8: e54312 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23372703

原発から20km圏内にいた雄牛2頭には、精子の形態に異常はみられなかった。
Effects of radioactive caesium on bull testes after the Fukushima nuclear plant accident
Yamashiro et al., Sci Rep 3: 2850 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24100305

ウシの身体各部のセシウム濃度調査。一部の可食部は測定に使われる首部よりも高い値を示した。
Distribution of radioactive cesium in edible parts of cattle
Okada et al., Anim Sci J 84: 798 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23638759

低濃度セシウム汚染されたウシでも血液と筋肉のセシウム濃度は相関する。
Cesium radioactivity in peripheral blood is linearly correlated to that in skeletal muscle: analyses of cattle within the evacuation zone of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
Fukuda et al., Anim Sci J 86: 120 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25439011

特に成長中の歯にストロンチウムの蓄積が見られた。
(90)Sr in teeth of cattle abandoned in evacuation zone: Record of pollution from the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant accident 
Koarai et al., Sci Rep 6: 24077 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27045764

Analysis of Plasma Protein Concentrations and Enzyme Activities in Cattle within the Ex-Evacuation Zone of the Fukushima Daiichi Nuclear Plant Accident.
Urushihara et al., PLoS One 11: e0155069 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27159386

・ブタ
セシウムで汚染された米を食べたブタからはセシウムが検出された。
Radioactive caesium concentrations in pigs fed brown rice contaminated by the Tokyo Electric Power Company Fukushima Daiichi nuclear power plant
Ohmori et al., Livest Sci 159: 156 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1871141313004630

・サル
サルの筋肉中のセシウム濃度は土壌の汚染度と相関。
Concentration of radiocesium in the wild Japanese monkey (Macaca fuscata) over the first 15 months after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Hayama et al., PLoS One 8: e68530 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23844216

福島市のサルは血球などが著しく減少しており、筋肉中のセシウム濃度との負の相関がみられた。
Low blood cell counts in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Ochiai et al., Sci Rep 4: 5793 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25060710

・イノシシ
飯舘村のイノシシのセシウム汚染調査。
Investigation of radiocesium distribution in organs of wild boar grown in Iitate, Fukushima after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident
Tanoi et al., Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry 307: 741 (2016)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10967-015-4233-z

・ネズミ
2013-14にかけての調査で、アカネズミにセシウムの蓄積はあるものの精子の異常などは見られなかった。
Effects of environmental radiation on testes and spermatogenesis in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus) from Fukushima
Okano et al., Sci Rep 6: 23601 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/27005329/

・鳥類
チェルノブイリと福島で共通する鳥14種の個体数と放射線量の関係を調査したところ、福島でより強い負の相関があった。
Abundance of birds in Fukushima as judged from Chernobyl
Møller et al., Environ Pollut 164: 36 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22321986

御蔵島のオオミズナギドリの若鳥にビタミンAの減少が見られた。
Reduced vitamin A (retinol) levels indicate radionuclide exposure in Streaked Shearwaters (Calonectris leucomelas) following the 2011 Fukushima nuclear accident
Uematsu et al., Ecol Indic 43: 244 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1470160X14000831

体の大きさ、食性、色素などの生態的要因が被曝感受性に関わる。
Ecological differences in response of bird species to radioactivity from Chernobyl and Fukushima
Møller, et al., J Ornithol 156 (Suppl 1): 287 (2015)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10336-015-1173-x

放射線量と鳥類の豊富さは、種による違いはあるが、負の相関を示した。
Cumulative effects of radioactivity from Fukushima on the abundance and biodiversity of birds
Møller et al., J Ornithol 156 (Suppl 1): 297 (2015)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10336-015-1197-2

オオタカの繁殖率は事故後年々低下しており、空間線量の増加が影響していると考えられる。
Effects of the Fukushima Daiichi nuclear accident on goshawk reproduction
Murase et al., Sci Rep 5: 9405 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25802117

ツバメのヒナに有意なDNA損傷は見られなかったが、線量と個体数には負の相関が見られた。
Abundance and genetic damage of barn swallows from Fukushima
Bonisoli-Alquati et al., Sci Rep 5: 9432 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25838205

2011年夏に高線量地域で捕獲した3羽のウグイスは強く汚染されており、そのうち1羽は総排泄腔近傍に異常があった。
Monitoring free-living Japanese Bush Warblers (Cettia diphone) in a most highly radiocontaminated area of Fukushima Prefecture, Japan
Ishida et al., J Radiat Res 56 (Suppl 1): i24 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4732538/

Radioactive contamination of nest materials of the Eurasian Tree Sparrow Passer montanus due to the Fukushima nuclear accident: The significance in the first year
Matsui et al., Environmental Pollution 206: 159 (2015)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0269749115003061

福島第一原子力発電所事故の放射能汚染が鳥類に与える影響を考える Ⅰ
福島第一原子力発電所事故の放射能汚染が鳥類に与える影響を考える Ⅱ
松井晋, 上田恵介 - 日本鳥学会誌, 2015

Radioactively contaminated areas: Bioindicator species and biomarkers of effect in an early warning scheme for a preliminary risk assessment
Lourenço et al., J Hazard Mater 317: 503 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27343869

・カエル
カエル類のセシウム汚染調査。生殖細胞や生殖腺に明白な異常はなかった。
Assessment of radiocesium contamination in frogs 18 months after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Matsushima et al., Sci Rep 5: 9712 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25857262

・チョウ
福島のヤマトシジミに異常が見られ、それが次世代に遺伝したことと、被曝実験で同様の異常が見られたことを報告。
The biological impacts of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly
Hiyama et al., Sci Rep 2: 570 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22880161

前出のHiyama et al. 2012に寄せられた疑問への回答集。
The Fukushima nuclear accident and the pale grass blue butterfly: evaluating biological effects of long-term low-dose exposures
Hiyama et al. BMC Evol Biol 13: 168 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23937355

Hiyamaの2つの論文へのコメント。科学的妥当性の論議と今後の課題(より大規模な野外サンプリングやゲノムシークエンスなど)の提案など。
Low-dose radiation, scientific scrutiny, and requirements for demonstrating effects
Møller & Mousseau, BMC Biol 11: 92 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23987799

レビュー論文。野外観察とモデル実験の組み合わせについて、など。
Fukushima’s biological Impacts: The case of the pale grass blue butterfly
Taira et al., J Hered 105: 710 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25124816

セシウム摂取量と死亡率や異常率が対応することを示している。
The biological impacts of ingested radioactive materials on the pale grass blue butterfly
Nohara et al., Sci Rep 4: 4946 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24844938

エサの汚染がチョウに与える影響を2世代にわたり実験。
Ingestion of radioactively contaminated diets for two generations in the pale grass blue butterfly
Nohara et al., BMC Evol Biol 14: 193 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4171559/

異常率の推移を観測。2012年後半には異常率は低くなり、これは汚染への適応進化の可能性を示している。
Spatiotemporal abnormality dynamics of the pale grass blue butterfly: three years of monitoring (2011–2013) after the Fukushima nuclear accident
Hiyama et al., BMC Evol Biol 15: 15 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25888050

チョウの内部被曝と経代的影響についてのレビュー。
Ingestional and transgenerational effects of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly
Taira et al., J Radiat Res 56(Suppl 1): i2 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4732531/

放射線被曝によるチョウの異常についての反証となる論文は今のところないようだ。
http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-155.html

・ワタムシ
原発近傍のワタムシに高い死亡率と形態異常がみられたが、次世代への遺伝は見られなかった。死亡率や変異率の改善要因は放射線量の減少や汚染に対する適応進化などが考えられる。(ワタムシの性はXX, XO型で、ZW型ではないと思う)
Morphological abnormalities in gall-forming aphids in a radiation-contaminated area near Fukushima Daiichi: selective impact of fallout?
Akimoto, Ecol Evol 4: 355 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24634721

・クモ
ジョロウグモのセシウム汚染調査。
Radiocesium contamination of the web spider Nephila clavata (Nephilidae: Arachnida) 1.5 years after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident
Ayabe et al., J Environ Radioact 127: 105 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24184816

ジョロウグモのセシウム濃度はナトリウムの挙動と相関を示した。
Relationship between radiocesium contamination and the contents of various elements in the web spider Nephila clavata (Nephilidae: Arachnida)
Ayabe et al., J Environ Radioact 150: 228 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378957

Radioactive contamination of arthropods from different trophic levels in hilly and mountainous areas after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident.
Tanaka et al., J Environ Radioact 164: 104 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27447690

・ミミズ
ミミズ類のセシウム濃度調査。
Radiocesium concentrations in epigeic earthworms at various distances from the Fukushima Nuclear Power Plant 6 months after the 2011 accident
Hasegawa et al., J Environ Radioact 126: 8 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23933081

高線量地域のミミズにはDNA損傷が見られたが、イノシシでは有意な差はなかった。
Environmental radioactivity damages the DNA of earthworms of Fukushima Prefecture, Japan
Fujita et al., Eur J Wildl Res 60: 145 (2014)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10344-013-0767-y

セシウムがミミズの中でどのような挙動をするかについての研究。
Uptake and retention of radio-caesium in earthworms cultured in soil contaminated by the Fukushima nuclear power plant accident
Fujiwara et al., J Environ Radioact 139: 135 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25464049

ミミズのセシウム濃度は以前の調査時より減少している。
Changes in radiocesium concentrations in epigeic earthworms in relation to the organic layer 2.5 years after the 2011 Fukushima Dai-ichi Nuclear power plant accident
Hasegawa et al., J Environ Radioact 145: 95 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25890129

・キノコ
コウタケ、クリタケ、ナラタケなど22種の調査。汚染の度合は様々だが、サンプルの約8割が100Bq/kg以上だった。
Radiocesium concentrations in wild mushrooms collected in Kawauchi Village after the accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant
Nakashima et al., PeerJ 3: e1427 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26623189

・植物
Translocation of radiocesium from stems and leaves of plants and the effect on radiocesium concentrations in newly emerged plant tissues
Tagami et al., J Environ Radioact 111: 65 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22027214

2011年3月のつくば市のネギ、ニンジン、サンチュの汚染と野菜の除染方法について。
Evaluation of vegetables in Tsukuba for contamination with radioactive materials from the accident at Fukushima Daiichi nuclear power plant
Isobe et al., Health Phys 105: 311 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23982606

Radiocesium concentrations in the bark, sapwood and heartwood of three tree species collected at Fukushima forests half a year after the Fukushima Dai-ichi nuclear accident
Kuroda et al., J Environ Radioact 122: 37 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23531497

我孫子で2011年に行なわれた樹木の調査。
Radiocesium contaminations of 20 wood species and the corresponding gamma-ray dose rates around the canopies at 5 months after the Fukushima nuclear power plant accident
Yoshihara et al., J Environ Radioact 115: 60 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22885150

飯舘村で被曝させたイネの表現型と遺伝子発現変化の解析。
Unraveling low-level gamma radiation–responsive changes in expression of early and late genes in leaves of rice seedlings at litate Village, Fukushima
Hayashi et al., J Hered 105: 723 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25124817

タケノコのセシウム汚染調査。
Radiocesium distribution in bamboo shoots after the Fukushima nuclear accident
Higaki et al., PLoS One 9: e97659 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24831096

コナラやスギは葉や樹皮から放射能を取り込む。
Atmospheric direct uptake and long-term fate of radiocesium in trees after the Fukushima nuclear accident
Mahara et al., Sci Rep 4: 7121 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25409781

我孫子での2011-13にかけての調査。
Changes in radiocesium contamination from Fukushima in foliar parts of 10 common tree species in Japan between 2011 and 2013
Yoshihara et al., J Environ Radioact 138: 220 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25261868

高線量地域ほどモミの形態異常の頻度が増加したが、異常の頻度は2014年以降減少している。
Morphological defects in native Japanese fir trees around the Fukushima Daiichi nuclear power plant
Watanabe et al., Sci Rep 5: 13232 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4551955/

セシウムはスギの葉の表面に多く、一部は内部へ取り込まれる。
Uptake and translocation of radiocesium in cedar leaves following the Fukushima nuclear accident
Nishikiori et al., Sci Total Environ 502: 611 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25302448

スギの葉の表面についたセシウムは簡単には洗い流されず、いくらかは新しい葉や花粉に移行する。
Radiocesium distribution in sugi (Cryptomeria japonica ) in Eastern Japan: translocation from needles to pollen
Kanasashi et al., J Environ Radioact 139: 398 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25042076

奥多摩でのスギ花粉の調査。2012-14年の間にセシウム濃度は1/5に減少。
Variation of radiocesium concentrations in cedar pollen in the Okutama area since the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
Tsuruoka et al., Radiation Protection Dosimetry 167: 1 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25956780

ササ、イチイ、コナラ、クローバー、スギナ、コメなどの調査。草本植物の汚染レベルは短期間で低下した。
Radioactive pollution and accumulation of radionuclides in wild plants in Fukushima
Mimura et al., J Plant Res 127: 5 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24317752

アカマツの若木に被曝による異常が見られた。これはモミに見られた異常と似ている。
Morphological abnormalities in Japanese red pine (Pinus densiflora) at the territories contaminated as a result of the accident at Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant.
Yoschenko et al., J Environ Radioact 165: 60 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27637076

==============================
参考ウェブサイトなど
http://www.geocities.jp/nekoone2000v/pages/FukusimaDaiichi.html
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/FSEB/
https://fukushimafishfacts.com/peer-reviewed-science/

Radiation Reloaded: Ecological Impacts of the Fukushima Daiichi Nuclear Accident / Greenpeace
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/GPJ-Fukushima-Radiation-Reloaded-Report.pdf

福島原発事故による放射能の生物への影響に関する論文や記事の紹介
http://sanriku.my.coocan.jp/150724report.pdf
スポンサーサイト

東京工科大学の恥晒し記事と犯罪者・片桐利真

レイチェル・カーソン「沈黙の春」の暗黒面 片桐利真
http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2016/04/post-f45e.html

「レイチェル・カーソンの「沈黙の春」は罪深い書籍です。」などとほざいているが、マラリア研究の論文をいくら見てもそのような科学的事実は見えてこない。

http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-131.html

Tools and Strategies for Malaria Control and Elimination: What Do We Need to Achieve a Grand Convergence in Malaria?
Hemingway et al., PLoS Biol 14: e1002380 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4774904/

How to make a villain: Rachel Carson and the politics of anti-environmentalism.
Hecht, Endeavour 36:149 (2012)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23177324

 DDTは対マラリアの道具の1つに過ぎず、吸血鬼を打ち倒す銀の弾丸などではない。マラリアに対処するためには、理科的技術のほか、社会的条件もまた重要であるということを研究者たちは明らかにしてきた。機械が作動するメカニズムをきちんと理解していれば機械が正常に動作しないときに原因を探って直すこともできるが、片桐のマラリアとDDTに対する理解は、蛇口のことを水を出す魔法の道具と思うのと同じレベルだ。こいつが飢えと渇きに苦しむ人々に冷蔵庫と蛇口を供給すれば良いと言っても私は驚かない。

ダメレポートの見本

The professor warned his students not to submit essays copied from the Internet, as such ( ) would get them expelled from the university.
1 invective  2 introversion  3 plagiarism  4 stratification
英検1級 2016年度第1回 1次試験問題 より



 日本の教育が剽窃や盗用に対して緩いのは受験国語や受験英語の中途半端な理解によるものではないかと思ったり。アメリカンスクールなどで教育された子供はどんなに拙くても自分の言葉で説明するよう仕込まれるが、日本の受験国語や受験英語は基本的に抜き出したり、もとの能動態の文を受動態に書き換えたりするだけで、自分の言葉で説明するというところはあんまりやらない(なにしろ大勢の生徒の答案を公平に採点するのだからこういう形になるのは仕方ないとも思えるが)。受験のルールの中では文中から該当する文を書き抜くことが求められるが、小論文などでは自分の言葉で表現する必要があり、能動態で書かれた参考資料を受動態に書き換えただけではまだまだ剽窃の状態なのだよ。受験ルールで通用した手法は、受験の外では通用しないことがあるというのは、受験が終わったらいい加減気づいておこう。

以下、「DDTの科学 http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm」より。剽窃を明らかにするために、適宜記号と下線を追加した。
 

 (ア)しかし、最近の研究によれば、DDTは、少なくともヒトに対しては発ガン性がないということが分かっています。また、環境残存性に関しても、普通の土壌では、細菌によって2週間で分解され、海水中でも、1カ月で9割が分解されることが分かっています。さらに、内分泌攪乱作用については、現在では、人体に対してほぼ心配ないということが明らかになっています。実際、戦後に頭からDDTの粉末を大量に被っていた子供たちは、現在も元気に生きています。(イ)また、当時、オスのワニが生まれなくなった要因を、DDTに求める記述もありましたが、ワニの性別は卵の温度で決まるため、その指摘自体が誤りではないかと考えられています。(ウ)危険性を訴える研究に対して、こうした研究は話題性に欠けるため、メディアで大きく扱われることがほとんどないので、世間にはあまり知られていないのです。
http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm



下線部(ア)有機化学美術館からの剽窃。もとの佐藤健太郎の記事がデマであり、発がん性がないとは言い切れない(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-133.html)。内分泌攪乱作用についてもないとは言い切れない(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19849691)。人為的に拡散された化学物質の複合的・長期的影響については慎重な調査と検証を要し、軽々しく断言できるものではない。

下線部(イ)ウィキペディアからの盗用。カーソンは「沈黙の春」でワニについて論じていない(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-141.html)。性決定のメカニズムが遺伝的なものであれ温度依存的なものであれ、遺伝子発現が表現型を決める以上、化学物質が影響しないということはない。例えば人間の性は遺伝的に決定されるが、女性アスリートのドーピング例などが示すように、後天的にも化学物質の影響を受ける。同様に、ワニを含む爬虫類でも化学物質が性決定を攪乱することは実験的に示されてきた。ウィキペディアの記事を読んで何の疑問も持たないのは、科学的・論理的思考力の欠如を示している。

下線部(ウ)有機化学美術館からの剽窃。

 (エ)スリランカでは、1948年から1962年までDDTの定期散布を行い、それまで年間250万を数えたマラリア患者の数を、31人まで減少させることに成功しました。しかし、DDTが「環境を守る」という名目の下に禁止されてからわずか5年のうちに、もとの年間250万人まで逆戻りしています。(オ)DDTによって救われた人命の数は、5,000万人とも1億人ともいわれており、これはどんな化合物をも上回るものです。その利益とリスクを総合的に考えた際、これほど安価で高い効果を挙げていたDDTを、本当に全面的に使用禁止する必要があったのかと、疑問に思います。特に、経済的にも工業的にも弱体である発展途上国では、DDTに代わる殺虫剤を調達することは困難であり、パラチオンなどのDDTよりも毒性が強いことが判明している農薬が、使用されている実態もありました。
http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm


 
下線部(エ)有機化学美術館からの剽窃。スリランカで1962年にDDT使用停止に至ったのは、マラリア根絶計画の進展に従ったもの。再流行に臨んで1967年にはDDT噴霧は再開されたが、このとき蚊は耐性をつけていた。そもそもスリランカ政府はバタバタ人が死んでいるのに何もしないほどの無能だと思っているのか、環境保護論者が非常事態においても政府の政策に直接干渉できるほど強い権力を持っていると思っているのか。

下線部(オ)環境保護の名目で禁止されたという科学論文を挙げられるのか?ストックホルム条約でもマラリア対策としてのDDT使用は例外的に認められており、現在もインド中国で生産されているDDTが、いつ「全面的に使用禁止」されたのかと、疑問に思います。

 このため、2006年に入り、遂にWHO(世界保健機関)は、「発展途上国において、マラリア発生のリスクがDDT使用によるリスクを上回る場合、マラリア予防のためにDDTを限定的に使用することを認める」という声明を発表したのです。しかし、この発表には、いくつかの環境保護団体が猛抗議をしています。「DDTの散布によって多くの昆虫が死に、それを食べる鳥や動物の餌を失わせる。また、DDTの発ガン性や内分泌攪乱作用についても、完全に疑いが晴れた訳ではない」というのが、彼らの主張です。(カ)それに対して、WHOは、「少量のDDTを家の壁などに噴霧しておく」という使用法を奨励しています。このようにすれば、環境中にDDTが放出される心配はなく、効果的にマラリア蚊を殺して、マラリアの蔓延を抑えられます。また、たとえDDTに発ガン性があったとしても、この使用法では、人体に取り込まれる量は極めてわずかです。DDTが原因でガンになる人よりも、マラリアで死ぬ人の方が、何桁も多いと見込まれています。
 (キ)このようにDDTの使用を全面的に禁止した結果、多数のマラリア被害者と、DDTよりも危険な農薬による大きな被害が発展途上国で発生し、特に欧米などでは、近年カーソンへの批判の声が強まっています。しかし、それはやや結果論的な批評でもあります。それまでは、生態系などへの環境に対する影響自体が軽視されており、環境と人間との関わりから、環境問題の告発という大きな役割を果たし、人間が生きるための環境をも見据えた環境運動への先駆けとなった功績は、やはり評価されて然るべきでしょう。ただし、(ク)「DDTの利用禁止」を世間に訴えるに際して、そのことが発展途上国にどのような影響を与えるのかを、もっとよく考えておくべきだったとも思います。環境とは、自国や自分だけの健康が守られれば良いという訳ではないでしょう。DDTが排斥されてから、全部で1億人以上の人が「先進国の環境を守る」という名目の下にマラリアで死亡し、また現在も死に瀕しています。
 (ケ)なお、一般的には、レイチェル・カーソンの主張したことが「DDTの全面的な使用禁止」であるとされていますが、それは違います。カーソンが実際に主張したことは、「農薬などマラリア予防以外の目的でのDDTの利用を禁止することにより、マラリア蚊がDDTに対する耐性を持つのを遅らせるべきだ」という内容だったのです。カーソンも、マラリア蚊に対するDDTの利益に対しては、一定の評価を与えていたのです。実際に、DDT耐性を獲得したマラリア蚊が、DDT散布後、数年以内に多数報告されており、DDTの散布だけでは、直接の解決策にはなり得ないものになっています。
http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm


下線部(カ)殺虫剤の室内残留噴霧は2006年以前から行なわれていたマラリア対策である。適切に使用されれば環境中への放出をおさえられるかもしれないが、適切に運用されるとは限らないことが問題であり、マラリア防除プログラムの実施に必要な適切な知識と技術を持った人員の不足はマラリア流行の一因である(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-131.html)。

下線部(キ)日本では松永和紀、畝山智香子、中西隼子、佐藤健太郎のデマ四天王が広めている(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-133.html)。

下線部(ク)DDT禁止でマラリア流行という嘘をつくことが教師としての評価にどのように影響するのかをもっとよく考えておくべきだったとも思えます(嘲

下線部(ケ)ウィキペディアのパクリ。「沈黙の春」をきちんと読んだならこのようなことは書かない。だいたいDDT散布だけでマラリアが解決できないということを本当に理解しているのであれば、再流行の原因がDDT禁止に求められないことも察しがつきそうなもんだ。



問1 上の文章を読んだ上で、下の(   )に当てはまるものを選択肢の中から選べ。 10点
沈黙の春がマラリア流行の原因となったかのような嘘をついた上で「発展途上国にどのような影響を与えるのか」と言っていますが、もし本当にマラリアのことをよく調べたならば、このような文章は書けないはずです。つまりこれを書いた人物は、(   )。

A. マラリアで死んでいく患者はどうでもいいと考えていることがわかります
B. 知的に怠惰であり、大学生なら退学処分に相当します
C. 上の二つとも当てはまる

問2 中学高校の教師を自称する人間が堂々と剽窃・盗用を行なう日本の教育の惨状を改善する方策について400字以内で述べよ。 10点

 ぼくは、

JICAの語るサケ

南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち ゼロから産業を創出した国際協力の記録
細野昭雄 ダイヤモンド社(2010)

 作者はJICA研究所上席研究員で、中身の多くは養殖技術開発や販路開拓の苦労話にさかれており、プロジェクト何とかとかいうテレビ番組が好みそうな話である。軍事独裁政権だろうがそれ以外の政権だろうが、養殖産業にとってはそれほどの障壁とはならなかったようで、政権交代の影響などにはそれほど言及されていない。サケ養殖産業がもたらした地元への影響は6章で論じられており、ある程度の経済効果は挙げたが、都市部と零細漁民の格差を解消するには至っていないとされている(現在サケ養殖による環境被害を訴えているチロエ島など)。また7章では、JICAの海外技術協力の特徴として、技術協力プロジェクト終了後も現地で事業を継続発展させられるよう、人材育成がなされるとある。

 チリのサケ養殖産業は経済的には確かに大成功だろうが、甚大な環境被害をもたらしているのも事実だ。そして、サケ養殖の環境影響を軽減するための方策も提案されている。

Salmon aquaculture and coastal ecosystem health in Chile: Analysis of regulations, environmental impacts and bioremediation systems
Buschmann et al., Ocean & Coastal Management 52: 243 (2009)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0964569109000350
159-1.png

The technology to reduce these impacts using integrated multi-trophic aquaculture (IMTA) strategies exists, but has not been implemented at commercial scales.

Despite these challenges, we feel IMTA should play a central role in the development of ecological sustainable net pen aquaculture in Chile and elsewhere



 JICAはもう「コメントできる立場」にはないようだが。
https://twitter.com/ishii_atsushi/status/757904087455113218

7500回の沈黙の春

 ナショジオで紹介されていた記事ですが、アメリカ先住民のある部族は、7500年をかけて(便利な材料として使っていたアスファルトに含まれる)多環芳香族炭化水素(PAH)に曝露され続けた結果、徐々に健康を蝕まれていった可能性が論じられています。PAHへの曝露は発がんやホルモンレベルの変化など種々の悪影響をもたらすわけですが、頭蓋容量や身長の減少は長い時間をかけて起こったため、当時の人間が現代並みに保健記録をつけていたとしてもこうした影響はなかなか明らかにはならなかったでしょう。(今日日の科学者様なら1週間曝露して変化がなければ未来永劫問題はないと断言してくれそうなもんだが)

Could the health decline of prehistoric California indians be related to exposure to polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) from natural bitumen?
Wärmländer et al., Environ Health Perspect 119: 1203 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21596651
158-1.png

 曝露される有害物がPAHだけなら影響が明らかになるのに数千年かかるかもしれませんが、何百種類もの化学物質による汚染や生物の大量絶滅、海のプラスチック汚染と人為的気候変動も抱える現在の人類が破滅を迎えるのにはそれほど長くはかからないでしょう。実際、オレスケスらもそのフィクションの中で、現代文明の崩壊を今世紀中という設定にしています(温暖化が崩壊の理由だが)。

 以前も触れましたが、現在、神経発生・発達だけに絞っても多くの化学物質が悪影響を及ぼすことと対策の必要性が訴えられています。多くの化学物質が神経発生や発達への影響評価なしに使用されているため、胎児や子供たちが日々こうした化学物質に曝露され続けていること、これらの化学物質の複合的影響はほとんど研究されていないことが指摘されています。

Project TENDR: Targeting Environmental Neuro-Developmental Risks. The TENDR Consensus Statement
http://ehp.niehs.nih.gov/ehp358/

 神経系の発生と発達に悪影響を及ぼすものとしてあげられいるのはPBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)、PAH、PCB、鉛、水銀などです。鉛については「Doubt is their product」の中でも取り上げられていて、ガソリンに鉛が含まれていた時代、アメリカ人の血中鉛濃度は現在よりも高く、多くの子供の神経系発達に影響したであろうことが論じられています。神経発生と発達においては、鉛曝露の安全なレベルなどないという科学的な合意が現在あるわけですが(Schnur & John, 2014)、かつて業界側は、鉛の濃度は影響する閾値以下なので規制する必要はないという論陣を張ったとDoubt is ther productの著者であるMichaelsは記しています。これは日本の核災害後の放射能汚染に対する政府や臣民の言説と瓜二つです。

 声明では、環境中の化学物質の科学的影響評価と政策決定のシステムが機能していないことを指摘し、子供たちへの化学物質の曝露を減らすことを訴えています。

 「沈黙の春」の最終章でカーソンが言った通り、今でも人類は破滅に向う高速道路をひた走っているのです。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。