3500-13-12-2-1

ツーリングの記録等に使おうと思っていたが。。。タイトルは最初の記事の3500km, 13日, 12ヶ国, 自動二輪, 空冷単気筒の意。

捕鯨に関する資料集 

今後、適宜加筆修正していく予定です。

§1自然科学分野
§1-1 調査捕鯨の科学的評価について~捕鯨国ノルウェーのIWC科学委員ですらその意義を説明できない
調査捕鯨の議論は科学の殿堂であるネイチャー、サイエンス誌上でも行なわれてきた。
The case for scientific whaling
Nagasaki, Nature 344: 189 (1990)
http://adsabs.harvard.edu/abs/1990Natur.344..189N

Problems of 'scientific' whaling
de la Mare, Nature 345: 771 (1990)
http://www.nature.com/articles/doi:10.1038%2F345771a0

An open letter to the government of Japan on "scientific whaling"
Briand et al., New York Times, May 20 (2002)

Japan's senior whale scientist responds to New York Times advertisement
Ohsumi, The Institute of Cetacean Research (2002)

Scientists versus whaling: Science, advocacy, and errors of judgment
Aron et al., BioScience 52: 1137 (2002)
http://bioscience.oxfordjournals.org/content/52/12/1137.full

Whaling as Science
Clapham et al., BioScience 53: 210 (2003)
http://bioscience.oxfordjournals.org/content/53/3/210.full

Japan’s whaling plan under scrutiny
Gales et al., Nature 435: 883 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15959491

Answering the critics of Japanese whale research
Hatanaka, Nature 436: 912 (2005)
http://www.nature.com/nature/journal/v436/n7053/full/436912c.html

It’s not just poor science – Japan’s ‘‘scientific’’ whaling may be a human health risk too
Parsons et al., Mar Pollut Bull 52: 1118 (2006)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16828120

ノルウェーのIWC科学委員ワロー氏の決定的証言。捕鯨賛成派の彼ですら科学調査目的でクジラを大量捕殺する必然性を説明できない&調査捕鯨の根拠である国際捕鯨取締条約第8条が想定していた捕獲数は10頭未満。
Killing whales for science?
Morell, Science 316: 532 (2007)
http://science.sciencemag.org/content/316/5824/532

調査捕鯨を行なう日本政府の目的は商業捕鯨再開でなく、調査捕鯨自体の永続化であると考えられる。
An alternative explanation of Japan's whaling diplomacy in the post-moratorium era
Ishii & Okubo, Journal of International Wildlife Law and Policy 10: 55 (2007)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13880290701229911?journalCode=uwlp20#.Vwm8lBzrfiA

色々弁護してくれるワロー氏ですら日本の捕鯨計画の全てに賛成しているわけでもなければ全てを理解しているわけでもない。そして説明責任を負うはずの水産庁や鯨研の責任者は裁判の場にはあらわれず。

クジラコンプレックス 捕鯨裁判の勝者はだれか
石井敦、真田康弘 東京書籍 (2015)

国際裁判の判決後に日本が出してきた新しい捕鯨計画(NEWREP-A)についても科学者の評価はこのようなもの。
Proposed Research Plan for New Scientific Whale Research Program in the Antarctic Ocean (NEWREP-A)
The Government of Japan
http://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/pdf/newrep--a.pdf

Whaling permits: Japan's whaling is unscientific
Brierley & Clapham, Nature 529: 283 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26791711

Research data: Japan justifies whaling stance
Morishita, Nature 531: 35 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26935687

Opposition of the international scientific community to the government of Japan lethal whale "research" program in antarctica "NEWREP-A"
http://icb.org.ar/scientists_on_newrepA_eng.html

総じて、調査捕鯨の評価は専門家の間でほぼ一致しており、科学的意義があると考えている第三者的専門家はいないということがわかる。§2-3に示したMorishita (2006)とClapham et al. (2007)も参照。

・捕殺は必要か?~非侵襲的調査法開発が野生動物研究の常識
殺して胃の中身を調べるだけしか能がないわけではない。
A DNA-based method for identification of krill species and its application to analysing the diet of marine vertebrate predators
Jarman et al., Mol Ecol 11: 2679 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12453250

Group-specific polymerase chain reaction for DNA-based analysis of species diversity and identity in dietary samples
Jarman et al., Mol Ecol 13: 1313 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15078466

Quantitative fatty acid signature analysis: a new method of estimating predator diets
Iverson et al., Ecological Monographs 74: 211 (2004)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/02-4105/abstract

年齢の推定についてもこのような手法が開発されている。
Epigenetic estimation of age in humpback whales
Polanowski et al., Molecular Ecology Resources 14: 976 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/1755-0998.12247/abstract

§1-2 鯨類の推定個体数と保護
Whales before whaling in the North Atlantic
Roman & Palumbi., Science 301: 508 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12881568

Modelling the past and future of whales and whaling
Baker & Clapham, Trends Ecol Evol 19: 365 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16701287

Marine mammal populations: Reconstructing historical abundances at the global scale
Christensen, Fisheries Centre Research Reports 14(9) (2006)
https://open.library.ubc.ca/cIRcle/collections/ubccommunityandpartnerspublicati/37052/items/1.0074757

Determining spatial and temporal scales for the management of cetaceans: Lessons from whaling
Clapham et al., Mar Mammal Sci 24: 183 (2008)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.2007.00175.x/abstract

§1-3 クジラと漁業の競合(いわゆる鯨食害論)について~クジラを減らしても魚は増えない
そもそも鯨類と漁業が競合しているとか、鯨類を減らすことで漁獲が増えるとか言っている論文を見たことがない。
Do large whales have an impact on commercial fishing in the South Pacific Ocean?
Young, Journal of International Wildlife Law and Policy 3 (2000)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13880290009353963#.VwnIrRzrfiA

魚を一番消費しているのは魚
Must top predators be culled for the sake of fisheries?
Yodzis, Trends Ecol Evol 16: 78 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11165705
152-1.png

Fishery management and culling
Corkeron, Science 306: 1891 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15597432

Should whales be culled to increase fishery yield?
Gerber et al., Science 323: 880 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19213900

Marine mammal impacts in exploited ecosystems: would large scale culling benefit fisheries?
Morissette et al., PLoS One 7: e43966 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22970153

Whales sustain fisheries: blue whales stimulate primary production in the Southern Ocean
Lavery et al., Mar Mammal Sci 30: 888 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/mms.12108/abstract;jsessionid=05121C6ED9921BDEBBD1609263627FB5.f04t04

Morissetteらによる下の2つでは、北西アフリカやカリブ海などで鯨食害論が唱えられているという(ヒゲクジラ類はカリブ海でほとんど摂餌しないのに)。日本はアフリカやカリブ諸国にIWC票買いの金をバラまくだけでなく、ニセ科学も輸出しているのか?
Ecosystem models clarify the trophic role of whales off Northwest Africa
Morissette et al., Mar Ecol Prog Ser 404: 289 (2010)
http://www.int-res.com/abstracts/meps/v404/p289-302/

‘Whales eat fish’? Demystifying the myth in the Caribbean marine ecosystem
Morissette et al., Fish Fish 11: 388 (2010)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1467-2979.2010.00366.x/abstract

Africa fish fall blamed on Japan
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7470934.stm

Dan Goodman, a councillor to Japan's Institute of Cetacean Research which manages the nation's scientific whaling programme, said Japan had never said that whales were the cause of declining fish stocks.



WWF survey on attitudes towards commercial whaling in the Caribbean and the Pacific
World Wildlife Fund (2006)
http://assets.panda.org/downloads/wwfresearchsurveycommercialwhaling.pdf

・魚を減らしているのは人間である。
Fishing down marine food webs
Pauly et al., Science 279: 860 (1998)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9452385

Historical overfishing and the recent collapse of coastal ecosystems
Jackson et al., Science 293: 629 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11474098

Towards sustainability in world fisheries
Pauly et al., Nature 418: 689 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12167876

The future for fisheries
Pauly et al., Science 302: 1359 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14631031

Rapid worldwide depletion of predatory fish communities
Myers & Worm, Nature 423: 280 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12748640

Impacts of biodiversity loss on ocean ecosystem services
Worm et al., Science 314: 787 (2006)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17082450

Rebuilding global fisheries
Worm et al., Science 325: 578 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19644114 解説:http://katukawa.com/?p=2195

The unique ecology of human predators
Darimont et al., Science 349: 858 (2015) 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26293961

§1-4 ミンクーシロナガス競合説について~鯨食害論の変種
増加している小型クジラが他の希少種クジラと競合しているとIWCの場で日本が主張したが、それを支持する査読付き論文はこれまた見当たらない。

いくつかの国はシロナガスクジラの保護回復計画を策定しているが、これらの中にミンククジラを間引くなどという話は出てこない。
Recovery plan for the blue whale
Reeves et al., NOAA (1998)
http://www.nmfs.noaa.gov/pr/pdfs/recovery/whale_blue.pdf

Conservation management plan for the blue whale
Department of the environment, Australian government
http://www.environment.gov.au/biodiversity/threatened/publications/recovery/blue-whale-conservation-management-plan

Recovery strategy for the blue whale (Balaenoptera musculus), Northwest Atlantic Population, in Canada
Fisheries and Oceans, Canada (2009)
http://www.sararegistry.gc.ca/virtual_sara/files/plans/rs_blue_whale_nw_atlantic_pop_0210_e.pdf

ミンクーシロナガス競合説がどういう評価を受けているかは以下の3報参照。
Observations of blue whales feeding in Antarctic waters
Corkeron et al., Polar Biol 22: 213 (1999)
http://link.springer.com/article/10.1007/s003000050412#page-1

Baleen whales: conservation issues and the status of the most endangered populations
Clapham et al., Mammal Review 29: 37 (1999)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1365-2907.1999.00035.x/abstract

Whaling: Will the Phoenix rise again?
Holt, Mar Pollut Bull 54: 1081 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17597163

以下の2つは、捕鯨で大型鯨類が減ったためオキアミが増え、それを餌とするクロミンク異常増殖してシロナガスの餌を奪っているという話が成り立たないことを示している。オキアミ余剰→クロミンク増加説を否定するもの(Ruegg et al., 2009)と、クジラが減っても南極のオキアミに顕著な増加は見られないという話(Lee et al., 2010)。
Are Antarctic minke whales unusually abundant because of 20th century whaling?
Ruegg et al., Mol Ecol 19: 281 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20025655

Long-term relationships between the marine environment, krill and salps in the Southern Ocean.
Lee et al., J Mar Biol (2010)
http://www.hindawi.com/journals/jmb/2010/410129/

これなんかみるとクロミンクが大型ヒゲクジラとオキアミを奪い合っているとは思えん。
Feeding rates and under-ice foraging strategies of the smallest lunge filter feeder, the Antarctic minke whale (Balaenoptera bonaerensis)
Friedlaender et al., J Exp Biol 217: 2851 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25122916

§1-5 日本の沿岸捕鯨について~とてもじゃないが誇れるものではない
日本市場に流通する鯨肉には密輸や密猟の可能性を示すものが混ざっている。
Which whales are hunted? A molecular genetic approach to monitoring whaling
Baker & Palumbi, Science 265: 1538 (1994)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17801528

Molecular genetic identification of whale and dolphin products from commercial markets in Korea and Japan
Baker et al., Mol Ecol 5: 671 (1996)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-294X.1996.tb00362.x/abstract

統計の不透明性が指摘されている。
Examination of the reliability of catch statistics in the Japanese coastal sperm whale fishery
Kasuya, Journal of Cetacean Research and Management 1: 109 (1999)
http://eurekamag.com/research/010/628/010628450.php

下の2つはミンククジラJストック(主に日本海にいる系群で絶滅のおそれがある)の肉が日本でかなり流通していることを報告。
Predicted decline of protected whales based on molecular genetic monitoring of Japanese and Korean markets
Baker et al., Proc R Soc Lond B 267: 1191 (2000)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1690661/

High proportion of protected minke whales sold on Japanese markets due to illegal, unreported or unregulated exploitation
Lukoschek et al., Animal Conservation 12: 385 (2009)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1795.2009.00302.x/abstract

Jストックの保護は日本と韓国の対応にかかっている。2001年に法改正で混獲鯨肉販売が合法化されると、日本の混獲が増えた(法改正以前にはヤミ鯨肉として流通していたことを示している)。
The rise of commercial ‘by-catch whaling’ in Japan and Korea
Lukoschek et al., Animal Conservation 12: 398 (2009)
http://onlinelibrary.wiley.com/store/10.1111/j.1469-1795.2009.00313.x/asset/j.1469-1795.2009.00313.x.pdf?v=1&t=imu0xk6y&s=efd579d1741971c5d1c74450b5912c4aad7af5ed
152-2.png

・イルカ猟について~持続可能なものではない
IWCが管理する鯨種というのは明確には定義されていないので、「IWC管理対象外」というのは日本政府の主張に過ぎない(解体新書「捕鯨論争」参照)。 
ハクジラ類はヒゲクジラ類よりも複雑な社会性をもつため、RMPのような捕鯨管理方式は確立していない。

イルカ猟の対象とされてきたスジイルカは日本周辺で激減している。
レッドリスト:スジイルカ
http://www.iucnredlist.org/details/20731/0

Relatively few striped dolphins (about 19,631; CV = 70%) were present in the nearshore waters off Japan (Kasuya 1999). In the coastal portion of this range, the population has probably been depleted by directed takes (Kasuya 1999); however, questions of population identity remain (IWC 1994).


スジイルカは温帯の海に広く生息しているので地球全体では豊富だが、日本沿岸のグループは激減している。今後予想される気候変動の影響を考えるならば、種内の遺伝的多様性の保全は必須であり、他所にいるから日本で保護しなくてよいなどという話は通用しない。人間に例えるなら、先住民や少数民族を皆殺しにしてその言語や文化を消滅させるようなものである。

Review of the biology and exploitation of striped dolphins in Japan
Kasuya, Journal of Cetacean Research and Management 1: 81 (1999)
http://nmbl.org/cgi-bin/koha/opac-detail.pl?biblionumber=183332&shelfbrowse_itemnumber=183788

伊豆のイルカ猟は資源壊滅で自滅。
Japanese whaling and other cetacean fisheries
Kasuya, Env Sci Pollut Res 14: 39 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17352127

専門家はイルカ猟が持続可能なものでないことを指摘している。
Letter to Japanese government regarding dolphin and small whale hunts
The society for marine mammals (2012)
https://www.marinemammalscience.org/letters/letter-to-japanese-government-regarding-dolphin-and-small-whale-hunts/

Toward sustainable management of small cetacean fisheries around Japan
Okamura et al., Fisheries Science 74: 718 (2008)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1444-2906.2008.01582.x/abstract

§1-6 鯨類の生態展示について(今後整理追加予定)
Animal cognition. Are dolphins too smart for captivity?
Grimm, Science 332: 526 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21700854

Dolphin research: Continue captivity
Menard, Science 332: 1501 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21700854

Scientists clash over lifespan of captive killer whales
Callaway, Nature 531: 426 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27008948

§2人文社会科学分野
§2-1 日本は捕鯨の優等生か?
漁業資源管理の劣等生日本。捕鯨だけは例外的に優秀だったのか?
1960年代から日本の捕鯨を見続けてきた研究者の回顧。
Cetacean biology and conservation: A Japanese scientist’s perspective spanning 46 years
Kasuya, Mar Mammal Sci 24: 749 (2008)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.2008.00230.x/abstract

水産庁にスジイルカを保護する気は全くなかった。

Shortly after this, in the mid-1970s, I met a project leader at the Whaling Section of the Fisheries Agency. I explained my understanding of the importance of the species to the fishermen, the estimated population trends, and the need to reduce the catch of striped dolphins. He kindly listened to my opinion as a university scientist, and responded simply by stating the following: “You do not need to worry about the situation because the fishermen will find some other items to fish if striped dolphins disappear because of over-fishing.” If he was serious, the Agency or at least the Whaling Section clearly had no intention of managing the dolphin hunt.


科学的確実性を争っている間に手遅れになる、というよくあるパターンです。

The IWC Scientific Committee first reviewed the status of the Japanese striped dolphin fishery and expressed its concern in 1975, and repeated it thereafter, but then it suspended judgments on the abundance trend or on sustainability of the catch till 1992. The reason for their reticence included questions about stock identity, the method of analysis, and the statistical power to detect the declining trend. I do not disagree with these criticisms, but it should be remembered that fishery data are always noisy and that it will be too late when such noisy data finally demonstrate the depletion beyond doubt.


統計的不確実性をわざと作り出して議論を引き延ばそうとしているようにしか見えませんな。

Since 2001 Japan has refused to participate in the Sub-committee on Small Cetaceans of the IWC, has stopped presenting information on the status of its exploited stocks of small cetaceans, and refuses comments on these stocks produced by the Scientific Committee. Such a situation is likely to result in further management failure for the eight small cetacean species being exploited by Japan including the striped dolphin.



・鯨体完全利用神話~宗教でないならデータを示せ
鯨油だけを目的に鯨を乱獲した欧米と鯨体を完全利用してきた日本という対比はよく見られるが、統計的根拠を示したものは見たことがない。結論を言えばこれは不適切な比較というものだろう。江戸時代の沿岸捕鯨と近現代の外洋捕鯨という条件が複数異なるものを、日本と西欧の違いに見せかける詐術である。江戸時代の鯨体を陸に引き上げる捕鯨形式なら、当時の社会産業構造とも相まって鯨体はほぼ完全に利用されたであろうが、近代以降の外洋捕鯨となると話は別になる。野生動物を狩猟する捕鯨は肥育にコストがかからないため、鯨体を余す所なく利用しようとする動機もなくなる(逆に、肥育にコストをかける畜産では畜体をできるだけ利用しようとする動機が生まれる。クジラは捨てる所がないという俗論もあるが、他の家畜の利用率と比較した上でそれを論じているのも見たことがないし、後述する東洋捕鯨株式会社鮫事業場焼き打ち事件の原因の一つはクジラの血で海が汚れることだった)。商品価値の高い部分を選択して船倉に入れて持ち帰るのは当然だ。クジラ1頭をまるまる持ち帰るよりも、クジラを2頭殺して商品価値の高い部位だけを持ち帰った方が儲けが多いなら誰でも当然そうするということ。

南極海の捕鯨生産統計や鯨肉食をめぐる言説をみた論文。
捕鯨の近代
塩崎俊彦 神戸山手大学紀要 7: 13 (2005)
152-3.png

徳見光三著「長州捕鯨考」(1957刊、1971再刊)という本より下記を引用し、

===============================
 世界の捕鯨業の発達はその鯨油を採取するということを先ず第一の目標として来たもので、わが国の捕鯨事業もこのことのみが重要目標で、その肉の食用化ということが一般に普及し始めたのは余程後年のことで、「江戸みやげ」という本に記された鯨肉食用の記事は遠く慶長にさかのぼるものといわれているが、実際に一般の食用に供されるようになったのはそれから更にずっと後世になってからであり、その赤肉がいまのように市中で販売され、一般の嗜好にも投じるようになった歴史は非常に浅いものである。
(略)
 従って、それが関西方面で早くも重要食品として取り上げられていたのに反して、関東方面ではこれが食用とされていたのはまことに微々たるものであり、殊に、鯨赤肉の生食などは全く関西方面においてさえ捕鯨浦付近を除いては自らその範囲も限られていた。これがいまのように大量に、広い範囲に利用消費され重要食品と見られるようになったのはここ四、五十年から前のことで、そのもっとも進出したのは終戦以後の食料不足に際してであるとさえいわれている。
===============================


このようにコメントしている。

捕鯨産業を称揚すべき書物の中でこのような見解を述べることが可能であった事実のほうが重要であろう。同書が刊行された時期の捕鯨をめぐる言説を支える構造が、こんにちのそれとは大きく異なることにこそ注目しなければならない。商業捕鯨モラトリアム実施以後の、わが国の捕鯨をめぐる言説は、かなり不自由なものに変質したといえる。


だがそれらは地域に密着した<文化>なのであって、これをただちに<日本の伝統的食文化>とするためには、かなりおおがかりな忘却のための装置が必要となる。なにを忘却するのか。なんのために忘却しなければならないのか。


われわれが鯨肉食についてイメージしているのは、いまはここにないが、かつてはそこにあったはずのものに対するノスタルジアである。しかし、いまここにないものが、かつて必ずそこに存在していたと証拠立てるためには、忘却の底に沈みかけている記憶を召還しなければならない。だが、ここに試みられた素描に従えば、かつてそこにあったはずのものは、<伝統>という名の忘却装置によって仮構された霧の中にしか姿を見せることはない。



・世界にたった一頭の種間雑種個体!実に貴重な味だ!~#26食肉化事件
Genetic tracking of a protected whale
Cipriano & Palumbi, Nature 397: 307 (1999)
http://www.nature.com/nature/journal/v397/n6717/full/397307a0.html

・ウホッうまそうなクジラ!俺は違法鯨肉でも気にせず食っちゃう男なんだぜ~シエラ号事件
シエラ号事件はこの本が詳しい。
ザ・クジラ
原剛 文眞堂 (1983)

Catches of fin whales in the North Atlantic by the M.V. Sierra (and associated vessels)
Best, Rep Int Whal Commn 42: 697 (1992)

・日本の捕鯨~その捕獲記録改竄の歴史
日本沿岸捕鯨の興亡 
近藤勲 山洋社 (2001)

True catch statistics for a Japanese whaling company in 1965–78
Kondo & Kasuya, IWC SC/54/O13 (2002)

What's the catch? Validity of whaling data for Japanese catches of sperm whales in the North Pacific
Ivashchenko & Clapham, R Soc Open Sci 2: 150177 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26587276

§2-2 捕鯨文化論について~対立を維持するために「文化の違い」という説明が作られる
前出のIshii & Okubo (2007)で論じられているが、捕鯨を日本文化と結びつける言説は、商業捕鯨停止提案直後にはあらわれず、数年のタイムラグをおいてあらわれている。これは鯨肉が日本人のタンパク源だから重要であるという(効果を上げられなかった)宣伝の代わりに、捕鯨を日本の伝統文化とする宣伝が行なわれたため。
152-4.png

・反捕鯨=キリスト教?~宗教が違うから相手を理解しなくても良いという差別
前の文化論とも関連するが、捕鯨反対運動をキリスト教的価値観と説明する俗論もある。しかし所詮は俗論で、「ぼくのかんがえたきりすときょう」以上のものではなく、学術的論証も存在しない。文化論とも関連するが、文化宗教民族といったものの違いが対立の原因なのではなく、対立を煽り正当化するためにこれらの違いがあたかも本質であるかのように喧伝されるのだという一般的な教訓は得られるだろう。

【「キリスト教は反捕鯨」というデマ】岸本元さんによる資料精査と考察
http://togetter.com/li/621856

捕鯨反対はキリスト教と関係ありません
http://togetter.com/li/618445

・クジラと日本人~食べるだけでない多様な関わり
東洋捕鯨株式会社鮫事業場焼き打ち事件(クジラ捕殺を禁忌とする漁民がクジラの血で海を汚す捕鯨事業場にぶち切れた事件の顛末)の詳細がや捕鯨文化論への詳細な批判的考察がなされている本。
捕鯨問題の歴史社会学 
渡邊洋之 東信堂 (2006)

『八戸浦”くじら事件”と漁民』に見る、漁民から見た捕鯨
http://togetter.com/li/837408

鯨供養碑と仔鯨殺しに見る日本人のクジラ観の多様性
http://togetter.com/li/977982

欧米でクジラが神聖視されるというが、日本国内でのあまりに現実と乖離したクジラ観・捕鯨観の方がよっぽど異常である。

§2-3 米国がベトナム戦争への批判をかわすために捕鯨反対運動を仕組んだという珍説
ジャーナリストの梅崎義人氏が言い出しっぺだが、公文書に基づく証明もなければ学術的検証に耐えるシロモノでもない。

水産庁の森下氏は論文の中で、米国政府がベトナム戦争への批判をかわすために捕鯨問題を持ち出したと広く信じられていると書いているが。
Multiple analysis of the whaling issue: Understanding the dispute by a matrix
Morishita, Marine Policy 30: 802 (2006)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X0600008X

当然ながら森下論文の根拠薄弱さに突っ込みが入る。
The whaling issue: Conservation, confusion, and casuistry
Clapham et al., Marine Policy 31: 314 (2007)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X06000984

米国の捕鯨政策の変遷を精査した論文でも、ベトナム戦争との関連を疑う理由のないことは論じられている。
米国捕鯨政策の転換 
真田康弘 国際協力論集14(3): 139 (2006)

検証:クジラと陰謀
http://togetter.com/li/942852

いろんな意味で「The Cove」を超えた〝トンデモ竜田揚げプロパガンダ映画〟「Behind the Cove」の真っ赤な嘘
http://togetter.com/li/941637



Appendix 上記以外の資料
§1-1 調査捕鯨
Why Japan supports whaling
Hirata, Journal of International Wildlife and Policy 8:129 (2005)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13880290590965276

殺さずとも解明可能「科学目的」に疑問
粕谷俊雄 毎日新聞2005年10月3日

国際捕鯨規制の科学と政治 ― 日本の捕鯨外交の再検討に向けて ―
大久保彩子 海洋政策研究 4: 35 (2007)

Is Japan’s whaling humane?
Gales et al., Marine Policy 32: 408 (2008)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X0700098X

科学的調査捕鯨の系譜:国際捕鯨取締条約第8条の起源と運用を巡って
真田康弘 環境情報科学論文集22: 363 (2008)

Contesting global norms: Politics of identity in Japanese pro-whaling countermobilization
Blok, Global Environmental Politics 8:2, (2008)
http://muse.jhu.edu/journals/global_environmental_politics/summary/v008/8.2.blok.html

Warning for diplomats over misuse of science
Gilbert, Nature doi:10.1038/news.2009.539 (2009)
http://www.nature.com/news/2009/090603/full/news.2009.539.html

Reconsidering the science of scientific whaling
Corkeron, Mar Ecol Prog Ser 375: 305 (2009)
http://www.int-res.com/abstracts/meps/v375/p305-309/

Science should not be abandoned in a bid to resolve whaling disputes
Cooke et al., Biol Lett 5: 614 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2781966/

Real research or sham science? A review of Japan's scientific whaling
Robertson, Eureca 1: 43 (2010)
http://ejournals.library.ualberta.ca/index.php/eureka/article/view/7630

Genetic evidence of illegal trade in protected whales links Japan with the US and South Korea
Baker et al., Biol Lett 6: 647 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2936163/

Scientific justification for animal capture
Cooke et al., Science 344: 692 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24833375

Court slams Japan’s scientific whaling
Morell, Science 344: 22 (2014)
http://science.sciencemag.org/content/344/6179/22

Whaling review: No case for Japan to kill minke whales
Brierley, Nature 520: 157 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25855443

Calling it ‘a waste of time,’ researchers call for end to scientific whaling reviews
http://www.sciencemag.org/news/2016/01/whaling-reviews

調査捕鯨の数少ない論文だが、その後の科学委員会の検証により皮脂厚の減少傾向は証明できていないとされた(「クジラコンプレックス」参照)。
Decline in energy storage in the Antarctic minke whale (Balaenoptera bonaerensis) in the Southern Ocean
Konishi et al., Polar Biol 31: 1509 (2008)

・捕殺調査と非捕殺調査(追加予定)

§1-2 鯨類保護など
モラトリアム導入と南極海調査捕鯨開始以前にすでに捕鯨の基本的あり方を問う重要な指摘を和田一雄氏がしていた。
鯨類における資源管理 
大隅清治 哺乳類科学 第28・29合併号 p39 1974年6月

鯨類資源管理理論に関するコメント 
和田一雄 哺乳類科学 第28・29合併号 p47 1974年6月

資源管理、日本の研究条件の問題点
「資本というものは、きわめて冷酷な性質をもっているので、資本は昔から資源を大切にしてきた経験を持ち合わせていないようです(庄司東助、1970)」、また「MSYが国際会議に出て来るのは何か妥協のための線が必要な時に便利なためで、妥協の産物である(福田嘉男、1970)」という発言にもあるように、このことはクジラ類の資源管理についてもいえることで、その歴史は絶滅の歴史だとはよくいわれることである。


[オットセイの海上猟獲禁止措置にふれた上で] 
 捕鯨業はこれと異なった事情にあった。第2次世界大戦前もそうだったが、戦後政府の手厚い保護の下に急激に拡大した大洋、日水など大手水産会社による捕鯨業は、第2水産庁などといわれる大日本水産会を通した自己の利益擁護の下に展開した。
 2年に1頭しか出産しないクジラ類を年間数万頭も捕っていては絶滅にいたることは、MSYなどとややこしいことをいわなくても、はじめから分かっていた。


1972年の国連環境会議による捕鯨10カ年凍結: [モラトリアムは感情論であるという日本側の意見に対し] 世界の世論はナガスクジラなど大型クジラ捕鯨を根本的に考えなおすべきである、同時に、クジラ類の研究体制を強化せよという点にある。 [略] おそまきながら、オットセイの海上猟獲の時に通用した常識が、クジラにも適用されたことをよろこびたい。「公海漁業自由の原則」という幻を打ち破るためにも(絶滅寸前まで追い込まれたオットセイの轍をふんだことを悲しむべきか)。そして社会・経済的要素をも含めた本当の意味の資源管理の原則をうちたてる努力がなされるべきである。



Demography of the endangered North Atlantic right whale
Fujiwara & Caswell, Nature 414: 537 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11734852

Sequential megafaunal collapse in the North Pacific Ocean: An ongoing legacy of industrial whaling?
Springera et al., Proc Natl Acad Sci USA 100: 12223 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14526101

Do the Largest Protected Areas Conserve Whales or Whalers?
Gerber et al., Science 307: 525 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15681370

Urgent need for empirical research into whaling and whale watching
Higham & Lusseau, Conservation Biology 21: 554 (2007)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1523-1739.2006.00580.x/abstract

Endangered North Atlantic right whales (Eubalaena glacialis) experience repeated, concurrent exposure to multiple environmental neurotoxins produced by marine algae
Doucette et al., Environ Res 112: 67 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22018895

Marine mammals as ecosystem sentinels
Moore, Journal of Mammalogy, 89: 534 (2008)
http://www.mammalsociety.org/articles/marine-mammals-ecosystem-sentinels

How few whales were there after whaling? Inference from contemporary mtDNA diversity
Jackson et al., Mol Ecol 17: 236 (2008)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17892467

Marine mammals as sentinel species for oceans and human health
Bossart et al., Vet Pathol 48: 676 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21160025

The status of the world's land and marine mammals: Diversity, threat, and knowledge
Schipper et al., Science 322: 225 (2008)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18845749

Biologically threatened dolphins and whales
Di Guardo et al., Environ Microbiol 13: 2833 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21883802

Contaminants in cetaceans from UK waters: Status as assessed within the Cetacean Strandings Investigation Programme from 1990 to 2008
Law et al., Mar Pollut Bull 64: 1485 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22698668

No mass strandings since sonar ban
Fernández et al., Nature 497: 317 (2013)
http://www.nature.com/nature/journal/v497/n7449/full/497317d.html

Abundance and distribution of sperm whales in the Canary Islands: Can sperm whales in the Archipelago sustain the current level of ship-strike mortalities?
Fais et al., PLoS One 11: e0150660 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26999791

Ship noise extends to frequencies used for echolocation by endangered killer whales
Veirs et al., PeerJ 4: e1657 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27004149

An integrated approach to historical population assessment of the great whales: case of the New Zealand southern right whale
Jackson et al., R Soc Open Sci 3: 150669 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27069657

Modulation in persistent organic pollutant concentration and profile by prey availability and reproductive status in Southern Resident killer whale scat samples
Lundin et al., Environ Sci Technol (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27186642

・鯨類の生態や生態系での役割など~鯨類バイオマス減少の影響を考える
Bigger is better: the role of whales as detritus in marine ecosystems
Smith. In: Estes et al., (Eds). Whales, Whaling, and Ocean Ecosystems
Berkeley, CA: University of California Press. (2007)
https://www.soest.hawaii.edu/oceanography/faculty/csmith/Files/Smith-%20Bigger%20is%20Better.pdf

The impact of whaling on the ocean carbon cycle: Why bigger was better
Pershinget al., PLoS One 5: e12444 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2928761/

Bones as biofuel: A review of whale bone composition with implications for deep-sea biology and palaeoanthropology
Higgs et al., Proc Biol Sci 278: 9 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20702457

Three-year investigations into sperm whale-fall ecosystems in Japan
Fujiwara et al., Marine Ecology 28: 219 (2007)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1439-0485.2007.00150.x/abstract

Whales as marine ecosystem engineers
Roman et al., Front Ecol Environ doi:10.1890/130220 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/130220/full

・その他鯨類学関連
Complete mitochondrial genome phylogeographic analysis of killer whales (Orcinus orca) indicates multiple species
Morin et al., Genome Res 20: 908 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20413674

Out of the Pacific and back again: insights into the matrilineal history of Pacific killer whale ecotypes
Foote et al., PLoS One 6: e24980 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21949818

Gene flow on ice: the role of sea ice and whaling in shaping Holarctic genetic diversity and population differentiation in bowhead whales (Balaena mysticetus)
Alter et al., Ecol Evol 2: 2895 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23170222

Network-based diffusion analysis reveals cultural transmission of lobtail feeding in humpback whales
Allen et al., Science 340: 485 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23620054

What influences the worldwide genetic structure of sperm whales (Physeter macrocephalus)?
Alexander et al., Mol Ecol (2016) [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27037911

§1-3 鯨食害論について
鯨類の消費する魚介が人類の数倍であると見積もった大元。
Regional assessments of prey consumption by marine cetaceans in the world
Tamura & Ohsumi, SC/52/E6 (2000)
http://www.icrwhale.org/pdf/SC-52-E6.pdf

クジラと漁業の競合を主張する文書としてこういうのがあるらしい。
Increasing competition between fisheries and whales
Japan’s whale research in the Western North Pacific (JARPN II). Fisheries Agency (2001)

Whales cleared of competing with fishermen
Nature doi:10.1038/news040719-7 (2004)
http://www.nature.com/news/2004/040719/full/news040719-7.html

Mapping world-wide distributions of marine mammal species using a relative environmental suitability (RES) model
Kaschner et al., Mar Ecol Prog Ser 316: 285- (2006)
http://www.int-res.com/abstracts/meps/v316/p285-310/

・海洋生態系
Marine ecosystem sensitivity to climate change
Smith et al., BioScience 49: 393 (1999)
http://bioscience.oxfordjournals.org/content/49/5/393.full

Catastrophic shifts in ecosystems
Scheffer et al., Nature 413: 591 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11595939

The impact of climate change on the world’s marine ecosystems
Hoegh-Guldberg & Bruno, Science 328: 1523 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20558709

Biodiversity loss and its impact on humanity
Cardinale et al., Nature 486: 59 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22678280

Towards end-to-end models for investigating the effects of climate and fishing in marine ecosystems
Travers et al., Progress in Oceanography 75: 751 (2007)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0079661107001425

単一種を限られた海域で保護するよりも、どのように生態系全体を守るかが重要なのだ。
Trade-offs between fisheries and the conservation of ecosystem function are defined by management strategy
Brown & Mumby, Front Ecol Environ 12: 324 (2014)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/130296/abstract

§1-4 ミンクーシロナガス競合説
Long-term decline in krill stock and increase in salps within the Southern Ocean
Atkinson et al., Nature 432: 100 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15525989

Consideration of multispecies interactions in the Antarctic: A preliminary model of the minke whale - blue whale - krill interaction
Mori & Butterworth, Afr J mar Sci 26: 245 (2004)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.2989/18142320409504060#.Vxm0xSijMUQ

A first step towards modelling the krill–predator dynamics of the Antarctic ecosystem
Mori & Butterworth, CCAMLR Science 13: 217 (2006)
https://www.ccamlr.org/fr/system/files/science_journal_papers/11mori-butterworth.pdf

§1-5 沿岸捕鯨
・日本以外
In the market for minke whales
Palumbi, Nature 447: 267 (2007)
http://www.nature.com/nature/journal/v447/n7142/full/447267a.html

Cetacean by-catch in the Korean Peninsula―by chance or by design?
MacMillan & Han, Hum Ecol 39: 757 (2011)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10745-011-9429-4

Molecular identification of small cetacean samples from Peruvian fish markets
Tzika et al., Conserv Genet 11: 2207 (2010)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10592-010-0106-8

・イルカ猟~個体数減少についてなど
Threatened mammals affected by human exploitation of the female-offspring bond
Oldfield, Conservetion biology 2: 260 (1988)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1523-1739.1988.tb00183.x/abstract

Status review of small cetacean species targeted by direct hunts in Japan
Baulch & Perry, SC/65a/SM12rev (2013)
https://iwc.int/sc65adocs

捕獲割当と実際の捕獲数を比べてみた。
Review of data available on the Dall’s porpoise (Phocoenoides dalli) in Japanese waters
Baulch & Perry, SC/65a/SM11 (2013)
https://iwc.int/sc65adocs
152-5.png

・鯨肉の水銀汚染について~日本
Human health significance of organochlorine and mercury contaminants in Japanese whale meat
Simmonds et al., J Toxicol Environ Health A 65: 1211 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12167206

Mercury and selenium concentrations in the internal organs of toothed whales and dolphins marketed for human consumption in Japan
Endo et al., Sci Total Environ 300: 15 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12685467

Renal toxicity in rats after oral administration of mercury-contaminated boiled whale livers marketed for human consumption
Endo et al., Arch Environ Contam Toxicol 44: 412 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12712303

Contamination by mercury and cadmium in the cetacean products from Japanese market
Endo et al., Chemosphere 54: 1653 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14675844

Total mercury, methylmercury, and selenium levels in the red meat of small cetaceans sold for human consumption in Japan
Endo et al., Environ Sci Technol 39: 5703 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16124305

High mercury levels in hair samples from residents of Taiji, a Japanese whaling town
Endo & Haraguchi, Mar Pollut Bull 60: 743 (2010)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20045122

Stable isotope ratios and mercury levels in red meat products from baleen whales sold in Japanese markets
Endo et al., Ecotoxicol Environ Saf 79: 35 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22364843

・鯨肉の水銀汚染について~フェロー諸島
Cognitive deficit in 7-year-old children with prenatal exposure to methylmercury
Grandjean et al., Neurotoxicol Teratol 19: 417 (1997)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9392777

Cardiac autonomic activity in methylmercury neurotoxicity: 14-year follow-up of a Faroese birth cohort
Grandjean et al., J Pediatr 144: 169 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14760255

Delayed brainstem auditory evoked potential latencies in 14-year-old children exposed to methylmercury
Murata et al., J Pediatr 144: 177 (2004)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14760257

Methylmercury exposure and adverse cardiovascular effects in Faroese whaling men
Choi et al., Environ Health Perspect 117: 367 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19337510

・鯨肉の汚染について~その他 鯨類に限らず海獣に汚染(水銀以外ではPOPs、ドウモイ酸、ブルセラ菌など)が蓄積しているという報告は多数ある。
Persistent organochlorines in minke whale (Balaenoptera acutorostrata) and their prey species from the Antarctic and the North Pacific
Aono et al., Environ Pollut 98: 81 (1997)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15093347

Butyltin contamination in marine mammals from North Pacific and Asian coastal waters
Tanabe et al., Environmental Science & Technology 32 (1998)
http://pubs.acs.org/doi/pdfplus/10.1021/es970543h

Maternal seafood diet, methyl mercury exposure, and neonatal neurologic function
Steuerwald et al., J Pediatr 136: 599 (2000)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10802490

High PCB concentrations in free-ranging Pacific killer whales, Orcinus orca: Effects of age, sex and dietary preference
Ross et al., Mar Pollut Bull 40: 504 (2000)
https://www.nwfsc.noaa.gov/research/divisions/cb/ecosystem/marinemammal/kwworkshops/preypubs/pcbpacifickw.pdf

数少ない調査捕鯨の成果はブルセラ菌の汚染を示すものだった(下のOhishi et al., 2003)。前掲のParsonsら (2006)は以下のように述べている。

The Japanese ‘‘scientific’’ whaling programme has produced very few peer-reviewed articles (Gales et al., 2005), so it is ironic when data published in one of these articles are overlooked, or perhaps wilfully ignored, by the Japanese government.


Pathological and serological evidence of Brucella-infection in baleen whales (Mysticeti) in the western North Pacific
Ohishi et al., Comp Immun Microbiol Infect Dis 26: 125 (2003)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12493493

Increased prenatal exposure to methylmercury does not affect the risk of Parkinson’s disease
Petersen et al., Neurotoxicology 29: 591 (2008)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18550173

Mercury toxicity in beluga whale lymphocytes: Limited effects of selenium protection
Frouin et al., Aquat Toxicol 109: 185 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22018916

Polybrominated diphenyl ethers (PBDEs) in marine mammals from Arctic and North Atlantic regions, 1986–2009
Rotander et al., Environ Int 40: 102 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21802148

PCB pollution continues to impact populations of orcas and other dolphins in European waters
Sci Rep 6: 18573 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4725908/

・水銀の影響についての概説
Mercury Update: Impact on Fish Advisories
EPA-823-F-01-011 EPA 2001
https://www.purdue.edu/hhs/nutr/fish4health/HealthRisks/Mercury.pdf

Neurotoxic mechanisms of fish-borne methylmercury
Aschner et al., Environ Toxicol Pharmacol 12: 101 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21782629

Silent latency periods in methylmercury poisoning and in neurodegenerative disease.
Weiss et al., Environ Health Perspect 110 suppl 5: 851 (2002)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12426145

Low dose mercury toxicity and human health
Zahir et al., Environ Toxicol Pharmacol 20: 351 (2005)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21783611

§1-6 生態展示を続けるか?(まだまだ未整理状態)
Survivorship patterns in three species of captive cetaceans
Demaster & Drevenak, Mar Mammal Sci 4: 297 (1988)
https://swfsc.noaa.gov/publications/CR/1988/8822.PDF

Acclimation to captivity: a quantitative estimate based on survival of bottlenose dolphins and California sea lions
Small & DeMaster, Mar Mammal Sci 2: 510 (1995)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.1995.tb00674.x/abstract

Survival of five species of captive marine mammals
Small & DeMaster, Mar Mammal Sci 2: 209 (1995)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1748-7692.1995.tb00519.x/abstract

Marine mammal captivity in the Northeastern Caribbean, with notes on the rehabilitation of stranded whales, dolphins, and manatees
Mignucci-Giannoni, Caribbean Journal of Science 34: 191 (1998)
http://manatipr.org/wp-content/uploads/2010/01/MigCapt98CJS.pdf

Mirror self-recognition in the bottlenose dolphin: A case of cognitive convergence
Reiss & Marino, Proc Natl Acad Sci USA 98: 5937 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC33317/

Culture in whales and dolphins
Rendell & Whitehead, Behav Brain Sci 24: 309 (2001)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11530544

Stress in mammals: the potential influence of fishery-induced stress on dolphins in the eastern tropical pacific ocean
Curry, (2002)
https://swfsc.noaa.gov/publications/TM/SWFSC/NOAA-TM-NMFS-SWFSC-260.PDF

Culture and conservation of non-humans with reference to whales and dolphins: review and new directions
Whitehead et al., Biological Conservation 120: 427 (2004)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006320704001338

The global trade in live cetaceans: Implications for conservation
Fisher & Reeves, Journal of International Wildlife Law & Policy 8: 315 (2005)
http://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/13880290500343624

The potential stress effects of whaling operations and the welfare implications for hunted cetaceans
Maas, IWC/55/WK19
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download;jsessionid=1032A3635BDCE565B579E20EF05112F4?doi=10.1.1.199.8666&rep=rep1&type=pdf

Dolphin social intelligence: Complex alliance relationships in bottlenose dolphins and a consideration of selective environments for extreme brain size evolution in mammals
Connor, Phil Trans R Soc B 362: 587 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2346519/

Cetaceans have complex brains for complex cognition
Marino et al., PLoS Biol. 5: e139 (2007)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1868071/

Total number and volume of Von Economo neurons in the cerebral cortex of cetaceans
Butti et al., J Comp Neurol 515: 243 (2009)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19412956

In contrast to many other mammals, cetaceans have relatively small hippocampi that appear to lack adult neurogenesis
Patzke et al., Brain Struct Funct 220: 361 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24178679

§2-1 日本の捕鯨
近世日本における捕鯨漁場の地域的集中の形成過程
末田智樹 岡山大学経済学会雑誌 40: 49 (2009)

明治期における長崎県の捕鯨業―網取り式からノルウェー式へ―
片岡千賀之、亀田和彦 長崎大学水産学部研究報告 93: 79 (2012)
スポンサーサイト

東電原発事故の人間以外の生物への影響 資料集

※この記事も適宜加筆修正していきます。

社会思想史についての一般的教訓。ロンブローゾの生得的犯罪者説は、進化という考えが、その中心である生物学からはるかにへだたった諸分野においても、巨大な影響力をふるったことを物語っている。抽象的な事象をあつかう科学者たちも、その時代的風潮からまったく無縁でいられるわけではない。重要な諸概念というものは驚くほど遠く離れた分野にまで目に見えない影響をおよぼすのである。核兵器時代の人間はこのことをよく知っておく必要がある。だが、悲しいことに多くの科学者たちはこのメッセージをまだ受け入れていないのである。

スティーブン・グールド「ダーウィン以来」より


タバコ産業に雇われた医者が肺ガンとの関係を否定したようなことが原子力の分野でも起きている。問題は、次の核災害が起こるかどうかなのではなく、いつ起きるかなのだ。
The effects of low-dose radiation: Soviet science, the nuclear industry – and independence?
Møller & Mousseau, Significance 10: 14 (2013)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1740-9713.2013.00630.x/abstract

§1 概要
初期の全体的な見積もり。
Fukushima wildlife dose reconstruction signals ecological consequences
Garnier-Laplace et al., Environ Sci Technol 45: 5077 (2011)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21604757

環境中に放出された放射能の挙動についてはYoshida & Kanda (2012)が概略(下図)を示している。
Tracking the Fukushima Radionuclides
Yoshida & Kanda, Science 336: 1115 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22654046
153-1.png

以下の提言がなされている。
Addressing ecological effects of radiation on populations and ecosystems to improve protection of the environment against radiation: Agreed statements from a Consensus Symposium
Bréchignac et al., J Environ Radioact 158-159: 21 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27058410
153-2.png

Statement 1: Successful protection of the environment depends on the protection of natural populations, their dynamics, species interactions and contributions to ecosystem functioning. Ecosystem approaches are needed to support these protection goals.

3.2.1. Recommendations
Contaminated sites have been subjected to long-term monitoring and observations but the extent and level of research is extremely limited compared to standard procedures in ecology. Surprisingly, there are few monitoring studies of the most common taxa at Chernobyl, Fukushima, Mayak and elsewhere. Long-term monitoring studies have been restricted to a few field studies at Chernobyl and Fukushima during the last decade. It is highly desirable to initiate and maintain annual monitoring studies of all common taxa at representative sites most contaminated by major accidental releases of radioactivity into the environment. The challenge here would be to carry out field experiments with a decent level of replication.



モニタリングにあたっては、長期にわたって広範囲に実施できるしっかりとした体制を構築する必要がある。また、異なる地域、異なる時期で比較できる方法の統一が重要である。継続して実施するためには、競争的資金によらない継続性のある研究費を設定する必要があるだろう。
樋口広芳 放射能汚染が鳥類の繁殖、生存、分布に及ぼす影響 -チェルノブイリ原発事故25年後の鳥の世界- より抜粋



 以下に挙げる実際の調査では解析の容易なセシウムを検出したものが大半だが、ストロンチウムなどその他の核種についてもセシウムの値からの推定だけでなく、実際の解析が望まれる。生物学的影響を調べたもので、調べた範囲で異常なしというのがウシ、カエル、ネズミなど。なんらかの影響が疑われるものとしてサル、鳥類、昆虫、植物の一部などがある。

§2 海の生物への影響 ~今後、魚以外では固着性の生物の調査が望まれる。
海に流出した放射能のモニターが必要だ。
Fishing for answers off Fukushima
Buesseler, Science 338: 480 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23112321

2011年6月の太平洋の調査と安全性について。
Fukushima-derived radionuclides in the ocean and biota off Japan
Buesseler et al., Proc Natl Acad Sci USA 109: 5984 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22474387

マグロのような移動する生き物が放射能の運び屋になる。
Pacific bluefin tuna transport Fukushima derived radionuclides from Japan to California
Madigan et al., Proc Natl Acad Sci USA 109: 9483 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22645346

魚類、軟体動物、節足動物、褐藻など海産物の汚染調査。
Effects of the nuclear disaster on marine products in Fukushima
Wada et al., J Environ Radioact 124: 246 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/23831549/

サケ類でのセシウム調査。淡水性のものの方がセシウム濃度は高い傾向にある。
Salmon migration patterns revealed the temporal and spatial fluctuations of the radiocesium levels in terrestrial and ocean environments
Arai, PLoS One 9: e100779 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24964195

米国沿岸で捕獲されたビンナガの調査。
Trace levels of Fukushima disaster radionuclides in East Pacific albacore
Neville et al., Environ Sci Technol 48: 4739 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24717105

ヒラメなどへのセシウムの動態シミュレーション。
Radiocesium biokinetics in olive flounder inhabiting the Fukushima accident-affected Pacific coastal waters of eastern Japan
Tateda et al., J Environ Radioact 147: 130 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26065930

海洋生態系でのセシウム動態モデリング。
Transfer of radiocaesium from contaminated bottom sediments to marine organisms through benthic food chain in post-Fukushima and post-Chernobyl periods
Bezhenar et al., Biogeosciences Discuss (2016, in review)
http://www.biogeosciences-discuss.net/bg-2015-654/
153-3.png

Impact of the Fukushima accident on marine biota - five years later.
Batlle, Integr Environ Assess Manag12: 654 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27447852

§3 淡水の生物への影響
淡水魚のセシウム汚染について。肉食魚では生物濃縮が観察された。
Overview of active cesium contamination of freshwater fish in Fukushima and Eastern Japan
Mizuno & Kubo, Sci Rep 3: 1742 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23625055

淡水魚のセシウムレベルは低下しつつあるが、依然として高い値を示すものもある。
Radioactive cesium accumulation in freshwater fishes after the Fukushima nuclear accident
Arai, Springerplus 3: 479 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25210665

中禅寺湖のマス類のセシウム濃度調査。
Radiocaesium concentrations in the muscle and eggs of salmonids from Lake Chuzenji, Japan, after the Fukushima fallout
Yamamoto et al., J Fish Biol 84: 1607 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24684433

福島県内の3カ所の湖での汚染調査。
Comparison of radioactive cesium contamination of lake water, bottom sediment, plankton, and freshwater fish among lakes of Fukushima Prefecture, Japan after the Fukushima fallout
Matsuda et al., Fisheries Science 81: 737 (2015)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs12562-015-0874-7

広範な淡水魚の調査。
Radiological impact of the nuclear power plant accident on freshwater fish in Fukushima: An overview of monitoring results
Wada et al., J Environ Radioact 151: 144 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26454695

・水生昆虫など
藻類や水生昆虫に対するセシウムの汚染度は種類、場所、流速により様々だが、滞水は流水よりも汚染度高め。
Radioactive contamination of aquatic insects in a stream impacted by the Fukushima nuclear power plant accident
Yoshimura & Akama, Hydrobiologia 722: 19 (2014)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10750-013-1672-9

§4 陸の生物への影響
チェルノブイリでは放射能が森の循環の中に閉じ込められていること、森林火災が起きると放射能が拡散するおそれがあることなど。
A tale of two forests: Addressing postnuclear radiation at Chernobyl and Fukushima
Bird & Little, Environ Health Perspect 121: a78 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3621180/

鳥以外の動物も含めた自然環境の調査報告。
Differences in effects of radiation on abundance of animals in Fukushima and Chernobyl
Møller et al., Ecol Indicat 14: 75 (2013)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1470160X12002324

チェルノブイリで得られた知見と日本の状況を比較。(性決定様式がZW型だと被曝の影響を受けやすいのかも?とあるが、もしそうだとしたらダンゴムシも影響を受けやすい?)
Genetic and ecological studies of animals in Chernobyl and Fukushima
Mousseau & Møller, J Hered 105: 704 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25124815

この本には農業だけでなく野生動物の項目もある。
Agricultural Implications of the Fukushima nuclear accident
Nakanishi & Tanoi (eds), Springer (2013)
http://www.springer.com/us/book/9784431543275?token=prtst0416p

A comprehensive dose evaluation project concerning animals affected by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: its set-up and progress
Takahashi et al., J Radiat Res 56 (suppl 1) i36 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26687285

・ウシ
原発近くで置き去りにされたウシの汚染度調査。
Distribution of artificial radionuclides in abandoned cattle in the evacuation zone of the Fukushima Daiichi nuclear power plant
Fukuda et al., PLoS One 8: e54312 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23372703

原発から20km圏内にいた雄牛2頭には、精子の形態に異常はみられなかった。
Effects of radioactive caesium on bull testes after the Fukushima nuclear plant accident
Yamashiro et al., Sci Rep 3: 2850 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24100305

ウシの身体各部のセシウム濃度調査。一部の可食部は測定に使われる首部よりも高い値を示した。
Distribution of radioactive cesium in edible parts of cattle
Okada et al., Anim Sci J 84: 798 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23638759

低濃度セシウム汚染されたウシでも血液と筋肉のセシウム濃度は相関する。
Cesium radioactivity in peripheral blood is linearly correlated to that in skeletal muscle: analyses of cattle within the evacuation zone of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
Fukuda et al., Anim Sci J 86: 120 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25439011

特に成長中の歯にストロンチウムの蓄積が見られた。
(90)Sr in teeth of cattle abandoned in evacuation zone: Record of pollution from the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant accident 
Koarai et al., Sci Rep 6: 24077 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27045764

Analysis of Plasma Protein Concentrations and Enzyme Activities in Cattle within the Ex-Evacuation Zone of the Fukushima Daiichi Nuclear Plant Accident.
Urushihara et al., PLoS One 11: e0155069 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27159386

・ブタ
セシウムで汚染された米を食べたブタからはセシウムが検出された。
Radioactive caesium concentrations in pigs fed brown rice contaminated by the Tokyo Electric Power Company Fukushima Daiichi nuclear power plant
Ohmori et al., Livest Sci 159: 156 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1871141313004630

・サル
サルの筋肉中のセシウム濃度は土壌の汚染度と相関。
Concentration of radiocesium in the wild Japanese monkey (Macaca fuscata) over the first 15 months after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Hayama et al., PLoS One 8: e68530 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23844216

福島市のサルは血球などが著しく減少しており、筋肉中のセシウム濃度との負の相関がみられた。
Low blood cell counts in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Ochiai et al., Sci Rep 4: 5793 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25060710

・イノシシ
飯舘村のイノシシのセシウム汚染調査。
Investigation of radiocesium distribution in organs of wild boar grown in Iitate, Fukushima after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident
Tanoi et al., Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry 307: 741 (2016)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10967-015-4233-z

・ネズミ
2013-14にかけての調査で、アカネズミにセシウムの蓄積はあるものの精子の異常などは見られなかった。
Effects of environmental radiation on testes and spermatogenesis in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus) from Fukushima
Okano et al., Sci Rep 6: 23601 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/27005329/

・鳥類
チェルノブイリと福島で共通する鳥14種の個体数と放射線量の関係を調査したところ、福島でより強い負の相関があった。
Abundance of birds in Fukushima as judged from Chernobyl
Møller et al., Environ Pollut 164: 36 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22321986

御蔵島のオオミズナギドリの若鳥にビタミンAの減少が見られた。
Reduced vitamin A (retinol) levels indicate radionuclide exposure in Streaked Shearwaters (Calonectris leucomelas) following the 2011 Fukushima nuclear accident
Uematsu et al., Ecol Indic 43: 244 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1470160X14000831

体の大きさ、食性、色素などの生態的要因が被曝感受性に関わる。
Ecological differences in response of bird species to radioactivity from Chernobyl and Fukushima
Møller, et al., J Ornithol 156 (Suppl 1): 287 (2015)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10336-015-1173-x

放射線量と鳥類の豊富さは、種による違いはあるが、負の相関を示した。
Cumulative effects of radioactivity from Fukushima on the abundance and biodiversity of birds
Møller et al., J Ornithol 156 (Suppl 1): 297 (2015)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10336-015-1197-2

オオタカの繁殖率は事故後年々低下しており、空間線量の増加が影響していると考えられる。
Effects of the Fukushima Daiichi nuclear accident on goshawk reproduction
Murase et al., Sci Rep 5: 9405 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25802117

ツバメのヒナに有意なDNA損傷は見られなかったが、線量と個体数には負の相関が見られた。
Abundance and genetic damage of barn swallows from Fukushima
Bonisoli-Alquati et al., Sci Rep 5: 9432 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25838205

2011年夏に高線量地域で捕獲した3羽のウグイスは強く汚染されており、そのうち1羽は総排泄腔近傍に異常があった。
Monitoring free-living Japanese Bush Warblers (Cettia diphone) in a most highly radiocontaminated area of Fukushima Prefecture, Japan
Ishida et al., J Radiat Res 56 (Suppl 1): i24 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4732538/

Radioactive contamination of nest materials of the Eurasian Tree Sparrow Passer montanus due to the Fukushima nuclear accident: The significance in the first year
Matsui et al., Environmental Pollution 206: 159 (2015)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0269749115003061

福島第一原子力発電所事故の放射能汚染が鳥類に与える影響を考える Ⅰ
福島第一原子力発電所事故の放射能汚染が鳥類に与える影響を考える Ⅱ
松井晋, 上田恵介 - 日本鳥学会誌, 2015

Radioactively contaminated areas: Bioindicator species and biomarkers of effect in an early warning scheme for a preliminary risk assessment
Lourenço et al., J Hazard Mater 317: 503 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27343869

・カエル
カエル類のセシウム汚染調査。生殖細胞や生殖腺に明白な異常はなかった。
Assessment of radiocesium contamination in frogs 18 months after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Matsushima et al., Sci Rep 5: 9712 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25857262

・チョウ
福島のヤマトシジミに異常が見られ、それが次世代に遺伝したことと、被曝実験で同様の異常が見られたことを報告。
The biological impacts of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly
Hiyama et al., Sci Rep 2: 570 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22880161

前出のHiyama et al. 2012に寄せられた疑問への回答集。
The Fukushima nuclear accident and the pale grass blue butterfly: evaluating biological effects of long-term low-dose exposures
Hiyama et al. BMC Evol Biol 13: 168 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23937355

Hiyamaの2つの論文へのコメント。科学的妥当性の論議と今後の課題(より大規模な野外サンプリングやゲノムシークエンスなど)の提案など。
Low-dose radiation, scientific scrutiny, and requirements for demonstrating effects
Møller & Mousseau, BMC Biol 11: 92 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23987799

レビュー論文。野外観察とモデル実験の組み合わせについて、など。
Fukushima’s biological Impacts: The case of the pale grass blue butterfly
Taira et al., J Hered 105: 710 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25124816

セシウム摂取量と死亡率や異常率が対応することを示している。
The biological impacts of ingested radioactive materials on the pale grass blue butterfly
Nohara et al., Sci Rep 4: 4946 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24844938

エサの汚染がチョウに与える影響を2世代にわたり実験。
Ingestion of radioactively contaminated diets for two generations in the pale grass blue butterfly
Nohara et al., BMC Evol Biol 14: 193 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4171559/

異常率の推移を観測。2012年後半には異常率は低くなり、これは汚染への適応進化の可能性を示している。
Spatiotemporal abnormality dynamics of the pale grass blue butterfly: three years of monitoring (2011–2013) after the Fukushima nuclear accident
Hiyama et al., BMC Evol Biol 15: 15 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25888050

チョウの内部被曝と経代的影響についてのレビュー。
Ingestional and transgenerational effects of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly
Taira et al., J Radiat Res 56(Suppl 1): i2 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4732531/

放射線被曝によるチョウの異常についての反証となる論文は今のところないようだ。
http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-155.html

・ワタムシ
原発近傍のワタムシに高い死亡率と形態異常がみられたが、次世代への遺伝は見られなかった。死亡率や変異率の改善要因は放射線量の減少や汚染に対する適応進化などが考えられる。(ワタムシの性はXX, XO型で、ZW型ではないと思う)
Morphological abnormalities in gall-forming aphids in a radiation-contaminated area near Fukushima Daiichi: selective impact of fallout?
Akimoto, Ecol Evol 4: 355 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24634721

・クモ
ジョロウグモのセシウム汚染調査。
Radiocesium contamination of the web spider Nephila clavata (Nephilidae: Arachnida) 1.5 years after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident
Ayabe et al., J Environ Radioact 127: 105 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24184816

ジョロウグモのセシウム濃度はナトリウムの挙動と相関を示した。
Relationship between radiocesium contamination and the contents of various elements in the web spider Nephila clavata (Nephilidae: Arachnida)
Ayabe et al., J Environ Radioact 150: 228 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378957

Radioactive contamination of arthropods from different trophic levels in hilly and mountainous areas after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident.
Tanaka et al., J Environ Radioact 164: 104 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27447690

・ミミズ
ミミズ類のセシウム濃度調査。
Radiocesium concentrations in epigeic earthworms at various distances from the Fukushima Nuclear Power Plant 6 months after the 2011 accident
Hasegawa et al., J Environ Radioact 126: 8 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23933081

高線量地域のミミズにはDNA損傷が見られたが、イノシシでは有意な差はなかった。
Environmental radioactivity damages the DNA of earthworms of Fukushima Prefecture, Japan
Fujita et al., Eur J Wildl Res 60: 145 (2014)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10344-013-0767-y

セシウムがミミズの中でどのような挙動をするかについての研究。
Uptake and retention of radio-caesium in earthworms cultured in soil contaminated by the Fukushima nuclear power plant accident
Fujiwara et al., J Environ Radioact 139: 135 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25464049

ミミズのセシウム濃度は以前の調査時より減少している。
Changes in radiocesium concentrations in epigeic earthworms in relation to the organic layer 2.5 years after the 2011 Fukushima Dai-ichi Nuclear power plant accident
Hasegawa et al., J Environ Radioact 145: 95 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25890129

・キノコ
コウタケ、クリタケ、ナラタケなど22種の調査。汚染の度合は様々だが、サンプルの約8割が100Bq/kg以上だった。
Radiocesium concentrations in wild mushrooms collected in Kawauchi Village after the accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant
Nakashima et al., PeerJ 3: e1427 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26623189

・植物
Translocation of radiocesium from stems and leaves of plants and the effect on radiocesium concentrations in newly emerged plant tissues
Tagami et al., J Environ Radioact 111: 65 (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22027214

2011年3月のつくば市のネギ、ニンジン、サンチュの汚染と野菜の除染方法について。
Evaluation of vegetables in Tsukuba for contamination with radioactive materials from the accident at Fukushima Daiichi nuclear power plant
Isobe et al., Health Phys 105: 311 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23982606

Radiocesium concentrations in the bark, sapwood and heartwood of three tree species collected at Fukushima forests half a year after the Fukushima Dai-ichi nuclear accident
Kuroda et al., J Environ Radioact 122: 37 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23531497

我孫子で2011年に行なわれた樹木の調査。
Radiocesium contaminations of 20 wood species and the corresponding gamma-ray dose rates around the canopies at 5 months after the Fukushima nuclear power plant accident
Yoshihara et al., J Environ Radioact 115: 60 (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22885150

飯舘村で被曝させたイネの表現型と遺伝子発現変化の解析。
Unraveling low-level gamma radiation–responsive changes in expression of early and late genes in leaves of rice seedlings at litate Village, Fukushima
Hayashi et al., J Hered 105: 723 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25124817

タケノコのセシウム汚染調査。
Radiocesium distribution in bamboo shoots after the Fukushima nuclear accident
Higaki et al., PLoS One 9: e97659 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24831096

コナラやスギは葉や樹皮から放射能を取り込む。
Atmospheric direct uptake and long-term fate of radiocesium in trees after the Fukushima nuclear accident
Mahara et al., Sci Rep 4: 7121 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25409781

我孫子での2011-13にかけての調査。
Changes in radiocesium contamination from Fukushima in foliar parts of 10 common tree species in Japan between 2011 and 2013
Yoshihara et al., J Environ Radioact 138: 220 (2014)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25261868

高線量地域ほどモミの形態異常の頻度が増加したが、異常の頻度は2014年以降減少している。
Morphological defects in native Japanese fir trees around the Fukushima Daiichi nuclear power plant
Watanabe et al., Sci Rep 5: 13232 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4551955/

セシウムはスギの葉の表面に多く、一部は内部へ取り込まれる。
Uptake and translocation of radiocesium in cedar leaves following the Fukushima nuclear accident
Nishikiori et al., Sci Total Environ 502: 611 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25302448

スギの葉の表面についたセシウムは簡単には洗い流されず、いくらかは新しい葉や花粉に移行する。
Radiocesium distribution in sugi (Cryptomeria japonica ) in Eastern Japan: translocation from needles to pollen
Kanasashi et al., J Environ Radioact 139: 398 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25042076

奥多摩でのスギ花粉の調査。2012-14年の間にセシウム濃度は1/5に減少。
Variation of radiocesium concentrations in cedar pollen in the Okutama area since the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
Tsuruoka et al., Radiation Protection Dosimetry 167: 1 (2015)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25956780

ササ、イチイ、コナラ、クローバー、スギナ、コメなどの調査。草本植物の汚染レベルは短期間で低下した。
Radioactive pollution and accumulation of radionuclides in wild plants in Fukushima
Mimura et al., J Plant Res 127: 5 (2016)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24317752

アカマツの若木に被曝による異常が見られた。これはモミに見られた異常と似ている。
Morphological abnormalities in Japanese red pine (Pinus densiflora) at the territories contaminated as a result of the accident at Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant.
Yoschenko et al., J Environ Radioact 165: 60 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27637076

==============================
参考ウェブサイトなど
http://www.geocities.jp/nekoone2000v/pages/FukusimaDaiichi.html
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/FSEB/
https://fukushimafishfacts.com/peer-reviewed-science/

Radiation Reloaded: Ecological Impacts of the Fukushima Daiichi Nuclear Accident / Greenpeace
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/GPJ-Fukushima-Radiation-Reloaded-Report.pdf

福島原発事故による放射能の生物への影響に関する論文や記事の紹介
http://sanriku.my.coocan.jp/150724report.pdf

東京工科大学の恥晒し記事と犯罪者・片桐利真

レイチェル・カーソン「沈黙の春」の暗黒面 片桐利真
http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2016/04/post-f45e.html

「レイチェル・カーソンの「沈黙の春」は罪深い書籍です。」などとほざいているが、マラリア研究の論文をいくら見てもそのような科学的事実は見えてこない。

http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-131.html

Tools and Strategies for Malaria Control and Elimination: What Do We Need to Achieve a Grand Convergence in Malaria?
Hemingway et al., PLoS Biol 14: e1002380 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4774904/

How to make a villain: Rachel Carson and the politics of anti-environmentalism.
Hecht, Endeavour 36:149 (2012)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23177324

 DDTは対マラリアの道具の1つに過ぎず、吸血鬼を打ち倒す銀の弾丸などではない。マラリアに対処するためには、理科的技術のほか、社会的条件もまた重要であるということを研究者たちは明らかにしてきた。機械が作動するメカニズムをきちんと理解していれば機械が正常に動作しないときに原因を探って直すこともできるが、片桐のマラリアとDDTに対する理解は、蛇口のことを水を出す魔法の道具と思うのと同じレベルだ。こいつが飢えと渇きに苦しむ人々に冷蔵庫と蛇口を供給すれば良いと言っても私は驚かない。

ダメレポートの見本

The professor warned his students not to submit essays copied from the Internet, as such ( ) would get them expelled from the university.
1 invective  2 introversion  3 plagiarism  4 stratification
英検1級 2016年度第1回 1次試験問題 より



 日本の教育が剽窃や盗用に対して緩いのは受験国語や受験英語の中途半端な理解によるものではないかと思ったり。アメリカンスクールなどで教育された子供はどんなに拙くても自分の言葉で説明するよう仕込まれるが、日本の受験国語や受験英語は基本的に抜き出したり、もとの能動態の文を受動態に書き換えたりするだけで、自分の言葉で説明するというところはあんまりやらない(なにしろ大勢の生徒の答案を公平に採点するのだからこういう形になるのは仕方ないとも思えるが)。受験のルールの中では文中から該当する文を書き抜くことが求められるが、小論文などでは自分の言葉で表現する必要があり、能動態で書かれた参考資料を受動態に書き換えただけではまだまだ剽窃の状態なのだよ。受験ルールで通用した手法は、受験の外では通用しないことがあるというのは、受験が終わったらいい加減気づいておこう。

以下、「DDTの科学 http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm」より。剽窃を明らかにするために、適宜記号と下線を追加した。
 

 (ア)しかし、最近の研究によれば、DDTは、少なくともヒトに対しては発ガン性がないということが分かっています。また、環境残存性に関しても、普通の土壌では、細菌によって2週間で分解され、海水中でも、1カ月で9割が分解されることが分かっています。さらに、内分泌攪乱作用については、現在では、人体に対してほぼ心配ないということが明らかになっています。実際、戦後に頭からDDTの粉末を大量に被っていた子供たちは、現在も元気に生きています。(イ)また、当時、オスのワニが生まれなくなった要因を、DDTに求める記述もありましたが、ワニの性別は卵の温度で決まるため、その指摘自体が誤りではないかと考えられています。(ウ)危険性を訴える研究に対して、こうした研究は話題性に欠けるため、メディアで大きく扱われることがほとんどないので、世間にはあまり知られていないのです。
http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm



下線部(ア)有機化学美術館からの剽窃。もとの佐藤健太郎の記事がデマであり、発がん性がないとは言い切れない(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-133.html)。内分泌攪乱作用についてもないとは言い切れない(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19849691)。人為的に拡散された化学物質の複合的・長期的影響については慎重な調査と検証を要し、軽々しく断言できるものではない。

下線部(イ)ウィキペディアからの盗用。カーソンは「沈黙の春」でワニについて論じていない(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-141.html)。性決定のメカニズムが遺伝的なものであれ温度依存的なものであれ、遺伝子発現が表現型を決める以上、化学物質が影響しないということはない。例えば人間の性は遺伝的に決定されるが、女性アスリートのドーピング例などが示すように、後天的にも化学物質の影響を受ける。同様に、ワニを含む爬虫類でも化学物質が性決定を攪乱することは実験的に示されてきた。ウィキペディアの記事を読んで何の疑問も持たないのは、科学的・論理的思考力の欠如を示している。

下線部(ウ)有機化学美術館からの剽窃。

 (エ)スリランカでは、1948年から1962年までDDTの定期散布を行い、それまで年間250万を数えたマラリア患者の数を、31人まで減少させることに成功しました。しかし、DDTが「環境を守る」という名目の下に禁止されてからわずか5年のうちに、もとの年間250万人まで逆戻りしています。(オ)DDTによって救われた人命の数は、5,000万人とも1億人ともいわれており、これはどんな化合物をも上回るものです。その利益とリスクを総合的に考えた際、これほど安価で高い効果を挙げていたDDTを、本当に全面的に使用禁止する必要があったのかと、疑問に思います。特に、経済的にも工業的にも弱体である発展途上国では、DDTに代わる殺虫剤を調達することは困難であり、パラチオンなどのDDTよりも毒性が強いことが判明している農薬が、使用されている実態もありました。
http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm


 
下線部(エ)有機化学美術館からの剽窃。スリランカで1962年にDDT使用停止に至ったのは、マラリア根絶計画の進展に従ったもの。再流行に臨んで1967年にはDDT噴霧は再開されたが、このとき蚊は耐性をつけていた。そもそもスリランカ政府はバタバタ人が死んでいるのに何もしないほどの無能だと思っているのか、環境保護論者が非常事態においても政府の政策に直接干渉できるほど強い権力を持っていると思っているのか。

下線部(オ)環境保護の名目で禁止されたという科学論文を挙げられるのか?ストックホルム条約でもマラリア対策としてのDDT使用は例外的に認められており、現在もインド中国で生産されているDDTが、いつ「全面的に使用禁止」されたのかと、疑問に思います。

 このため、2006年に入り、遂にWHO(世界保健機関)は、「発展途上国において、マラリア発生のリスクがDDT使用によるリスクを上回る場合、マラリア予防のためにDDTを限定的に使用することを認める」という声明を発表したのです。しかし、この発表には、いくつかの環境保護団体が猛抗議をしています。「DDTの散布によって多くの昆虫が死に、それを食べる鳥や動物の餌を失わせる。また、DDTの発ガン性や内分泌攪乱作用についても、完全に疑いが晴れた訳ではない」というのが、彼らの主張です。(カ)それに対して、WHOは、「少量のDDTを家の壁などに噴霧しておく」という使用法を奨励しています。このようにすれば、環境中にDDTが放出される心配はなく、効果的にマラリア蚊を殺して、マラリアの蔓延を抑えられます。また、たとえDDTに発ガン性があったとしても、この使用法では、人体に取り込まれる量は極めてわずかです。DDTが原因でガンになる人よりも、マラリアで死ぬ人の方が、何桁も多いと見込まれています。
 (キ)このようにDDTの使用を全面的に禁止した結果、多数のマラリア被害者と、DDTよりも危険な農薬による大きな被害が発展途上国で発生し、特に欧米などでは、近年カーソンへの批判の声が強まっています。しかし、それはやや結果論的な批評でもあります。それまでは、生態系などへの環境に対する影響自体が軽視されており、環境と人間との関わりから、環境問題の告発という大きな役割を果たし、人間が生きるための環境をも見据えた環境運動への先駆けとなった功績は、やはり評価されて然るべきでしょう。ただし、(ク)「DDTの利用禁止」を世間に訴えるに際して、そのことが発展途上国にどのような影響を与えるのかを、もっとよく考えておくべきだったとも思います。環境とは、自国や自分だけの健康が守られれば良いという訳ではないでしょう。DDTが排斥されてから、全部で1億人以上の人が「先進国の環境を守る」という名目の下にマラリアで死亡し、また現在も死に瀕しています。
 (ケ)なお、一般的には、レイチェル・カーソンの主張したことが「DDTの全面的な使用禁止」であるとされていますが、それは違います。カーソンが実際に主張したことは、「農薬などマラリア予防以外の目的でのDDTの利用を禁止することにより、マラリア蚊がDDTに対する耐性を持つのを遅らせるべきだ」という内容だったのです。カーソンも、マラリア蚊に対するDDTの利益に対しては、一定の評価を与えていたのです。実際に、DDT耐性を獲得したマラリア蚊が、DDT散布後、数年以内に多数報告されており、DDTの散布だけでは、直接の解決策にはなり得ないものになっています。
http://sekatsu-kagaku.sub.jp/ddt-science.htm


下線部(カ)殺虫剤の室内残留噴霧は2006年以前から行なわれていたマラリア対策である。適切に使用されれば環境中への放出をおさえられるかもしれないが、適切に運用されるとは限らないことが問題であり、マラリア防除プログラムの実施に必要な適切な知識と技術を持った人員の不足はマラリア流行の一因である(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-131.html)。

下線部(キ)日本では松永和紀、畝山智香子、中西隼子、佐藤健太郎のデマ四天王が広めている(参考:http://3500131221.blog120.fc2.com/blog-entry-133.html)。

下線部(ク)DDT禁止でマラリア流行という嘘をつくことが教師としての評価にどのように影響するのかをもっとよく考えておくべきだったとも思えます(嘲

下線部(ケ)ウィキペディアのパクリ。「沈黙の春」をきちんと読んだならこのようなことは書かない。だいたいDDT散布だけでマラリアが解決できないということを本当に理解しているのであれば、再流行の原因がDDT禁止に求められないことも察しがつきそうなもんだ。



問1 上の文章を読んだ上で、下の(   )に当てはまるものを選択肢の中から選べ。 10点
沈黙の春がマラリア流行の原因となったかのような嘘をついた上で「発展途上国にどのような影響を与えるのか」と言っていますが、もし本当にマラリアのことをよく調べたならば、このような文章は書けないはずです。つまりこれを書いた人物は、(   )。

A. マラリアで死んでいく患者はどうでもいいと考えていることがわかります
B. 知的に怠惰であり、大学生なら退学処分に相当します
C. 上の二つとも当てはまる

問2 中学高校の教師を自称する人間が堂々と剽窃・盗用を行なう日本の教育の惨状を改善する方策について400字以内で述べよ。 10点

 ぼくは、

我らをめぐるプラスチックの海

 プラスチック文明が引き起こすプラスチック汚染の環境と人間への影響について、調査と対策が必要です。

Silent spring in the ocean
Worm, Proc Natl Acad Sci USA 112: 11752 (2015)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26330606
 カーソンが「沈黙の春」を著した当時はDDTが有害とは全く思われていなかったのと同じように、無害と思われていたプラスチックがゴミとして思いもよらぬ影響をもたらしていることを訴える論文です。プラスチックゴミの海鳥への影響(消化管閉塞とゴミによる物理的拘束)のほか、微小プラスチック片特有の他の汚染物質との複合汚染も解説されています。問題解決のために、環境中へ放出されるプラスチックの量を減らすことの緊急性を指摘しています。

Marine plastic debris emits a keystone infochemical for olfactory foraging seabirds
Savoca et al., Sci Adv 2: e1600395 (2016)
http://advances.sciencemag.org/content/2/11/e1600395
 多くの海鳥がプラスチックを誤食する理由のひとつに、プラスチック上に生えた藻類により、オキアミと同じ臭いをプラゴミが発するようになるからという研究が発表されました。餌を探すのに臭いを手がかりとしている動物は海鳥だけでないので、こうした他の動物にも同じことが言えるのではないかと著者らは推論しています。

Bottles, bags, ropes and toothbrushes: the struggle to track ocean plastics
Cressey, Nature 536: 263 (2016)
http://www.nature.com/news/bottles-bags-ropes-and-toothbrushes-the-struggle-to-track-ocean-plastics-1.20432
 ネイチャーのニュース記事では、大きさが1ミリより小さいマイクロプラスチックの由来(多くは大型プラスチックの劣化などによる破砕)とともに、海に流れ込むプラスチックの見積もりと、実際の観察から見積もられたプラスチックの量には大きな隔たりがあり、行方不明となっているプラスチックが相当量あることが指摘されています。そして、微小プラスチックの問題について、証拠をこれ以上待つよりも、いま行動を起こさなければならないという研究者の合意があることを伝えています。

また、映画もあります。
A Plastic Ocean (2016)
http://www.plasticoceans.org/film/index.html
 サーファー兼ジャーナリスト兼映画製作者のリーソンが、海にあるプラスチックゴミの量に衝撃を受けて制作された映画。「もし我々が行いを改めなければ、2050年には魚よりもプラスチックの方が多くなっているかもしれません。」

プラスチック汚染の概説と対策はLiらが概説しています。
Plastic waste in the marine environment: A review of sources, occurrence and effects
Li et al., Sci Total Environ 566-567: 333 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27232963
01li et al
 海のプラスチックゴミの8割は陸上由来、2割は漁業活動など人間の海洋での活動によるものです。これらのゴミが直接的もしくは間接的に海鳥、海獣、ウミガメなどの生存を脅かすメカニズムを概説した上で、法規制による汚染の防止を筆頭に、プラスチック業界の責任や消費者の注意喚起という解決策を提示しています。

小さいサイズのプラスチック片が残留性有機汚染物質の運び屋になることはda Costaらが概説しています。
(Nano)plastics in the environment – Sources, fates and effects
da Costa et al., Sci Total Environ 566-567: 15 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27213666
02 da costa03 da costa04 da costa
 「ナノプラスチック」「マイクロプラスチック」に統一された定義があるわけではありませんが、これらの微小プラスチックは相対的に表面積が大きく、残留性有機汚染物質(POPs)と化学的親和性が高いこともあり、生物への影響が懸念されています。環境中のナノプラスチックの挙動はほとんど不明ですが、ナノサイズのプラスチックは細胞の中へ入ってくること(Salvati et al., 2011)、メダカでは脳血関門を通過すること(Kashiwada, 2006)は、ナノプラスチックに意外な毒性がある可能性を示唆するものです。また、生分解性をうたうプラスチックの中には、実のところ分解されない微小片が残るものがあり、これが微小プラスチックゴミとしてより多くの問題を引き起こすことを指摘しています。
 (論文中では触れられていませんが、プラスチックを多く生産消費する陸上でも、場所によっては(工場とか)大気中に飛散したナノプラスチックが高濃度になっており、健康に影響している可能性があるのではないかと思いました。)

Environmentally relevant concentrations of microplastic particles influence larval fish ecology
Lönnstedt & Eklöv, Science 352: 1213 (2016)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27257256
 サイエンスに掲載された論文では、マイクロプラスチックはヨーロピアンパーチの稚魚の生存率を下げることが示されました。

 海に流れ出したプラスチックゴミは海洋生物の生存を脅かし、それが人間にも影響してくるであろうことが容易く予想されます。冒頭でWormが指摘していたとおり、カーソンが提示した問題は存在しつづけ、より重大になってきています。

 対策としては、プラスチックを自然環境中にこれ以上放出しないための制度作りが肝要です。

A Canadian policy framework to mitigate plastic marine pollution
Pettipas et al., Marine Policy 68: 117 (2016)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308597X16300665
 プラスチック汚染を軽減するための大まかな施策として以下の4つが挙げられています。1)法整備とゴミ管理、2)教育啓発と知識の普及、3)汚染源の同定、4)モニタリングと調査。
次のページ

FC2Ad